シラカバ 2006.5.1
●シラカバ(白樺)カバノキ科。自ら裂けて古い樹皮を捨てていきます。燃えやすいのでお盆の送り火に使われます。排気ガスによる酸性雨に弱い木ですが、伐採地に最初に生えてくる木でもあります。関東甲信越では、標高1000m前後に多く見られますが、緯度の高い北海道や北欧では平地でも見られます。

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2