虫倉山 その1 2010.11.7
 11月7日(日)、夏に続き、虫倉山に登りました。長野市の「西山」と呼ばれる山域にあり、旧中条村・旧鬼無里村・小川村に跨がる標高1378.1mの霊峰です。
 今回は旧友とともに再び錦秋の「さるすべりコース」を登りました。帰路は前回同様「不動滝コース」を下り、出発点の太田の水車小屋へと戻りました。「さるすべりコース」は、鎖場が連続し、4〜5mや2mほどの段差もあり急峻なやせ尾根なので、それなりの準備と心構えが必要です。


 当日、このコースを登ったのは、我々となんと小学生もいる家族だけだったようですが、晴天の山頂は大勢の人で溢れていました。さすがに首都圏からもハイカーが訪れるという人気の山です。
 山頂からは、北アルプスのスカイラインを初め、美ヶ原から八ヶ岳、浅間山から四阿山までの大展望が堪能できました。帰りは小川村の星と緑のロマン館」にある鉱泉に入り、北アルプスに沈む夕日を愛でてから高山寺の三重塔で鐘を突き、慰労会の居酒屋へと向かいました。

■星印のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
太田の水車小屋(750m)--401--農道--虫倉神社(960m)--奥社--虫倉山(1378.1m)--四阿--日本記分岐--天神城コース分岐--金倉坂--不動滝登山口--不動滝(985m)--太田の水車小屋

■時間:約5時間20分・休憩を含む 気温:6度〜16度 標高差:約630m

季節によっては、熊・猪・スズメバチ・マムシ対策も。
今回のコースは、里山としてはかなりハードです。

←茶臼山展望台から見た虫倉山。写真をクリックで拡大。

 【信州の里山】虫倉山さるすべりコース Mt.Mushikura at Nakajo in Nagano
今回のトレッキングをスライドショーにまとめたものです。BGMは、オスカー・ピーターソンのC Jam blues。左のサムネイルをクリックすると、Youtubeのページが別ウィンドウで開きます。ハイビジョンムービーのリンクはこちらです


●9:17 太田の水車小屋前に駐車。

●まず水車小屋を見学。山姥伝説の説明看板があります。「さるすべりコース」は右へ。

●地元の方が「車屋」と呼ぶ苔むした水車小屋。
 
●内部を拝見させていただきました。

●9:24 出発。外小手屋の集落へと登っていきます。
 
●K氏がアケビの実を採取。ちょっと時期が遅かったようで。

●山のアスパラ、シオデの実。
 
●畑仕事をしていたおじさいさんに熊情報を聞きました。柿の実を食べに出没しているそうです

●丸山の南面はほとんど崖状。
 
●栃の木。「栃植える馬鹿、栃切る馬鹿」といって山村では飢饉のときの備えにしていました。栃は成長が遅いのです。

●登って振り返る太田・清水の集落。善光寺地震では明暗が分かれたところです。

●虫倉神社入り口。

●ハウチワカエデの紅葉。今年は遅れているようです。
 
●10:02 虫倉神社(総社)。子育ての神様。

●ここまで約40分。
 
●境内から北アルプス。

●けっこう登りました。眼下に小さく集落。★善光寺大地震
 
●10:07 出発。ここから山道です。★虫倉神社・虫切鎌の由来

●木漏れ日の山道。
 
●落ち葉の深い尾根道。

●やせ尾根を急登すると。

●10:24 夫婦岩に抱かれるように虫倉神社奥の院。

●奥の院の右手は崖。左手も崖。さてどこから登ると思う?とみなに質問。
 
●え!ここ登るの・・。 そうなんです。ここしかないんです。

●まずアルプス縦走の経験もあるNS氏がお手本を。滑りやすい枯れ葉をどかしてくれました。
 
●続いて高所恐怖症のNY氏。なんとかクリア。写真では分かりませんが、左下もずっと急斜面です。

●S氏に続いてK氏もなんなくクリア。
 
●最後に私が登って、まず最初の関門を無事通過。

●青空に真直ぐのびるホウノキ。
 
●しばらくやせ尾根を進むと。

●いよいよお待ちかねの急登が始まります。ここからは鎖場が断続的に続きます。約40〜50分で山頂。

●枯れ葉が滑ります。

●真夏と違って湿度も低く見通しもいいので快適。
 
●鎖はけっこう新しい。木や岩、柴草などホールドはあります。

●鎖は補助程度に、一本の鎖にはかならずひとりだけ。
 
●登る程に両側は深く切れ落ちていきます。

●ちょいとやっかいな岩塊登り。
 
●二本の木の間をよじ登ります。

●そこから見る北アルプス。
 
●按部で小休止。

●最後の急登にかかります。深い谷底を覗くK氏。「落ちたら終わりだな・・」

●イワカガミ(岩鏡)。ピンクのラッパ形の花を咲かせます。

●イワウメ科イワカガミ属の多年草。イワウチワとの違いは、葉の付け根が内側に切れ込んでハート形であること。
 
●この辺りでK氏がムキタケを採取。

●この岩塊を巻けば山頂はすぐ。
 
●右下は落ちているので慎重に。

●そこからの眺め。遠く浅間山が見えます。
 
●11:20 虫倉山山頂。

●さすが人気の山です。さあ昼飯だ!
 
●その前に大パノラマを堪能。山頂の大きな望遠鏡は、ピンと合わせが大変ですが、北アに登っている人まで見えるかもです。
▼虫倉山 その2へ NEXT PAGE
お 問 い 合 わ せ   ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Nagano & Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2