ミツバツチグリ 2010.6.10
●ミツバツチグリ(三葉土栗: Potentilla freyniana)バラ科キジムシロ属。春のバラ科の黄色い花は見分けが難しいものです。以下のことを覚えているつもりですが、いざとなると忘れてしまったりして混乱することもままあります。ミツバツチグリは、葉が三枚で長だ円形。平地から菅平のような高原まで見られます。ヘビイチゴは、葉が三枚ですが、雄しべがやや大きめで花びらの間に隙間があり花びらの下に襟巻きのような大きめの葉があります。赤い実には艶がありません。ヤブヘビイチゴは、葉がヘビイチゴより大きく緑が濃いめで実は大きく艶があります。実はどちらも無毒ですが不味い。オヘビイチゴは、上部は3枚葉で、下部が5枚葉。里山でもっとも一般的なキジムシロは、葉が5〜9枚。ツルキンバイは平地にはなく山の花。葉のギザギザが荒く葉が小さめで花びらの付け根がオレンジまたは濃い黄色です。

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2