「見返りの塔」国宝大法寺三重塔
 長野県上田市の塩田平から別所温泉にかけて、同じく国宝の安楽寺八角三重塔や前山寺の未完成の重文三重塔ななど鎌倉時代の古い古刹が数多く残っています。この扇状地に二つもの国宝の塔があるのは驚きというほかありません。
 この地は、741(天平13)年、聖武天皇が諸国に国分寺を建立し仏教を広めた一環で、上田には信濃国分寺を建立しました。それ以前の古墳時代には、さらに北の埴科の地(森・雨宮・土口)に古代科野国がありましたが、古墳時代が終わると経済・文化の中心は上田・塩田平地域に移ったようです。それが自然災害によるものなのか、疫病や政変などによるものなのか、詳しくはまだ分かっていないようです。
 


 塩田平は平安時代までに新田開発が進み、鎌倉時代には米と麦の二毛作が行われ、相当に豊かでした。そして、北条氏の庇護を得てたくさんの寺院や塔が建立されました。今回訪れた「国宝大法寺三重塔」は、そんな鎌倉時代の栄華を残す名塔です。そのあまりの美しさに、誰もが思わず振り返ることから「見返りの塔」と呼ばれています。
 塔は、大正9年の解体修理の際に発見された墨書により、鎌倉幕府滅亡の年である1333年(正慶二年)に建立されたことが分かっています。塔のある大法寺は、大宝年間(701〜704)藤原鎌足の子上恵が開基し大宝寺と称したといわれ、平安初期の大同年間(801〜810)に坂上田村麻呂の祈願で僧義真(初代天台座主)により再興されたと伝わっています。
■星印
のある写真をクリックすると拡大します。

青木村の入口の山裾に建つ「一乗山観音院大法寺」。

●境内の左手の道を登ります。榧の巨樹。

●境内の片隅にある榧の巨樹
 
●何本も株別れした榧の木。青木村指定文化財。

●実は食べられます。
 
●五百羅漢の石像、養老の美酒。

●母子像。
 
●囁き。

●母子像。地衣類の花模様。
 
●観音堂へ。

●厨子と須弥壇(重要文化財)、本尊十一面観音立像(重要文化財)、普賢菩薩(重要文化財)などがあります。

●観音堂から見あげる見返りの塔。

●観音堂から塔へ。
 
●檜皮葺の屋根が美しい。★大法寺データ

●初層が大きく安定感があります。
 
●垂木のリズム感。

●額。「照庄」と書いてあるのでしょうか。後日住職に訊ねたところ「照庭」(庭を照らす)と書いてあるのだそうです。これは新しいものだとか。
 
●初層には裳階【もこし】(ひさしようなもの。あると四重の塔のように見える)がなく二手先という構造。

●見る角度により屋根の反りが変わって見えます。
 
●檜皮葺はかなり厚さがあります。

●塔の右手から裏手へ。上の山道に登ります。

●三重塔から観音堂。三重塔と比べるとよく分かるのですが、屋根の隅棟に反りがないと屋根全体が重く無骨な印象になります。

●背後の山道へ登って。
 
●二層と三層は、三手先。二手、三手とは前に出る凹状の肘木の数をいい、一手は出組といいます。構造を見たいと凝視すると頭がこんがらかりそうな複雑な木組みです。

●シルエットになると塔の形の美しさが映えます。
 
●檜皮葺の美しい屋根。檜皮葺の屋根は、約三十年に一度葺き替えられてきました。そろそろ葺き替えの時期にきているそうです。

●相輪。
 
●雪を被った屋根。

●背後の山手に登る塔の全景が見えます。北側になるので陽が差すとシルエットになり、塔の形の美しさが最も堪能できるビューポイントだといえるでしょう。そこから塩田の里を塔越しに見ると、遠い鎌倉時代の栄華が蘇ってくるような気がします。
 
●最もお気に入りのカット。

●下から木組を見上げて。

●初層の木組。二手先。軒下には白い胡粉の顔料が残っています。また、肘木には 丹(に)塗・弁柄(べんがら)塗の赤い顔料が残っています。いずれも創建当時のものだそうです。白は地塗りの色。つまり創建当時は、朱色の壮麗豪華な三重塔だったわけです。そのあまりの美しさにみなが振り返ったのでしょう。

●二層の木組。三手先。
 
●初層。

●境内の杉の古木。初層の扉の上にはかえる股と呼ばれる装飾があります。
 
●再び後背へ。

●もうひとつ上の山へ、バラにひっかかりながら登って見ました。
 
●冬木立と三重塔。

●山が借景となって塔の美しさが引き立ちます。白壁がなく木造のため、複雑な木組にもかかわらず全体に統一感があり、なんとも絶妙な枯れた風合いを醸し出しています。

●塔はお釈迦様の墓(ストゥーパ→卒塔婆→塔婆→塔)です。よって釈迦の骨(仏舎利)が埋葬されています。普通は五重くらいの容器に入れて、舎利のほかに宝石や鏡、曲玉などが芯柱の真下に埋葬されています。
 
●雪がシャープなラインを際立たせています。

●日本刀にも通じる日本建築ならではの反りの美学。

●裏山には梅林があり、山道は飯縄山方面へ。

●眼下には塩田平。鎌倉時代にこの地で隆盛を誇った塩田北条氏は、鎌倉幕府の滅亡に際し、鎌倉に挙兵し、新田義貞の軍勢に攻略され滅亡しました。そして、時代は南北朝から室町時代、戦国時代へと慌ただしく変貌していきました。この塔がその頃どういう状態であったのかは知る術もありませんが、上田原の合戦などもあった戦国の世を兵火に焼け落ちることもなく残ったというのは奇跡としかいいようがありません。
 


●相輪。★各部の名称


●観音堂全景。ここにこのような壮麗な塔が建ったのは、この麓を東山道が通り、浦野駅(うらのうまや)があったからです。大法寺はその駅寺(うまやでら)だったというわけです。塩田北条氏の庇護のもと、里人にも深く信仰された寺院だったのでしょう。
 
●木立に隠れる三重塔。今は遠くから見返ることはできません。

●榧の巨樹。
 
●塩田平から見る烏帽子岳と浅間山。

●烏帽子岳遠望。
  ■参考資料
『日本建築史基礎資料集成 塔婆』
 太田博太郎著 中央公論美術出版刊
岩波ジュニア新書43『奈良の寺々』
 太田博太郎著 岩波書店刊
梅の香にほふ「見返りの塔」

●梅林越しに見返りの塔。

●枝垂れ桜もまもなく。

●梅。
 
●和様の美しい佇まいを今に伝える三重塔。

●肘木に残る丹(に)塗・弁柄(べんがら)塗の赤い顔料。
 
●軒下には白い胡粉の顔料。

●複雑な組み物と優美な曲線を描く檜皮葺の屋根。
 
●唐草紋に四葉をあしらった美しい水煙。
▼烏帽子岳・水ノ登山・黒斑山のルポは、MORI MORI KIDSをご覧下さい。
お 問 い 合 わ せ   ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003

Ads by TOK2