鏡台山 その1 2009.9.24
 9月24日(木)、鏡台山へ楽チン登山。大峯山裏手の林道芝平樽滝線にある倉科コース登山口に車を置いて、林道を百瀬口まで歩き、船ケ入のサワグルミ経由で登りました。
 林道脇や山道は、シロヨメナやシシウドなど秋の花が満開で目を楽しませてくれました。


 帰路では、排泄したばかりの大きな熊の糞を見ました。無言の威嚇でしょうか。アサギマダラの吸蜜もじっくりと観察できました。雨が降っていないのでキノコはありませんでしたが、北信濃の山は確実に秋めいていました。
■星印のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース(百瀬・倉科コース)
林道芝平樽滝線倉科コース登山口P(887m)--林道芝平樽滝線--百瀬口(850m)--県営林事業専用道路--作業道(百瀬)--旧山道--林道--作業道(サワグルミの道)--倉科コース--鏡台山北峯(1267m)--鏡台山(1269.0m)--鏡台山北峯--倉科コース--林道芝平樽滝線倉科コース登山口P
■全行程:約4時間50分・休憩を含む 気温:17度〜23度 標高差:約420m
■登山地図にないコース。★二万五千分の一地形図のみでは不十分なルートです。林道や山道の分岐も多く経験者向き。
★季節によっては、熊・猪・スズメバチ・マムシ対策も。狩猟期は、沢にハンターが入ります。


●9:57 林道芝平樽滝線倉科コース登山口P(887m)を出発。ここから登るのではなく林道を左へ歩きます。

●少し秋色を帯びてきた林道の景色。晩秋は枯葉で滑り、冬はアイスバーンで車は大変危険です。どちらもスタッドレスは無意味。

●戸神山脈の尾根。これから登る百瀬の森が見えます。
 
●シロヨメナ。

●それにしても野菊の見分け方は難しい。
 
●見事なトウキの群落。

●一本の茎に小花が1000ぐらいはついていそうです。
 
●朝露

●若芽は山菜ですが、非常に苦味があります。熊の食糧。
 
●純白で草高もあり、山中ではかなり目立つ花です。

●日当たりのいい林道脇にノコンギク。

●つぼみは濃い赤紫。

●舌状花が反り返っています。
 
●結実し始めたクサギ(臭木)。

●10:28 この夏、息子達と下った三滝へ下りる尾根への分岐。
 
●妖艶なツリフネソウ。

●10:34 夏は8度の冷たい水がとうとうと流れていた「縄文の名水」ですが、ほとんど水が流れていません。
 
●果実酒が美味しいガマズミ。

●獣道か作業道か。尾根の上の方までずっと続いています。
 
●道上にはたくさんのドングリやヤマグリの実が落ちています。

●高さ2メートル近いウバユリ(姥百合)。

●ウバユリの実。

●中には薄い種がぎっしり。★全草も
 
●カーブを曲がると…。

●10:43 百瀬口。ここから右の県営林事業専用道路へ。一般車通行止め。その前にこのすぐ先の三滝沢を見に行きました。
 
●この夏、息子達と藪こぎして登った三滝沢。秋めいたとはいえ、まだ酷い藪です。

●戻って木漏れ日の林道を登ります。
 
●5、6分で登山道入口。

●百瀬の県有林に沿って作業道を登ります。
 
●チゴユリ。

●11:07 林道の三叉路に出ます。突っ切って正面の階段を登り山道へ。

●急登をこなします。

●10分弱で上の林道へ。普通は右へ(写真は左)林道を行きますが、今回は尾根を行きます。
 
●三滝山から続く戸神山脈に乗りました。道はありませんが、尾根の高みを進みます。ニホンカモシカの食痕があるリョウブの木。

●適当なところで再び林道に出ます。
 
●三滝山へと続く広い林道。

●笹藪で偶然見つけた時候坊。たった一本だけ。
 
●11:26 サワグルミへの分岐。右へ。

●笹の小径を進みます。
 
●ひっそりと可憐にアサマヒゴダイ。

●サラシナショウマ。更級升麻ではなく晒菜升麻。

●サラシナショウマ。

●カメバヒキオコシ。咬めば引き起こしではなく亀葉引起。
 
●空海の逸話に由来するカメバヒキオコシ。

●11:49 三滝の源流部、船ケ入のサワグルミ。
 
●触ると痛いミヤマイラクサ。

●寄ると葉の裏に隠れたオオナミザトウムシ。
 
●藪の道を薄暗い植林地へと登っていきます。

●三滝山を巻いてくる作業道が合流。ひどい笹藪です。
 
●11:56 倉科コースに合流。左へ登ります。
▼鏡台山 その2へ NEXT PAGE
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2