妻女山(斎場山) その1 2008.1.4
妻女山は往古赤坂山といった。本当の妻女山は斎場山という。
 1月4日(金)、初登山は、歴史の山「斎場山」へ。
『長野県町村誌』第二巻東信篇【岩野】には、「【妻女山】高及び周囲未だ実測を経ず。村の南の方にあり。嶺上より界し、東は清野村に属し、西南は土口村に属し、北は本村に属す。山脈、南は西條山に連り、西は生萱村の山に接す。樹木鬱蒼。登路一條、村の南の方山浦より登る。高二十一町、険路なり。」とあります。
出典:『長野県町村誌』第二巻東信篇 昭和11年発行 調査;明治13年 岩野戸長窪田金作氏への聞き取り調査より
 この「登路一條、村の南の方山浦より登る。高二十一町、険路なり。」とは、岩野駅南の前坂から韮崎の尾根にのり、斎場山へ上がる険路をいうと父から聞いたので、息子達と登ることにしました。外部の人は知らない道です。


 養蚕が盛んな頃は、天上の桑畑に桑摘みや数十キロの肥料を運び揚げるために、村人はこの険路を登ったと聞きました。大きな篭に桑を摘んで下りてきたともいいます。現在は登る人は希で、うち捨てられているだろうとのことでしたが、薮になる夏と違い冬なら登れるだろうとの判断です。やはり、相当の険路でしたが、妻女山(赤坂山)を新たな視点から見ることができたり、斎場山(旧妻女山)への確たる道を確認できたりと、有意義な山登りになりました。下山後は、長野電鉄で松代へ。松代城と象山神社へ初詣と充実した一日でした。

■星印
のある写真をクリックすると拡大します。

■年輩の、特に女性の方は「川中島」という歌をご存じかと思います。お手玉遊びの歌として全国に広まりましたが、明治29年5月、教育音楽講習会(編)『新編教育唱歌集(五)』に掲載されたもので、作詞:旗野十一郎、作曲:小山作之助です。

「川中島」

西条山は 霧ふかし 筑摩の河は 浪荒らし
遙に聞ゆる 物音は 逆まく水か つわものか
昇る朝日に 旗の手の きらめくひまに くるくるくる

車がかりの 陣ぞなえ めぐる合図の 鬨(とき)の声
あわせる甲斐も あらし吹く 敵を木の葉と かきみだす
川中島の戦は 語るも 聞くも 勇ましや
  もちろん西条山は、斎場山(妻女山)であり、筑摩の河は、千曲川です。日清戦争直後ですので、軍事色の強い歌が多く作られたのですが、「夏は来ぬ」のような情緒溢れる歌も作られました。ちなみに、卯の花の匂う垣根に〜の卯の花は、ウツギの花です。
 お手玉遊びの歌として広まった「川中島」は、地方によって遊ばれているうちに、色々と歌詞が変わってしまったものもあるようです。また、西条山が斎場山(妻女山)のことだと知らずに歌っていた人がほとんどだと思います。西條山は、妻女山が歌のメロディーに合わせて転訛したのではなく、斎場山がもとなので、読みは「さいじょうざん」でいいのです。むしろ妻女山は、戦国当時はない呼び名ですから間違い。江戸時代に松代藩が命名した名称で、1647(正保4)年の『正保国絵図』に妻女山と記載されています。

■今回のコース
岩野駅--前坂登山口--前坂--韮崎の尾根--斎場山(513m)古墳・謙信台--林道(杏の里ハイキングコース)--陣場平--妻女山(411m)赤坂山--会津比売神社--妻女山登山口(351.6m)--国道403号線(谷街道)--岩野駅
■全行程:約2時間・休憩を含む 気温:0度 標高差:約162m
■登山地図にないコースです。★二万五千分の一地形図必須・季節によっては、熊・猪・スズメバチ・マムシ対策も。
★狩猟期は、ハンターが入ります。いずれも個人所有の山なので、マナーを守ってください。
■妻女山については、★妻女山の位置と名称についての特集ページをご覧ください。


斎場(妻女)山脈の今昔

●1983年5月3日撮影。上信越自動車道がまだ無い良き日の斎場山脈。★クリックで拡大。以下★印同様。
千曲川の堤防より見た斎場山脈。左(東)に妻女山(赤坂山)右に薬師山(笹崎山)。中央の最も高い山が名無しって変ですね。地元ではみな本当の妻女山(正しくは斎場山)と呼び、本陣跡・床几塚・謙信台・龍眼塚などと呼んできましたが、外部の人になぜそのことが広まらなかったのかとても不思議です。歴史研究家も妻女山(赤坂山)だけでなく、この堤防に来れば、上杉軍がどう布陣したか想像できると思うのですが。あんな狭い妻女山(赤坂山)に13000もの軍勢が布陣できるはずがありません。この山域全体と麓の斎場原にも布陣したと云われています。

●2007年8月13日撮影。気温34度。削られた山肌が痛々しい。★816k山座同定
斎場山(妻女山)トレッキングルポ

岩野駅。上には御陵願平。雪混じりの天候です。

●長野電鉄屋代線・岩野駅から出発。ホームを西へ下ります。

●駅近くの踏切を渡って前方の家の裏側を左へ。昔は、駅の東から真っ直ぐ登山口へ向かう作業道がありましたが、今はありません。
 
●墓地の向こう側が村誌にある険路「前坂」の登り口ですが、ひどい薮なので一旦右へ登ってトラバースすることにしました。

●檜林を登って…。
 
●檜林を抜けたら、踏み跡を左へ

●前方は雪が溶けています。こちら側は雪。斎場山の陰で陽が当たらないのです。
 
●前坂からの山道に入りました。

●眼下に岩野駅。作業道としては、かなりの険路です。
 
●道は、凹状になり綴れ折りで上に続いています。所々に松食い虫を駆除して積み上げられた松の木がビニールに包まれて置いてあります。松食い虫とアメリカシロヒトリは、この辺りの山野を激しく疲弊させました。

●やがて凹状の道は消えました。微かに道状の踏み跡がありますが、ここは灌木をぬって直登することにしました。

●ここを数十キロの肥料を背負って登るのは、さぞや大変だったでしょう。

●この急斜面です
 
●まもなく尾根に乗ります

●右手上には、御陵願平。
 
●韮崎からの尾根に乗りました。地元の人も殆ど登らない道です。

●樹間から上信越自動車道と妻女山が見えます。
 
●なだらかな尾根を登ります。前方には斎場山の頂き。

●眼下に見える高速道路と妻女山。やはり、本陣にするには低すぎるでしょう。現妻女山には、直江山城守が布陣したといわれています。この季節に落葉せずに残っている枯葉は、ヤマコウバシ、カシワ、クヌギの幼木です。
 
●雪に煙る妻女山松代招魂社。招魂社の有る場所は、字名は妻女山。地名は赤坂山。手前の斜面は字妻女。ややこしいんです。明治以降、地元でも字名で妻女山と言うようになり、赤坂山の地名は使われなくなっていきました。

●灌木が行く手を阻みます

●この辺り、樹木鬱蒼は昔の記述と同じです。

●薮がひどく直登できないので右へトラバース。養蚕が盛んな時期には、逆に左へトラバースして東風越に通じる道があったそうです。今もかすかに残っています。昭和30年代に山向こうの堂平に住んでいたK氏は、よくこの坂道を通って岩野へお使いに来たそうです。
 
●斎場山山頂とそのすぐ西の小さな塚の間に出ました。古墳時代後の、県司・郡司の墳墓ともいわれています。

●斎場山山頂へ
 
●山頂。円墳の上です。

●今回、長野市と更埴市が共同で調査したときのものと思われる標柱を見つけました。513.155と書かれていますが、これが標高でしょう。その上の513.09というのは、反対側に埋め込まれた標高点の数値だと思われます。つまり、斎場山の標高は513mということになります。
 
●斎場山山頂から雪の川中島を望む。昔は樹木はなかったと思われますが、これこそが上杉謙信が見たという川中島の風景です★パノラマ

●斎場山山頂から見た360度のパノラマ立体地図。★必見
■「国土地理院の数値地図25000(地図画像)『松代』」をカシミール3Dにて制作。

●西方の薬師山方面。俗に旗塚といわれた小さな円墳が点々とあります。実際は戦国時代に上杉謙信が旗を埋めた塚ではなく、古墳時代後の県主、郡司を祀った斎場祭壇(墳墓)だといわれています。
 
●標高点。左の写真、頂上から西の字名は「笹崎」といいます。地名は、斎場山。その下の平地は「龍眼平」「両眼平」ですが、正しくは「御陵願平」です。地名研究所の「御陵安平」は誤記か。

●南面の林道に下ります。向かいに霞むのは、これから向かう「陣場平」。墳丘裾は二段になっています。

●東風越えに下ります。斎場山から陣場平にかけての地名を「天上」といいます。字名は「妻女」です。右の土口側は「北山」です。

●斎場山脈の要所、「東風越(こちごえ)・長坂峠」を右に曲がって「陣馬平」へ。清野側から土口に向かって東風が越える峠です。
 
●緩やかな傾斜の道を真っ直ぐ南へ歩きます。この辺りも割と平坦です。昔は桑畑でした。ここの地名は天上ですが、ここも陣場平といってもいいでしょう。

●昔は土口側へ下りる道もありました。下から峠までずっと畑でした。今は雑木林です。古道の跡は微かに残っています。
 
●林道は、緩やかに曲がっていきます。左手上が陣場平。昭和30年代までは広大な畑でした。

●初夏以降は、この辺りはスズメバチが営巣します。私も以前、オオスズメバチに襲われました。夏秋は要注意! 猪・熊も出ます。
 
●陣場平。かなりの広さの平地があります。夏場は薮で覆われてしまいます。様子がわかるのは冬場だけ。

●ここで林道は、再び南へ。天城山へと続きます。向こう側へ下ると堂平大塚古墳。私有地の中なのでマナーを守ってください。
 
●緩やかに登ってコブを越えます

●コブのピーク。大正時代の地形図に閉じたピークが描かれた場所の近くですが。ご覧の通り山頂らしきものはありません。削ったという事実もありません。左下は大勢の兵を置いたといわれる「陣馬平(じんばだいら)」

●奥に清野氏の要害鞍骨城の支城・天城砦(てしろとりで)のあったといわれる天城山(てしろやま)のシルエットが見えます。右下は堂平。埴科古墳群のひとつ「堂平古墳群」があります。

●来た道を戻ります。ご覧の通りとてもなだらかです。
 
●陣場平で、父母が見たという標石を探しました。

●陣場平北側には、東西に長く石垣があります。古いものですが、畑の土留めに使われました。『甲陽軍鑑』の編者・小幡景憲彩色の「河中島合戰圖 」には、この辺りに上杉の陣所が描かれています。
 
●雪で見えないので諦めて下山します。おそらく測量の標高点かなにかでしょう。埋まってしまったか撤去されたかもしれません。(この標石は後に見つかりました)

●右上が陣場平。昔は桑畑でした。石垣下の斜面は切岸のようになっています。
 
●振り返って、左上が陣場平

●東風越えから陣場平を見たところ。天城山は霞んでいます
 
●ノケダン(野毛壇)を妻女山へ下ります

●天城山(694.6m)から斎場山・川中島方面、北の方向を見たところ。妻女山(戦国当時の赤坂山)は、ここからは見えないことが分かります。天城山から陣場平への尾根は、ご覧の通りカーブしています。間の中腹に堂平があります。海津城は、ずっと右手、茶臼山は左手になります。青い筋は、千曲川ですが、江戸時代後期に瀬直しで流路が大きく変わっています。戦国時代はもっと大きく蛇行し、瀬は広がっていたということです。
■「国土地理院の数値地図25000(地図画像)『松代』」をカシミール3Dにて制作。
▼妻女山(斎場山) その2へ NEXT PAGE
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2