オカトラノオ 2010.7.19
●オカトラノオ(丘虎の尾:Lysimachia clethroides)サクラソウ科オカトラノオ属。この花が咲きだすと梅雨は最盛期を迎え、夏も遠からじと思わせます。オカトラノオは、みな同じ方向を向いて咲きます。大きな群生地では、花穂(かすい)の波うつ様子がまるで丘の青海波(せいがいは)のように見えるほどです。虎の尾というように獣のしっぽに見えない事もありませんが、そんな勇猛な花名より、清純な恋という花言葉が似合う清楚で可憐な野草です。梅雨の里山でこの純白の花穂が一斉に揺れる様は、一時蒸し暑さを忘れさせてくれます。
 このオカトラノオ、従来の分類体系(新エングラー体系)ではサクラソウ科なのですが、APG植物分類体系ではヤブコウジ科です。どうにもあの赤い実を付ける低木のヤブコウジと同じ仲間とは思えず、人間は猿の仲間ではなくイボイノシシの仲間ですといわれたような気分で、なんとなく釈然としないのですが、DNAレベルでみるとそうなんですね

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO(C) in Nagano & Tokyo Japan since 08.04.2003
 
Ads by TOK2