鞍骨山 その1 2009.4.12
 4月12日(日)、昼近くに、妻女山から天城山経由で鞍骨城跡のある鞍骨山に至るルートを歩いてみました。といっても勝手知ったる地元の山なので、通常の林道や登山道ではなく、獣道や作業道、旧道、はては藪こぎして行きつ戻りつの山歩きです。
 


 そのため、ルートも書けませんが、新たに群生地を見つけたりと発見もありました。今回は、通常のコースを歩いていないため時間は記しません。花の写真も実際の順番と前後しています。

■星印のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
妻女山(441m)--鞍骨山(798m)--妻女山
■標高差:約360m
★季節によっては、熊・猪・スズメバチ・マムシ対策も。狩猟期は、猪狩りのハンターが入ります。


●妻女山展望台(赤坂山)から見上げる斎場山(旧妻女山)。

●妻女山松代招魂社にある最も古い唐松(落葉松)。

●八重桜。
 
●わが家の山に咲いた、梅の花。鳥か動物が種を運んできたのでしょう。

●林道を外れて古い山道へ。
 
●芽吹きが始まりました。

●トラバースして別の尾根に乗ります。
 
カンスゲ。

●視線を感じた方を見上げると…。
 
●小さなスミレ。形は花も葉もタチツボスミレの小型版という感じですが…。コスミレか。

●支尾根から主尾根へ。夏場はバラが繁茂しヤブになり入れません。ニホンカモシカは頻繁に、熊も希に出没します。

●森の奥にバイモの群生地。足元の藪から野ウサギが飛び出してびっくり。

●蕾は最初葉に包まれて上向きですが、やがて下向きに。咲いている花も下向きです。花後に地上部が消えてしまう、カタクリやセツブンソウなどと同じくスプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)、春の妖精・春の儚い命のひとつです。
 
●下から覗いてやっと花だと分かります。実に地味な花です。ここに群生地があるのは、戦前から川中島南原の薬草屋が山を借りて漢方薬の原料として栽培していたからなのです。それが放置されて群生地になったというわけです。栽培を止めてから既に数十年は経っています。その間、ほとんど誰にも知られず、毎年咲いては散ってを繰り返してきたのでしょう。

●藪を抜けて陣場平の隅っこにある菱形基線測点。
 
●八角形のコンクリート製。かなり大きなものです。

●建設省国土地理院。「菱形基線測点」は、地殻変動調査を目的として設けられたもので、全国に16箇所しかありません。その内の長野県のものが、長野基線と呼ばれ、妻女山、平柴、川田、信里の四箇所で菱形を形作っています。この上に計測器を乗せて測ったもの。
 
●コブにのって見下ろす陣場平。『甲陽軍鑑』の編者といわれる小幡景憲彩色の『河中島合戰圖』(狩野文庫)には、この辺りに上杉軍の七棟の陣小屋が描かれています。

●轍の深い林道。
 
●天城山(てしろやま)が見えます。

●笹も活き活きとしてきました。

●林道から外れて天城山へ尾根づたいに登ります。

●緩く登ります。
 
●天城山から妻女山へは、ヤセ尾根と書いてある歴史本が多いのですが、実際はヤセ尾根の部分はわずかです。

●登山道は右ですが、道のない尾根を行きます。
 
●灌木をぬって登ると古墳が。

●古い時代に壊されています。二基の清野古墳。
 
●もうひとつ古墳。

●実は石室は、並んでもうひとつありますが、埋められています。
 
●ここから少々五月蠅い灌木林を抜けます。

●ここから数十メートルのみがヤセ尾根です。

●目指す鞍骨山(右の三角)が見えます。

●別れた登山道と合流。
 
●振り返ると斎場山(旧妻女山)。

●左手には鞍骨城跡。
 
●芽吹き始めた尾根道を進むと…。

●天城山と巻き道の分岐。
 
●杏の里・二本松峠とある巻き道へ。

●間伐されたので以前より明るくなりました。
 
●天城山頂と倉科尾根からの道と合流。熊の目撃例いくつもあり。

●二本松峠(坂山峠)。左右に倉科坂(清野街道)が横断します。倉科では大村越ともいいました。清野側は荒れています。

●峠の首無し地蔵様。

●直線距離だと800m。10〜20分ぐらいです。
 
●尾根の南面を行きます。

●笹藪の中の道。
 
●艶々とした若葉。コクサギか。

●駒止と呼ばれる一条の深い掘切。
 
●鞍骨城跡が見えました。ここでコースを外れて寄り道。支尾根を散策して戻りました。

●鉄塔をくぐると…。
 
●二条の掘切が連続。先の掘切から林道倉科坂線を経て妻女山へのルートがあります。
▼鞍骨山 その2へ NEXT PAGE
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2