サルギ尾根-岩石園-御岳山 その1 2007.11.25
 11月25日(日)、夏以来の山となる次男と、奥多摩のサルギ尾根へ。最初に二人でこの尾根を登ったのが4年前の2003年11月24日でした。養沢は、その10年以上前からフライフィッシングで通ったところ。いつかサルギ尾根を登りたいと思っていました。当時は、ネットで調べてもなかなか良い情報がなく、手探りで登ったものでした。


 今も登山道はありませんが、以前より踏み跡は明瞭になり、静かな山歩きの好きな人達に愛されているようです。今回は、初めて上高岩山から岩石園へ下るコースを選んでみました。鎖場、梯子場があり、急でしたが、なかなか味わいのある山道でした。
■星印
のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
養沢鍾乳洞登山口--養沢神社--大名子ノ頭(650m)--《サルギ尾根》--809m--高岩山(920m)--上高岩山展望台(990m)--春岩山(大グラミノ頭分岐1010m)--岩石園--天狗岩--蕎麦屋--武蔵御獄神社(929m)--長尾平園地--御岳沢--《林道御岳線》--養沢鍾乳洞登山口(全行程約7時間23分・休憩を含む)
●サルギ尾根は、一般の登山道ではないコースです。
2万5千分の1の地形図は必携です。

●6:50 養沢鍾乳洞入り口(養沢鍾乳洞は閉鎖)。気温は8度ぐらい。蕎麦を食べて体を温めてから出発。この下右手の植林地は、間伐が行われ大変きれいになりました。嬉しいことです。
 
●養沢神社まで戻ります。サルギ尾根が見えてきます。バスの終点の向かいの畑から登る道が、昔の大岳山への参拝登山道口だったのではないでしょうか。

●養沢神社の大きな栃の木。
 
●7:07 養沢神社へ。左の大岳沢は、大滝手前から馬頭刈尾根の間が、現在通行止めです。

●日本武尊に由来する養沢神社ですが、『龍の柩』のアラハバキ神も祀られています。そのためか狛犬ならぬ龍の石像。
 
●養沢神社の苔むした栃の木。

●登り初めは、神社右手裏の竹林の急登。
 
●がむしゃらに5分。

●登りきった植林帯の林床に、高さ50センチほどの小さなサザンカ。
 
●ヤセ尾根にとりついて登ると…

●上養沢の集落からも見えた照葉樹林。再び植林地を登ると…。

●8:00 650mの小さなピーク、大名子ノ頭で小休止。ここまではほぼ急登。

●左手の鞍部に下りて登り返します。道はきわめて明瞭。
 
●急斜面を登ってアセビのヤセ尾根を抜けると…。

●左手に高岩山、右奥に御岳山、さらに右手には日の出山。
 
●御岳山遠望。

●薄暗い林下、見上げると錦秋の輝き。
 
●笹藪を通過しながら作っていたのは笹舟

●植林帯の急斜面につけられた作業道。小滝の上辺り。
 
●炭焼きの跡。

●急登。木や岩を手がかりに。
 
●左手の岩づたいに登ります。

●小休止。

●岩のヤセ尾根に、まるであつらえたかのような窪んだ道があります。昔の大岳山詣での参拝者も、草鞋でここを登ったのでしょうか。岩は硬いチャート(火打ち石)。大洋の海底に積もったプランクトンの殻からできた、堆積物でできています。たたくと火花が散るほど硬いチャートの層は、石灰岩を所々にレンズ状に挟んでいるために、この辺りには鍾乳洞が多いのだそうです。

●あきる野、八王子方面の景色が見えます。
 
●さらに岩場をぬって登り…。

●8:47 809mの小ピーク。
 
●右前方に御岳山。

●鞍部に下って登り返します。岩のヤセ尾根が続きます。
 
●岩と杉のすき間抜け。向こう側が切れ落ちています。

●抜けられるかなと笑いながら見ています。
 
●艶のあるバイカツツジの紅葉。

●暖かい日溜まりで小休止。富士山は霞んでいます。
 
●大岩を巻いて。

●岩の上で岩茸を観察。

●高岩山に近づくと尾根が広がってきます。

●さっきより色のすすんだバイカツツジの紅葉。
 
●アブラツツジの紅葉。★アップ

●逆光に映えるアブラツツジ。
 
●松の根元にもアブラツツジの幼木。

●2センチに満たない小さなバッタを発見。★アップ
 
●ミヤマフキバッタ。後肢腿節下面の鮮やかな紅色が印象的。

●9:23 高岩山(920m)山頂。おにぎりをひとつ食べて出発。
 
●山頂のコケ

●チャートの中のガラス質の白い部分を見ています。「水晶落ちてないかな。」トレジャーハンティングに興味があるようです。

●正面上に上高岩山展望台。あそこまで登ります。

●左手に大岳山。
 
●鞍部の日溜まりでなにやら撮影中。

●深ン沢上部の開けた谷。下部には枯れ滝がいくつかあるとか。
 
●御岳山も近い。
▼サルギ尾根-岩石園-御岳山 その2へ
●ページのトップに戻る
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2