戸神山脈 2009.5.3
●奇妙山高見岩からの眺め。戸神山脈は、埴科郡誌の命名です。鏡台山から妻女山、あるいは薬師山までの長い山脈をいいます。第四次川中島合戦で上杉謙信が最初に本陣としたと伝わる斎場山や、信玄が海津城に入った後に陣城を建てたと伝わる陣場平からは、海津城が眼下に丸見えだということが分かります。また、戸神山脈は、武田別働隊が越えたという伝説からつけられた名称です。
 写真左の最も高く見える所は、鏡台山の北峯。鏡台山は左の少し低く見える山。向こう側にあるので低く見えます。左へ続く鏡台山脈は、西高遠山、(東)高遠山から新地蔵峠へ。戸神山脈の山座同定は、こちらをご覧ください。鏡台山手前のノロシ山は、武田信玄の狼煙台で有名ですが、実際は本郭、腰郭、掘切などがある山城の構えです。快晴で空気が澄んでいると北アルプスがもっとクリアに見えます。

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2