妻女山・陣馬平 2006.12.31
●「陣馬平」とは、第四次川中島合戦の折りに上杉謙信が13000の軍の本陣を置いたとされるところです。『甲陽軍鑑』の編者といわれる小幡景憲彩色の『河中島合戰圖』(狩野文庫)には、この辺りに七棟の陣小屋が描かれています。この南西下にある千人が窪(千が窪・千人窪)や堂平、謙信が寝床としたといわれる薬師山から長坂と呼ばれる斎場山までと、赤坂山までの尾根や窪地、千曲川の際までも兵を置いたと古誌には記されています。昭和23年10月22日にGHQが撮影した航空写真では、この場所は広大な桑畑になっています。現在は、薮と植林帯となっており、冬枯れの季節以外は広大な平地であることを確認することは困難です。

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2