ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)・深大寺 2006.5.5
●ヒトツバタゴ(一つ葉田子)モクセイ科。学名は雪の花という意味です。白く艶やかで非常の目立つ花ですが、ナンという木かわからないのでナンジャモンジャの木とt呼んだのでしょう。「なんじゃ?」「ものじゃ」が転訛してナンジャモンジャになったともいわれています。
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003

Ads by TOK2