大峯山(千曲市森) その2 2009.1.11

●ニホンカモシカの足跡。

●ウリハダカエデの幹につかまって小休止。植生が変わってきました。手を離すと転げ落ちそう。

●唐松の天蓋。
 
●やっと緩斜面になりました。というか普通の急登。

●11:49 約30分の急登との格闘でした。
 
●木落沢のはじまり。

●こちらは森側へ。
 
●こちらはたぶん倉科側へ。

●檜林に沿って。静かです。
 
●右手から赤松の尾根が合わさっています。

●いつのまにか白銀の世界にいました。積雪は5センチ足らず。

●右下から道が合流。観龍寺からの登山道でしょう。

●この先が頂上でしょう。里から正午の音楽が。
 
●野ウサギの足跡。

●頂上です。シャツを着替えて昼食にします。
 
●12:03 出発から約1時間半でした。向こうは鏡台山方面。

●夏にはヌタ場になりそうな窪み。気温はマイナス。
 
●12:22 寒いので早々に退却。

●観龍寺への道を行ってみましたが…。
 
●雪で踏み跡が分からず引き返します。

●12:32 南西に向けて赤松の尾根を下山。

●こちらは明瞭です。

●冬枯れの森にひときわ映える緑。葉の縁が波打っています。
 
●白い斑が入った樹皮。

●ソヨゴ(冬青)です。
 
●なかなか気持ちの良い赤松の尾根。

●有明山南の尾根の向こうは桑原。
 
●赤松の落ち葉は、クヌギと違って滑らないので、駆け下りることができます。

●森将軍塚古墳もまだ遙か下です。
 
●一気に下ってきた赤松の尾根。

●登った尾根が見えて間にもうひとつ尾根が。

●12:46 岩場。

●倒木を越えて。
 
●城跡かと思いましたが単なる岩場のようです。

●登った尾根と初めに下りようとした尾根が見えます。
 
●赤松の林が切れます。

●五月蠅いバラと灌木の藪を抜けると。
 
●展望が開けました。

●冠着山。
 
●12:52 高圧線の鉄塔。

●鉄塔下から見る川柳将軍塚古墳。

●有明山と高雄山。

●送電線は、窪山から鏡台山に続く尾根を越えて。
 
●この藪を越えないと赤松の尾根に出られません。ここが唯一の難所。出来れば人が通れる幅だけでも刈り払って欲しいですね。

●とりあえず尾根を真っ直ぐ下ります。
 
●見事なツガサルノコシカケ。

●赤松の枯れ木にいくつも。制癌効果があるとされます。
 
●とりあえず真っ直ぐ下ります。テープはあてになりません。

●作業道。
 
●コバノガマズミ。
▼大峯山(千曲市森) その3へ NEXT PAGE
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2