虫倉山 その1 2010.8.13
 8月13日(金)、虫倉山は、長野市の「西山」と呼ばれる山域にあり、旧中条村・旧鬼無里村・小川村に跨がる標高1378.1mの霊峰です。妻女山展望台からは、茶臼山の右奥に見えます。また、茶臼山の北アルプス展望台からは、白馬三山とともにその大きな山塊が望めます
 山頂へは、ほとんど廃道になっているものも含め七本ほど登山ルートがあるようですが、そのうちの最も厳しいといわれる「さるすべりコース」を登りました。


 帰路は最も一般的な「不動滝コース」を下り出発点の太田の水車小屋へと戻りました。「さるすべりコース」は、鎖場が連続し、4〜5mや2mほどの段差もあり急峻なやせ尾根なので、中級者以上のレベルが必要かと思います。
 当日は、雨後のため湿度が高くサウナの中を登っているような感じで、岩もぬれていて滑りやすく難儀しましたが、その分の達成感はありました。歴史ある麓の山村風景も懐かしさを覚えます。

■星印のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
太田の水車小屋(750m)--401--農道--虫倉神社(960m)--奥社--虫倉山(1378.1m)--四阿--日本記分岐--天神城コース分岐--金倉坂--不動滝登山口--不動滝(985m)--太田の水車小屋
■時間:約5時間45分・休憩を含む 気温:21度〜24度 標高差:約630m
季節によっては、熊・猪・スズメバチ・マムシ対策も。
今回のコースは、里山としてはかなりハードです。

←茶臼山展望台から見た虫倉山。写真をクリックで拡大。
Yotubeに このトレッキングのスライドショーをアップしました。左のサムネールをクリックしてください。JAZZのBGMつきのムービーが始まります。デフォルトは360pですが、ハイビジョンでもご覧いただけます。


●8:50 太田の水車小屋前に駐車。まず水車周りを見学。山姥伝説の説明があります。「さるすべりコース」は右へ。

●ガスにまかれた「さるすべりコース」。

●苔むした水車小屋。地元の方は「車屋」というそうです。マウスオンで山姥の説明。
 
●ゆっくりと時を刻むように回る水車。

●水車横の看板。山塊の概要を頭に入れます。
 
●山姥の大本は、平安時代のお姫さま?★虫倉神社・虫切鎌の由来

●8:58 出発。すぐに左手の道へ入ります。
 
●夏の終わり、秋の始まりの花、キツリフネ

●クモ。未同定。
 
●T字路を右へ。実はすぐに気がつきましたが、間違って左(不動滝コース方面)へ行ってしまいました。

●登って振り返る太田の集落。外小手屋の小さな集落の道を登っていきます。

●栃の木。たわわに実がなっています。

●「栃植える馬鹿、栃切る馬鹿」といって山村では飢饉のときの備えにしていました。栃餅は作るのが難しい。
 
●9:14 外小手屋の集落の外れまで登ると、やっと「さるすべりコース」の標識が現れます。

●朝露を溜めたボタンヅル。毒草。
 
●ヘクソカズラ。臭いけれど薬草。

●けっこう登りましたが、神社はまだまだ上。★善光寺大地震
 
●オトコエシ(男郎花)。

●白い花を白米(男飯)に見立ててオトコメシが転訛したという説があります。
 
●キアゲハの幼虫。こちらに気付いて威嚇しているのか、オレンジ色の肉角を出しています。

●ウバユリ(姥百合)のつぼみ。若芽は山菜。

●9:24 虫倉神社入り口。

●コバギボウシ(小葉擬宝珠)。これも山菜。
 
●コバギボウシ。

●湿度100%?の道をジグザグに登ります。
 
●フシグロセンノウ(節黒仙翁)。

●70段近くある急な石段を登ると。
 
●9:38 虫倉神社。

●境内から見下ろす集落。
 
●9:42 神社の右手から登ります。

●ここから不動滝コースへ行く山道もあるようです。

●直径30センチ程の菌類。未同定。

●栃木県人垂涎のチチタケ。信州人はあまり食べません。
 
●息子がE-330の35マクロで撮影した幻想的な森。

●奥の院への杉林の急登へ。
 
●10:07 奥の院。小休止。

●10:10 奥の院左奥にある鎖場へ。
 
●前夜の雨で滑ること。

●登った先は向こう側も急斜面。右へ。
 
●登るとオクモミジハグマの咲く森。

●気温は21、2度ですが、とにかく湿度が高いので足取りが重いのです。

●オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)。

●ミヤマママコナ(深山飯子菜)ゴマノハグサ科ママコナ属。。
 
●一旦コルに下って。

●10:37 急登の始まり。ソバナ。
 
●ヤグルマソウ(矢車草)。

●土は湿って、やや泥濘状態の箇所も。マウスオン
 
●岩を乗り越えて。

●鎖場。岩が濡れていて滑りやすい。
 
●木の根もつかんで三点確保で。急傾斜のため高度感があります。
▼虫倉山 その2へ NEXT PAGE
お 問 い 合 わ せ   ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Nagano & Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2