シロオニタケ 2008.9.15
●テングタケ科のキノコ。幼菌の傘の裏にヒダがないのが特徴です。成長するとヒダになるのでしょうか。もっとも考えられるのは、シロオニタケだと思います。他に、基部がささくれたササクレシロオニタケ。傘の直径が8センチ以下のコシロオニタケ。イボの大きいオニテングタケ。傘と柄が薄褐色のシロオニタケモドキ。基部が球形の猛毒タマシロオニタケ。イボが薄褐色で、傷つくと帯紅色に変色する猛毒のフクロツルタケ。そして猛毒のドクツルタケ、シロタマゴテングタケとテングタケの仲間は、純白で清楚なキノコが多いのですが、猛毒の天使も多いので注意が必要です。

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Nagano Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2