鞍骨山-御姫山 その2 20010.5.5

●緑が美しいコクサギの木。

●木漏れ日の尾根道を進むと…。

●10:25 深い掘切(駒止)。ここから鞍骨城跡内です。
 
●越えると鞍骨山が見えます。

●雄々しい鞍骨山のシルエット。
 
●右手の鉄塔巡視路へ行ってみました。

●センボンヤリの小さな花。秋にも花を咲かせるのですが…。
 
●鞍骨城方面からハイカーがひとり下ってきました。

●山吹の群落。暑くなってきました。
 
●アカフケタチツボスミレ。

●茎に細毛が見えます。

●10:43 高圧線の鉄塔をくぐると鞍骨城跡はまもなく。暑くなりました。写真撮影に手間取ったので時間がかかりました。

●すぐ先に二条の掘切。 以前は掘切手前にエビガライチゴが繁茂して夏は通れませんでした。
 
●ひとつ目の掘切。

●掘切から倉科方面。
 
●アカフケタチツボスミレ。

●アカフケタチツボスミレ。
 
●二つ目の掘切からは清野側へ巡視路が下りています。

●掘切を登るといよいよ鞍骨城跡。この登り口に以前はトゲの痛いヤマガシュウが繁茂していましたが、取り除かれたようです。
 
●二輪草ではありません。猛毒のヤマトリカブト。

●開く前の葉の巻き方が独特です。

●ヤマトリカブトの群生地。

●ミヤマエンレイソウ。
 
●別名はシロバナエンレイソウ。

●つぼみ。
 
●城跡はそこなのですが樹木で見えません。

●右下に細長い削平地。反対側にもあります。
 
●10:56 鞍骨城跡の下部に着きました。左側から登ります。

●まずひとつめの腰郭(曲輪)へ。
 
●石垣が樹木の根で壊れています。

●かなり広い郭です。正面から。

●右方向(西南)。

●左方向(北東)。
 
●左側からもうひとつ上の郭へ登ります。

●まだ本郭の石垣は見えません。
 
●上の郭へ登りました。

●下の郭より少し狭い感じです。
 
●上の石垣が見えてきました。

●北西から南を見たところ。
 
●南面へ帯郭が続きます。

●本郭の石積。

●南面の虎口下には窪み。

●11:06 南面の大手から本郭へ。城跡下から撮影しながらゆっくり登って10分です。
 
●本郭は、東西27m、南北17mで、北西に大きく四段の郭を持ちます。東方向に土塁が見えます。

●北西方向に腰郭。目を上げると天城山。
 
●北面には川中島。景色を眺めながら昼食。気温は25度以上ありますが、風があるので心地よいランチタイム。

●眼下に海津城(松代城跡)。
 
●左に目指す御姫山。★倉科の県山から見た鞍骨城跡

●11:34 御姫山方面へ。
 
●ヤセ尾根の展望地から妻女山。
▼鞍骨山-御姫山 その3へ NEXT PAGE
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2