妻女山(斎場山) その2 2008.1.4

●猪が掘り起こした跡。12月中旬の害獣駆除にも生き残った猛者。この先の左下には、この林道ができる前の古道の跡があります。

●上から来て道を掘り起こし、下に行ったようです。

●陽が差してきました
 
●振り返って見る東風越方面。

●妻女山駐車場。これは近年作られたものです。例年になく雪の少ない妻女山(赤坂山)。
 
●なぜここ妻女山(赤坂山)に戊辰戦争の招魂社が建てられたかというと、古代から神聖な斎場であったということでしょう。松代藩の射撃練習場があったという説もあります。

●南の陣馬平方面を振り返ったところ。前方の山からは数多くの鉄砲の弾が出てきます。この辺りから撃ったのでしょうか。招魂社周りの土塁もその当時のものだと思われます。前方の山の奥が陣場平です
 
●「妻女山松代招魂社」の石碑。妻女山は清野村当時の字名であり、地名は赤坂山です。招魂社の裏は、大字岩野村字妻女です。

招魂社の表参道は、鳥居前から清野側へ下り、清野小学校の校門前に出ます。手水鉢もあります。清野小学校の敷地内には、縄文時代晩期から、弥生時代後期につながる四ツ屋遺跡があります。
 
●展望台へ。地形から見ると、ここにも古墳があったのではと考えます。土口村誌には赤坂山古墳と書かれています。上杉軍布陣の時か、松代藩が射撃練習場にする時か、石碑建立の時かに壊されたのではと考えています。丸い墳丘は残っています。

●展望台から見る川中島。眼下は岩野の集落。古くは斎場原といいました。

●斎場山(旧妻女山)を見ながら下山。右に下る尾根を今朝登りました。

●上杉謙信槍尻之泉と上信越自動車道の薬師山トンネル。私が子供の頃は、10mほど上にあり、江戸時代後期の霊水騒動の時は、もっと東よりの山裾にありました。明治に避病院ができて消滅しました。
 
●妻女山は、高速道路の喧騒が絶え間なく聞こえるようになりました。右の森が会津比売神社。皆神山の出速雄命(いずはやおのみこと*)の御子とあり、両神とも松代の産土神です。*大国主命の子の諏訪大社祭神・建御名方命(たけみなかたのかみ)の子。

会津比売神社へは行かずに国道403号線(谷街道)へ出ます。
 
●見上げる斎場山。皆神山の小丸山古墳は出速雄命の、斎場山古墳は会津比売命の墓ともいわれています。

●国道を岩野駅へ。左の韮崎からも斎場山へ登れます。尾根の向こう側、岩野駅の北から前坂を登って斎場山へ至る古道があります
 
●「岩野山貞治郎」の石碑。岩野出身のお相撲さんだそうです

●道路下にひっそりとたたずむ「戌の満水」の石碑。「戌の満水」とは、寛保2年(1742)の大洪水(寛保2年がイヌ年だったためそう呼ばれます)。千曲川流域で2800人の死者をだしたと記録されています。岩野では、160人が亡くなったとされ、わが家の先祖も2人無くなっていると記録にあります。
 
●岩野駅。屋代方面。正面の山上に見えるのは土口将軍塚古墳(前方後円墳)。別名荘厳塚(しょうごんづか)。荘厳山(しょうごんざん)ともいいます。

●松代方面。見えるのは韮崎。赤坂山の先と共に、大正11年の河東線開通のために山が削られました。

●見上げると御陵願平。左が、今朝登った前坂。斎場山への旧道です。墓地が多いのは、昔ここに荘厳山正源寺があったから。

●電車が来ました。ワンマン形式です。前乗りで整理券を取ります。
 
●松代駅。自動券売機なんかありません。「硬券」の切符を手売りしています。貴重!(2012年3月廃線)

●昔のままの駅舎。昔は、松代映画館のポスターがたくさん貼られていました。若大将とか黒澤映画とかヌベルバーグとか…。旅情溢れる駅舎です。小学生の頃、ここから友達三人と、北海道の鶴居村へ鶴のエサとして小麦を送ったことがあります。
 
大正11年開業当時のままの駅舎。中学生の時、母の同級生がやっていた駅前のラーメン屋にサッカー部の練習後、空腹に耐えられず、先生の目を盗んでよく立ち寄りました。

●「汽車ポッポ」の歌碑。富原薫作詩・草川信(松代出身)作曲。「どこかで春が」「夕焼け小焼け」「ゆりかごの歌」「緑のそよ風」など。
 
●復元された松代城(海津城)へ。海津(かいづ)は松代の古名ですが、会津、あるいは出速(伊豆)が転訛したものともいわれています。

●松代城復元想像図。
 
●松代城のお堀に映る尼厳山。

●古城の趣があります。

●15年ぐらい前まではプールがあり、長男は赤ん坊の頃ここで泳ぎました。いつもすごく空いていて貸し切り状態でした。

●武田別働隊が越えたという戸神山脈。左下は象山。
 
●狭い門。

●魯台と尼厳山。
 
「この穴から鉄砲を撃ったり弓矢を射るんだね。」

●北不明門から本丸へ。
 
●海津城趾之碑。

●魯台へ(事実上の天守閣)。
■松代には、「北信流」という独特の儀式があります。長男の一歳の産立ての宴席のときも、叔父と父が見事な謡曲をうたってくれました。その他万歳や三三七拍子を頻繁に行う。運動会・遠足の連絡は花火でするなど、珍しい風習があります。
 
●魯台より望む斎場山(妻女山)と妻女山(赤坂山)。松代から見えるこの風景が誤解の元。丸い斎場山は、見えている尾根上ではなく、東風越を挟んで約400m向こう側にあるのです。特に松代でこのことを勘違いしている人が多いのです。残念ながらエコール・ド・まつしろの絵地図も間違っています。★パノラマ

●南にノロシ山(狼煙山・高テキ山)。

●右へ戸神山脈(大嵐の峰)。手前に象山で竹山城跡。これが西条城跡であれば西條山です。竹山・城山ともいいます。西条奥の最高峰、高遠山を西條山と記した絵図もあります。舞鶴山が西条城跡ならば、舞鶴山、または狼煙山が西条山ということになります。いずれも妻女山とは別の山です。埴科郡誌では高遠山から狼煙山までを西条山というとしています。息子達は、沙羅寿庵で600gの大盛り蕎麦をたいらげて象山神社へ。
●象山の東のふもとには、黄檗宗象山恵明寺(おうばくしゅう ぞうざん えみょうじ)があります。この寺を創建する際に、明から承応3(1654)年に来日した 隠元禅師僧の故郷の地名をとって、山号を「象山」としたそうです。正しくは、「臥象山」といいます。隠元禅師は隠元の名に由来するインゲンマメや蓮根、スイカなどの野菜や中国の精進料理「普茶料理」も日本に紹介しました。

●文武学校。安政2年(1855)に松代藩が藩士の子弟の教育のために建てた藩校です。文武両道を旨とし、他藩の藩校と違い、儒教の教えを排除したため構内に孔子廟がありません。教育は大変に厳しく子供の成績が親の俸禄にも影響を与えたといいますから大変です。
 
●象山神社(ぞうざんじんじゃ)。近くの象山記念館と合わせて訪れると良いでしょう。 佐久間象山は、学問の神様としてあがめ奉られており近在の受験生がたくさん訪れます。

●名前の由来となった象山(ぞうざん)。しょうざんではありません。正しくは臥象山(がぞうざん)。竹山・西条山ともいいます。山頂は、更に300mほど南へ登ったところで、松代城下、妻女山、川中島が一望できます。山際には、神田川沿いに情緒溢れる「思索の小道」があります。象山地下壕を見学の帰りに、神田川の右岸の道を下ると自然に「思索の小道」に続きます。
 
●高義亭。象山が安政元年(1854年)から約10年間の蟄居中に住んでいた松代藩家老望月主水の下屋敷聚遠楼の敷地内にあった建物。来客があるとこの2階に招き、応対したそうです。中岡慎太郎や高杉晋作も訪れています。 象山の正室は門弟勝海舟の妹順子ですが、子がなく、嫡子は側室お菊の生んだ恪二郎です。象山の敵を討つべく新撰組に入りましたが、生来のわがままで役に立たず、後に司法省に入りましたが、食中毒で29歳で亡くなっています。

●清流沿いに松代駅へ竹山通りを北上
 
●象山公園。正面やや右奥の森は離山。

●真田邸に沿って松代駅方面へ。冬だというのに雨が落ちてきました。
 
●氷雨に煙る真田邸の冠木門(かぶきもん)。内部は、ただいま工事中。
斎場山と戸神山脈 2008.1.5

●斎場山西端の笹崎。上は薬師山。左下は千曲川へ落ちています。現在は国道403号線が通って山が削られ拡幅されていますが、江戸時代までは谷街道の難所で、大洪水の度に通れなくなるため、本道は笹崎の山を超えていたそうです。左の山腹にかすかに痕跡が見られます。手前は戌の満水後の千曲川の瀬直しで大きく削られましたが、埴科郡誌によると、その前は横穴(住居か古墳か)がたくさんあったということです。山に白っぽく見えるのは、カラスザンショウの樹。8月に花を付けます。

●上信越自動車道屋代バス停より斎場山。左端が笹崎。★パノラマ斎場山脈と戸神山脈(山座同定)
 
●飯縄山。★パノラマ飯縄山から川柳将軍塚古墳

●森将軍塚古墳。古代「科野の国」の大王の古墳。麓の「森将軍塚古墳館」と隣の「長野県歴史館」は、歴史好き必見です。
 前方後円墳というのは、シンメトリー(左右対称)であることが多いのですが、この森将軍塚古墳は、アシンメトリー(左右非対称)で、わずかにくの字に曲がっています。大穴山の地形のためなのか、それとも日本人のアシンメトリーを好む趣向が、すでにこの頃に芽生えていたのか非常に興味があるところです。
12月30日、薬師山-土口将軍塚-斎場山-妻女山-会津比売神社の斎場山脈トレッキングルポはこちらをご覧ください。
▼妻女山(斎場山) その1へ  BACKPAGE

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
▲ページのトップへ TO PAGE TOP
Ads by TOK2