森将軍塚古墳 2010.01.31
●前方後円墳100m。後円部径:43〜50m、高:11m、後円部頂部径:15〜29m。前方部幅:30m、長:41m、高:4m。くびれ部幅:15m。方位:N120E。後円部頂に竪穴式石室(長:7.6m、幅:2m、高:2.3m、推定割竹形木棺・組合式木棺)。前方部に竪穴式石室2基。墳裾に小型埋葬施設多数(組合式箱形石棺64・埴輪棺12・土壙墓2)。葺石の材質:大穴山産石英斑岩。総数:約8万個。前方後円部頂部敷石:千曲川川原石。石室:板石積み・ベンガラ朱彩。
出土品:埴輪(壷形・朝顔形・円筒形・合子形・家形)・鏡片(長野県唯一の三角縁神獣:鏡径22.6cm)・土師器・玉類(翡翠製勾玉1・碧玉管玉5)・鉄剣3・鉄刀2・鉄槍2・鉄鏃・鎌1
【国指定史跡】築造:推定4世紀中〜末。標高490mの大穴山山頂、位置:東経138度8分25秒、北緯36度31分42秒。自然地形を利用したため楕円形に近い後円部と前方部がやや屈曲したアシンメトリーな形状。後円部2段築成。後円部三方裾下に貼石帯あり。
発掘保存の経緯:1965年発掘調査。1981年から全体発掘調査。1992年復原完成。墳丘・葺石・埴輪列を復原。平成19 年2 月6 日埴科古墳群として国指定史跡。
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Nagano & Tokyo Japan since 08.04.2003  ●お 問 い 合 わ せ

Ads by TOK2