奈良倉山-佐野山-1170 その2 2008.4.29

●俯いて咲くのが特徴。★朝露

●クロモジの新芽と花。

●深城ダム。向かいは楢ノ木尾根。
 
●1238mの手前の林道北面に、3月24日に辿った佐野峠への古道の道筋の段差が見えました。廃道になって久しいので、落葉期でないと歩けません。

●9:30 その古道の出口。
 
●ハシリドコロが生えています。

●猛毒のハシリドコロ。触るのも厳禁です。
 
●その古道の踏み跡。夏場はものすごい藪で通行不可。

●タチツボスミレ。
 
●地形図の破線を見ると、この辺りは古道もこの林道の通りにあったようです。気温が上昇、暑くなりました。

●フジザクラに比べて艶やかなヤマザクラ。

●ミツバツチグリかグリキジムシロかツルキンバイか…。

●葉を見てるとキジムシロではない。葉はツルキンバイのようでもあるし、花びらの形はミツバツチグリのようでもあるし…。
 
●ヒメヤシャブシの多い1260mの手前の峠。昨秋には熊棚が2つ3つありました。この辺りも月の輪熊の生息域です。

●キブシ満開。
 
●ミツバウツギ。花の写真はこちらで

●10:10 佐野峠通過。
 
●道の真ん中に蒲公英が続きます。いずれも西洋タンポポ。

●切り通しを抜けて林道は、七保が見える側に出ます。
 
●七保の谷。谷から吹き上げる風が気持ちいい。

●林道脇のコナラの林。

●10:32 林道のカーブで15分ほど休憩。おにぎりと焼き鳥缶詰、魚肉ソーセージ。

●なにもない山へ。
 
●なにもない静かな山頂。

●これから登る1170mが見えます。ところで佐野山ですが、1260m峰と1234.7m峰、両方とも佐野山という話を聞いています。佐野峠といい佐野山といい、名称のややこしい尾根です。
 
●熊の糞か。この辺りでの熊の目撃情報もあります。食べたのはミツバアケビの実で、実生がたくさん生えています。狸もミツバアケビが好物ですがこれは溜糞ではなさそう。

●なにもない山頂を後にします。
 
●笹藪を抜けて林道へ。

●この南面はヒノキの植林が進んでいるので、あと10年ぐらいすると、このすばらしい眺望もなくなってしまうでしょう。
 
●タチツボスミレと何かの交雑種でしょうか。

●フジザクラ。

●このように同じ木でも雄しべの色が違うものがあります。

●息子が草団子を作ってもらおうとヨモギを摘んでいます。
 
●尾根筋は、新芽もまだ小さい。

●タチツボスミレ。
 
●林道から旧佐野峠道方面の古道へ。

●芽吹きは始まったばかり。
 
●ナガバノスミレサイシン。

●ミツバツツジと若葉。
 
●西原峠への分岐を右に見て左へ下ります。

●以前よりきれいに刈り払われたような気がします。

●一見美味しそうなキノコ。実は毒キノコのニガクリタケ。普通はもっと黄色っぽいのですが、このようにクリタケのような色のものもあるので要注意です。季節的にクリタケは、秋以外は出ませんがニガクリタケは、真冬以外は出るようです。

●分岐のコブを振り返って。光の中で若葉の乱舞。
 
●少し色の淡いミツバツツジ。

●全体に色が淡く優しい感じです。
 
●12:07 飯尾・坪山・七保・佐野峠十字路。

●鮮やかなブナの若葉。
 
●同じくブナの若葉。

●12:24 1170m峰山頂。幸運なことに、坪山から来たグループの方に、この先の道を教えた後で、イワウチワ、ヒカゲツツジ、イワカガミの撮りたての写真を見せてもらいました。坪山の狭い頂上と周辺には200人以上いたと話していました。驚きです。
何かを発見した様子の息子。
 
●天然の椎茸です。調度お昼なので25分休憩。
▼奈良倉山-佐野山-1170 その3へ NEXT PAGE
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2