続きのこ狩り 2008.10.21
 10月21日(火)、きのこ狩り第二弾。数日前に用事の帰りに寄ったわが家の山(留山)で今年の初物紫占地を採ったため、急遽きのこ狩りが決定。雨が降っていないので期待は小さかったのですが、そこそこ採れました。
 


 今年は、例年より暖かいせいかキノコの出も遅いようです。

■星印
のある写真をクリックすると拡大します。

東風越に駐車。

●朝もやで霞む天城山

●コムラサキ
 
●美味しそうですが、実は食べられません。

●キク科リュウノウギクか。雑種か。
 
●秋色の林道。

●赤松の林。整備すれば松茸も出るのですが…。
 
●ヌルデの紅葉。

●ヌルデ。
 
●いつもの場所に駐車。ここから熊鈴は必須。オオスズメバチも。

●少しずつですが、秋色に染まり始めた森。

●足元に紫占地。近くにオオスズメバチの巣があるので緊張。

●乾燥しているせいか線状痕がはっきりと見えます。
 
●ダンコウバイの赤い実。

●蜘蛛の糸が朝日に光るダンコウバイの実。
 
●岩場の危険な崖下も覗いてみましたが…。

●その近くに人知れずある古墳。地元でも知る人はわずか。
 
●間伐された林からの眺望。

●古道の峠道。熊の目撃情報が毎年あるところです。
 
●アザミかトウヒレンの仲間か。

●調査中。葉に切れ込みがありません。

●尾根の分岐で休憩。熊鈴が鳴らないので、時折笛を吹きます。

●石室。
 
●熊か? いいえ。タヌキの溜糞。

●岩場のヤセ尾根の鞍部。ここも熊がよく目撃される所。
 
●紅葉は、まだわずか。

●スッポンタケ。
 
●グレバは、強烈な臭いです。

●昼食。
 
●粘菌のコマメホコリ。

●まるでムカゴのよう。

●直径は5ミリ以下。

●未熟の時は可愛らしいピンク色です。
 
●唐松林はなにも無し。

●藪をかき分けて移動中。ここは道もなく素人は無理。
 
●遅出の時候坊。

●ひときわ赤いのはヌルデ。
 
●他の木々も少しずつ色づいてきています。

●そこそこの収穫で帰還。大きなボウル2杯分でした。
 
●大正天皇お手植えの松は、松食い虫にやられて枯れてしまいました。

●秋色の風景。

●遠くに茶臼山。今日は鹿島槍ヶ岳は見えません。
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003

Ads by TOK2