大菩薩峠-源流探索ハイキングコース その1 2006.10.21
 10月21日(土)、夏の終わりに湿度100パーセントの中を登った大菩薩峠。紅葉の頃また来たいねと話した源流探索コース。夏以来初めて家族全員の予定が空いたので紅葉狩りへと出かけました。
 まだ眠りの中にある小菅村を抜け、車は林道小菅線へ。薄暗い林道を走ると空が広がり白糸の滝。さらに2.5キロほど走ると林道の終点に着きます。ここで朝食をとって少し下の日向沢登山口から登山開始。気温は11度。この季節にしては温かい朝でした。
 天気は高曇りで谷には霧が巻いていました。途中、栗をたらふく食べたと思われる、まだ湯気の立つ熊の糞を発見。ちょっと緊張しましたが、これだけ美味しい栗をたくさん食べたら、今頃は巣で気持ちよく爆睡しているだろうと推察。



 大菩薩峠は、老若男女で溢れていました。さながら観光地のようで、夏とのあまりの違いにちょっと戸惑ったほどでした。今回は親不知ノ頭までは登ろうということで、ちょっとした岩登りをこなして今回の最高峰へ。残念ながら富士山や南アルプスは望めませんでしたが、それなりに高度感もあって気持ちの良い時間を過ごせました。
 源流探索ハイキングコースは、静寂そのもの。時折谷筋から冷たい霧が吹き上げてきます。霧に煙る紅葉もいいものだと思いました。夏の終わりに来たときとは違って、木道がヌルヌルしていないのが幸いでした。20m以上の深い谷にかけられた木道は、足を踏み外したら大怪我間違いなしですからね。お陰で深い谷の紅葉を心ゆくまで堪能することができました。

■星印のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
林道小菅線終点--日向沢登山口--赤沢分岐--ノーメダワ分岐--古木場(フルコンバ)--荷渡し場--大菩薩峠--親不知ノ頭--大菩薩峠(介山荘)--荷渡し場--源流探索ハイキングコース--牛ノ寝通り分岐--榧ノ尾山--雄滝方面分岐--山葵田--小菅川--林道小菅線終点
●林道小菅線は、白糸の滝から先は、特に荒れていて轍(わだち)がえぐれているところもあります。最低地上高のあるsuvなら大丈夫ですが、一般車やラフな林道走行に慣れていない方は、路肩も軟弱ですし待避所も少ないので注意が必要です。白糸の滝手前に無料の大きな駐車場とトイレがあります。昼間点灯、カーブではクラクションを。現在雄滝の手前に大きな駐車場とトイレを建設中です。
■全行程:約7時間5分・休憩を含む 気温:10度-14度 標高差:約950m
二万五千分の一地形図必携。熊対策も必要です。



●7:25 朝食(最近お気に入りのエースコック鶏南蛮そば)を食べて林道小菅線終点の広場を出発。すでに2台駐車していました。気温11度。

カーブを曲がって下ると朝日を浴びた紅葉の尾根。

●7:28 日向沢大菩薩登山口。右手の斜面が崩れて工事中でした。
 
●ミズナラの大木に生えたシダが朝日を浴びて揺れています。

●7:43 15分足らずで赤沢からの登山道と合流。陽射しが思いの外暑いので上着を脱ぎました。
 
●森の中は、まだ色付き始め。

●トチノキの黄葉。
 
●時折前方をリスが大急ぎで横切っていきます。

●森のギャップから見える向かい側の尾根は霧の中。
 
●標高が上がるに連れて少しずつ色付きがよくなります。

●振り返ると秋色の古道。

●倒木に生えたコケをスーパーマクロで撮影中。こんな時は熊鈴が鳴らないので、声を出したり笛を吹きます。熊は木の上の熊棚にいることもあるので、樹上も見なければいけません。今年はブナやドングリの実なりが悪いようで、熊の出没や事故が相次いでいます。射殺されたり捕獲されて処分された熊も4000頭近くになるそうです。熊が棲めない森ばかりになってきているのでしょうか。

●8:04 長さ15センチ太さ3センチぐらいのまだしたての、たぶん熊の糞。それともテンの高糞か。栗をたくさん食べたようです。棒でつつくと栗の匂いがしました。今頃は巣で爆睡中?
 
●木の階段にクリタケ。近くには毒のニガクリタケ。

●色付き始めたハウチワカエデ。
 
●撮影に手間取って遅れたふたり。


●やっと鮮やかな紅葉。

 
●8:33 植林帯の中のノーメダワ分岐。「景相形態学」という学問があるそうです。「人を含むすべての生きもののテリトリーの構造を俯瞰で眺める視点」ということで、専門分化された研究だけでなく、相互連関を大切にしたり全体から俯瞰する研究姿勢が大切なのでしょう。


●樹皮が面白い形にむけたヤマザクラ

 
●センボンイチメガサ。そんなに美味しいキノコではありません

●ハウチワカエデが多く見られます。

●フルコンバに近づくと右手は植林帯にかわります。

●登るに連れて紅葉の色が濃くなってゆくのを感じながら…。
 
●さっきより色付きのの濃いハウチワカエデ。

●まるで屏風絵か和服の帯のような紅葉。連れは錦秋ギラギラの紅葉よりも、これぐらいの紅葉が好きだと言います。
 
●ミズナラとブナの大木が仲良く?生えている場所

●さらに霧に覆われた紅葉の谷。
 
●よく手入れのされた気持ちの良い水源林。やはり間伐された林の木は太く大きくなります。それなら最初から間を空けて植林すればいいかというと、それでは幼木が真っ直ぐ大きくならないんですね。野菜と同じように競争させてある程度大きくしてから間引いてやらなければならないわけです。

●岩を回り込んで…。
 
●この木道が見えたらフルコンバはあと5分

●9:16 霧の中のフルコンバ(古木場)。

全く眺望はないけれど小休止。おにぎりとパンを食べました。

●右下から来ました。左は丹波山・ノーメダワからの道。鈴生りのマユミがすごいと思ったら霧が晴れてきました。
 
●鈴生りのマユミの実。

●少ししなびたマユミの実。
 
●霧が晴れて向かいの大菩薩嶺の紅葉が見えてきました。少しずつ現れる錦絵に、みな歓声を上げて見入りました。

●9:27 フルコンバ出発。
 
●オレンジ色の紅葉。

●妙見ノ頭下あたり、砂がむき出しになっています。
 
●晴れていれば遠くに三頭山が望めるのですが…。

●深紅のモミジはヒナウチワカエデでしょうか。

●鮮やかなモミジは葉がやや小さいのでコハウチワカエデか。

●標高は1700mぐらい。紅葉は見頃です。
 
●谷から濃い霧が上がってきます。

●ハウチワカエデの紅葉も見頃。
 
●紅葉を愛でながらゆっくりと登ります。

●9:50 荷渡し場。フルコンバから23分。帰りは左手の巡視路に入ります。
 
●荷渡し場のすぐ上には、笹に覆われていますが、尾根通しで妙見ノ頭に向かう古道らしき跡がありました。

●いままで頭上を厚く覆っていた雲が取れて陽が出てきました。大菩薩峠では、眺望が望めるかもしれません。家族のピッチも自然と速くなります。
 
●青空。下ってきたご夫婦とすれ違いました。
▼大菩薩峠-源流探索ハイキングコース その2へ NEXT PAGE
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2