米子大瀑布から四阿山カルデラ周回コース その1 2010.8.24
 8月24日(火)、7年前に菅平牧場を起点に四阿山から根子岳へ縦走しましたが、その時に四阿山頂上で見た大きなカルデラが非常に印象的で、いつか歩いてみたいと思っていました。距離も20キロ以上と長く、なかなか挑戦できませんでしたが、やっと念願が叶いました。しかし、異常気象の猛暑は山も例外ではなく、その標高では考えられない蒸し暑さには参りました。


 米子大瀑布からカルデラのルートは、一般的なコースではないため不明瞭な箇所や道が崩壊しているところもありましたが、四阿山や根子岳の表ルートとは異なり静かな山行が楽しめます。地球の営みや自然の息吹を感じられる魅力的なコースでした。
■星印のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
米子大瀑布P--米子鉱山跡--根子岳・浦倉山分岐--ザレ岩--小根子岳--十ガ原(大すき間)--四阿山--浦倉山--根子岳・浦倉山分岐--米子不動奥宮--不動滝--米子大瀑布P
■全行程:約22.5km 約10時間・休憩を含む 気温:20度-25度 標高差:約1070m
■一部ルート不明瞭な箇所や、危険な岩場や急斜面があります。地形図必携。カルデラの中はツキノワグマの大生息地。

 【信州の山】四阿山カルデラ一周 Mt.Azumaya at Yonako in Nagano
今回のトレッキングをスライドショーにまとめたものです。BGMは、オスカー・ピーターソンのLOVE FOR SALEとTHE GIRL FROM IPANEMA。左のサムネイルをクリックするとYoutubeのページが開きます。ハイビジョンバージョンはこちらをクリック。こちらにはないフォトも。


●ここへ来る直前に車の前にニホンカモシカが飛び出してきて驚かされました。まだだれもいない駐車場で朝食をとって準備。
 
●6:50 出発。長い一日の始まりです。米子大瀑布見物のためにストックや杖があります。

●すぐにウラノ沢にかかる熊野権現橋を渡ります。
 
●橋の先の分岐を左へ。米子鉱山跡地へ。

●ソバナ。
 
●アキノキリンソウやキオンが咲く道を登っていきます。

●キオン。
 
●樹間から米子大瀑布が。奥の根子岳は雲の中。

●7:16 四阿。米子大瀑布と鉱山跡地が一望。
 
●朝日を浴びる米子大瀑布。あの上に登ります。

●権現滝(75m、黒龍の瀧)。

●不動滝(85m、白龍の瀧)。

●日本のギアナ高地と呼ばれる絶景。★米子大瀑布大パノラマ

●遥かに四阿山、根子岳。

●社宅と記念館跡地。向こうの石段を登ると仁礼分教場・鉱山事務所跡地。

●四阿火山外輪山の北端。★不動滝パノラマ
 
●7:22 製錬所や社宅、保育園や大浴場があった広場。

●登山道案内図。15キロと思ったら、足すと18.1キロ。駐車場からの往復を足すと20キロを超えるではないですか。
 
●米子硫黄鉱山跡の説明看板。

●この谷を登っていきます。
 
●その前に跡地を見学。一見秘境に不似合いな原っぱ。

●7:33 鉱山跡地の南東角にある登山口へ。
 
●危うく踏んでしまうところでした。キンモンガ。

●危険なガレ場。上部は泉坑山。

●ひとつ目の橋。大黒沢を渡って左岸へ。この沢の水は酸性が強く飲用には敵しません。

●アキノキリンソウの咲く左岸をつめます。
 
●二つ目の橋。大黒沢の右岸へ。ひとりずつ渡れとの指示あり。

●大黒沢。
 
●7:41 右、根子岳。左、浦倉山分岐。往路は右へ。

●7:43 すぐに三つ目の橋。左岸へ。やはりひとりずつ。
 
●大黒沢の滝。

●橋のたもとに綺麗な甲虫。ヒメコガネ。
 
●渓流沿いの岩盤の上を進んで沢を離れます。

●7:48 仮設のパイプ橋を渡ります。
 
●菅平・猫岳・四阿の標識。

●朝から非常に蒸し暑く私はへばり気味。

●白花のホツツジの群落。

●7:51 ワイヤーの張られた急な木道を登ります。右下は崖地。高度感のあるちょっと厳しい道です。
 
●緑の天蓋の急登。

●ヤマハハコ。
 
●1602m上の尾根にのったところか…。地形図ではこの尾根を登ってくる道があったようですが、今は廃道です。

●シラタマノキ。
 
●大黒沢向いの鉱山跡地が見えます。

●桃色が愛らしいホツツジ。なぜか白花ホツツジは日影に、この桃色ホツツジは日向に多く見られます。
 
●ヤグルマソウの群落。道は尾根を巻いていきます。

●右下に沢が見えてきました。この先にわき水がありました。ちょっとなめてみましたが、硫化物により強酸性で飲めませんでした。
 
●8:11 権現滝上の沢にかかるパイプ橋。

●やはりおひとり様用。
 
●沢の上流。

●8:15 想定外のイタドリのジャングルに突入。
 
●兄はイタドリのジャングルと格闘中。去年(鏡台山)と同じじゃん。笑う弟。道が見えない!撤退か!「痛っ!」なんだどうした!?
米子大瀑布から四阿山カルデラ周回コース その2へ NEXT PAGE
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Nagano & Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2