林道倉科坂線 2008.10.7
 10月7日(火)、午前中所用で松代へ。普通に行くと10分足らずですが、それではつまらないと、林道倉科坂線を使うことにしました。一般車通行禁止ですが、わが家は入口に山を持っているのでいいでしょう。というわけで約6キロの林道に入りました。この林道は、最近鞍骨城趾へ登る際にも使われているようです。まだ本格的な秋の前なのでヤブが心配でした。

 案の定、愛車は草木のビンタを受けながらの行軍となりました。都会育ちの我がフォレスターには、ちょっと刺激が強すぎたか。いや、水を得た魚のようでした。しかし、挙げ句の果てに待っていたものは…。今回は、特別編の林道4WD走行です。もちろん、錦秋になれば歩いても楽しいコースです。熊鈴をお忘れなく。

■星印
のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
妻女山入口--妻女山松代招魂社--林道倉科坂線--途中の山--林道倉科坂線--妻女山松代招魂社--妻女山入口
■気温:24度 蒸し暑い。
■季節によっては、熊・猪・スズメバチ・マムシ対策も。
■妻女山については、★妻女山の位置と名称についての特集ページをご覧ください。



矢印が、「上杉謙信槍尻の泉」。私が子供の頃は、もっと左上にあり、赤い岩の割れ目から水がチョロチョロ出ているだけでした。 つまり、ここでも泉の位置は移動しているのです。

●登って今は右に曲がっていますが、拡幅されて舗装される前は、未舗装の林道で、その前は細い道が左に曲がっていました。わずかに痕跡が残ります。昭和30年以前の話です。

●ここは道が無く谷で、よく水が流れていました。江戸時代後期の詳しい絵図によると、この下に昔は、「上杉謙信槍尻の泉」があったようです。
 
●その下側。ここに明治22年清野避病院が建てられました。その際に泉は飲用に利用され無くなりました。その後現在のものが新しい「上杉謙信槍尻の泉」となったようです。平地があります。

●コムラサキ。
 
●鮮やかなコムラサキ

●松代招魂社字妻女山頭鎮座。地名は赤坂山です。現在は妻女山山頂。地元で謙信の本陣と伝わるのはここではありません。
 
●シソ科のナギナタコウジュ。

●ナギナタコウジュ。
 
●ヤマウルシ。

●招魂社南の駐車場。営業マンの休憩所ですが、ポイ捨てが多く、パトロールが車の会社名を調べているそうです。

●ここで二手に道が分かれますが、左が林道倉科坂線。一般車通行止めです。轍が深く、崩落カ所や倒木などもあります。

●左は崖、右には側溝があるので気を抜けません。
 
●千人窪の上から清野小学校と赤坂橋

●道がフラットなのはこの辺りのみ。
 
●桐の剥こうに象山。どこか遠い風景のように見えるカットです。

●眼下に清野沖のビニールハウス。
 
●前方に鞍骨城。高圧線鉄塔の左です。

●両側はブッシュで、車に激しく当たります。すれ違える場所はほとんどありません。
 
●眼下に大村の集落が見えてきました。

●遙か上に聳える清野氏の山城・鞍骨城

●ひどいブッシュです。轍(わだち)も深く、ザレている箇所もあり注意が必要です。動物との遭遇もあり得ます。

●この辺りまで熊が出没するので、単独や少人数のときは要注意。
 
●千曲川の流れが見えます。長く突き出た尾根は金井山。

●松代望遠カット。古墳時代や戦国時代、江戸時代と同じように人々の暮らしがあります。今週末は真田祭です。
 
●路傍のノコンギク。雑草という花はありません。

●鞍骨城への道でしょう。送電線の巡視路のようです。
 
●両側は、相変わらずひどいブッシュです。セイタカアワダチソウ、ヨウシュヤマゴボウなどの帰化植物も目立ちますが、ヤマハギやカントウヨメナ、キリ、カシワ、ガマズミなども見られます。昔のように木山をしないので里山は荒れています。不法投棄も見られました。

●植林帯。下枝が気持ちよく刈られています。
 
●突然の倒木で行く手を遮られました。やむなく撤退。なんとかUターン。当分の間通行不可でしょう。

●そそくさと妻女山(赤坂山)に戻ります。人生も行ったり来たりの繰り返し。迷い道フラフラ…。

●右手は天城山(てしろやま)。左に二本松峠。大村からそこへ至る道が倉科坂です。

●右に赤い実が。思わず車を止めました。
 
●クサギです。臭いです。可愛い花には毒があるものです。

●眼下の大村には清野氏の屋敷がありました。上杉氏の会津転封に伴って清野氏一族はこの地を去りました。
 
●倉科坂も昔のような人の往来はありません。江戸末期、わが家の先祖の娘二人が、この峠の両側に嫁ぎ、頻繁に行き来をしていたそうです。彼女らの父は、長いこと村の名主をしていました。

●妻女山(赤坂山)と新赤坂橋。 上杉景勝は、ここ赤坂山から鞍骨山にかけて布陣し、海津城の北條氏を威圧したということです。
 
●赤坂橋望遠カット。

●紅葉が美しい漆の仲間、ヌルデです。
 
●林道からちょっと足を伸ばして見つけたハナイグチ。山を見て出そうな場所を特定するのがきのこ狩りの醍醐味です。

●27本の収穫でした。信州では時候坊といいます。
   
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2