牛飼尾根-三頭山-大茅尾根-大長作沢 その1 2008.5.06
 5月6日(火)、連休最終日、思ったほど混んでいない中央自動車道から上野原丹波山線へ。向かったのは先週と同じ小菅村入口の休憩所。先週、村の人から牛飼尾根を登って三頭山へ行った話を聞いて、急に登りたくなりました。長いけれど、登りに使う分には危険な箇所や迷いやすい所は無いとのこと。花は少なかったものの、新緑を思う存分味わえる静かないい尾根でした。

 帰りは、三頭山から大沢山、比較的歩かれている大茅尾根を下ったのですが、そこに落とし穴がありました。初歩的なミスから下る尾根を間違えてしまい、ヤセ尾根の先端が絶壁というところで立ち往生。なんとか知恵を巡らせて大長作沢に下り立ちました。結果的には、沢歩きも楽しめていい山行になりました。
■星印のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
小菅村入口休憩所P--森上農道--牛飼尾根--三頭山西峰(1524.5m)--ムシカリ峠--大沢山(1482m)--大茅尾根--大茅山(1237m)--1150m分岐--大茅尾根支尾根--大長作沢カラタキ沢出合(850m)--大長作沢--大長作--林道--小菅村入口休憩所P
■全行程:約8時間26分・休憩を含む 天気:快晴 湿度:10% 気温:9度-18度 標高差:約840m
★登山道も標識もない経験者向きコース。地形図・ライト・雨具・コンパス・非常食・ライター・救急用品・手袋・笛・熊鈴必携。携帯は、ほとんどの場所で圏外。間違えた尾根は、下部ほど急傾斜で藪、最後は大岩で行き止まり。


●牛飼尾根先端の崩落地点の横でカップラーメン。気温9度。快晴。

●6:25 御獄神社方面へ出発。

●牛飼尾根先端は、崖と人家なので農道へ。
 
●6;34 下の農道から上の農道へ。

●左に休耕地を見ながら取り付き場所を探します。
 
●6:43 植林地の作業道をジグザグに登坂開始。

●新緑が眩しい。最後は自然林に入って直登。
 
●6:56 休憩所横の崩壊した谷の上の尾根に乗りました。ここで熊鈴をつけます。

●西側、神楽入尾根方面。
 
●朝から湿度が異常に低く、すぐに喉が渇きます。

●東側、大茅尾根のシルエットと朝日を浴びる新緑。取り付きにピンクのテープが何カ所かありますが、林業関係のもの。

●地形図通りヤセ尾根が続きます。

●7:11 赤松の混合林。
 
●オオツクバネウツギ。

●オオツクバネウツギ。
 
●新緑の森に四十雀のさえずり。

●樹間からは、先週登った奈良倉山。
 
●涼しい風の抜ける鞍部。

●間伐された植林地の縁に添って。
 
●白樺。

●逆光に光る新緑。

●山桜の鞍部。桜はもうほとんど散っていました。

●7:35 岩混じりの急登。
 
●坪山、権現山方面。

●春モミジから新緑に変わりつつあるカエデ。
 
●しばらくなだらかな尾根が続きます。

●満開のオオツクバネウツギ。
 
●少しずつ気温が上がってきます。

●7:55 灌木の生い茂る小さなコブは巻きます。
 
●急登。昨日2試合をフルにこなしてきた次男は疲れ気味か。

●アセビの若葉。

●8:14 やや大きなコブを巻いて。

●ヤセ尾根の鞍部から神楽入沢に深く落ち込む谷。
 
●見上げるとカエデの新緑。

●登山道は無いわけですから急登続き。
 
●8:21 急登をこなして振り返ると奈良倉山と佐野山の間に富士山。たぶんこの辺りが1084mのピークでしょうか。

●8:26 ヒノキの下枝が危険なヤセ尾根のところで…。
 
●モミの木に月の輪熊の爪跡と思ったら鹿の角研ぎ跡だそうです。そういえば以前見た熊の皮剥跡は30センチ幅ぐらいで、長さは5mもありました。

●西に小焼山(1322m)。大長作沢より神楽入沢の方が熊がいそうな雰囲気です。時に大声を出しホイッスルを吹いて熊に存在を知らせます。遭遇しなくてもニアミスしている可能性は、充分にあります。
 
●東に左、大沢山(1482m)と右、大茅山(1237m)。

●8:33 右が植林帯の長〜い急登。

●8:50 やっとこなだらかと思ったら…。

●またまた急登。右は赤松混じりの混合林。
 
●木の根元を使ってジグザグに。

●9:08 まだまだ続きます。頑張りどころ。
 
●小さなフモトスミレ。

●あまりに長い登りに小休止。一本目のスポーツドリンクが早くも無くなりそうです。
 
●尾根が次第に広くなってきました。尾根に赤テープが全く無いのも好ましい。

●モミの木。
 
●さらに登って振り返ると…。気持ちの良い森が広がっています。
▼牛飼尾根-三頭山-大茅尾根-大長作沢 その2へ NEXT PAGE
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2