鷲尾城-倉科将軍塚古墳 その1 2008.12.27
 12月27日(土)、午後思い立って鷲尾城跡と倉科将軍塚古墳へ。戦国時代から古代へと遡る歴史が魅力です。さらにバーズアイビューも魅力です。拡大パノラマ写真をぜひご覧ください。

 気温は3度前後でしたが、古墳上は冷たい北風が吹き抜けて頭が痛くなるほどでした。いつか天城山から鞍骨城跡、妻女山へと縦走してみたいと思います。

■星印
のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
倉科入口駐車場--大日堂--鷲尾城跡--倉科将軍塚古墳--鷲尾城跡--大日堂--倉科入口駐車場
■全行程:約1時間10分・休憩を含む 気温:3度 標高差:約195m


1:37 倉科の入口にある後ろの四阿が隠れるほどの巨大な岩。無料駐車場があります。

●鷲尾城跡が見えます。登山口の大日堂目指して出発。

●一本目を左折してすぐに大日道堂井泉があります。
 
●万葉歌碑。★説明看板

●すぐ上に大日堂。
 
●1:40 登山開始。

●大日堂。松代城初代城主真田信之の次女康子姫が如来を祀る堂として1673(寛文13)年に建立したお堂です。
 
●中央奥には虫倉山。右手前に茶臼山。

●すぐに急登です。
 
●降り積もった枯葉で滑ります。

●見えるのは有明山。

●笹藪を抜けて。

●青々とシラカシの森の緩斜面。
 
●抜けると再び急登。

●アッという間に高度をかせいで眼下に老人ホーム杏寿荘。道を挟んで無料駐車場と四阿。
 
●カシワの木が多い林をジグザグに。

●右手には倉科の集落と大峯山。
 
●1:53 休み無し13分で鷲尾城跡主郭の石垣。

●本郭腰曲輪の石積み。
 
●倉科氏のものといわれていますが、後に村上氏、武田氏によって改修されているかもしれません。

●本郭の石積み。なかなか見事なものです。

●本郭の虎口。

●本郭の虎口。★説明
 
●やや崩れています。

●本郭上部は東西28m、南北20mの不整楕円形。
 
●東方には土塁。

●西には森将軍塚古墳と有明山将軍塚古墳。右奥の山は高雄山(1166.4m)。
 
●北には、先週登った唐崎城跡と明聖砦の尾根。手前の集落は生萱。

●南には大峯山(841.4m)。
 
●南西には有明山から五里ケ峰への長い尾根。

●城跡東には深い堀切。

二条の堀切です。

●後世に石垣を崩して作られたような小道。
 
●堀切から北の唐崎城跡を見たところ。

●南の倉科集落。
 
●堀切東部。

●登ると幅12m、長さ28mの第二郭。
 
●振り返ると本郭の高い石積み。

●第二郭先の堀切。
 
●堀切から雨宮田圃。

●三条の堀切を越えて古墳へ登ります。

●急斜面を登ると倉科将軍塚古墳が見えてきます。道は南面を巻いています。

●2:06 倉科将軍塚古墳。★説明
 
●南面の道から前方部。

●後円部上部。
 
●後円部から前方部。

●やや北西に北アルプス。★パノラマ
 
●鹿島槍ヶ岳の望遠カット。★パノラマ

●古墳の上は寒風が吹き抜けて厳寒。赤い屋根は埴科県神社。文殊菩薩堂もあります。
 
●古代の人もここから田圃を見下ろしたのでしょう。
鷲尾城-倉科将軍塚古墳 その2
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003

Ads by TOK2