奈良倉山-旧佐野峠道 その1 2006.5.1
 5月1日(月)、新緑浴をしに奈良倉山へ。今回も長作から登り、林道歩きから旧道に入り、旧佐野峠道を下りました。山は調度芽吹きの季節、ウグイスのさえずりにアオバズクの恋歌をBGMに、爽快な山歩きとなりました。



 GWですが、登山地図にも載っていないコースなので静かな山歩きが楽しめます。今年は熊の出没が多いので熊対策をして出かけました。しかし、奈良倉山の気温が28度には驚きました。
■星印
のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
小菅村入口休憩所P--長作観音堂--アスレチック展望台--四阿--十文字峠--奈良倉山(1348.9)--林道--1260峰下--佐野峠(小菅峠・旧松姫峠)--林道--林道・坪山方面分岐--坪山・西原峠分岐--七保・佐野峠分岐十字路--旧佐野峠道(1170m峰北面巻き道)--地蔵--1000m分岐--鶴川--佐野峠登山道入口--県道上野原丹波山線--御獄神社(牛飼)--小菅村入口休憩所P
■全行程:約7時間30分・休憩を含む 気温:14度-30度 標高差:約750m
■登山地図にないコースもあります。★二万五千分の一地形図必須・軍手・保護用メガネは必携です。熊対策も。
★旧佐野峠道は、鶴川が増水している場合は、渡れない可能性もあります。


●6:40 小菅村入口休憩所P出発。長作の集落に向かって県道上野原丹波山線を歩きます。前方は、鶴峠から三頭山への尾根。

●まだ眠っている長作の集落を抜けて長作観音堂へ。お堂の口伝悲話由来はこちら。建物についてはこちら

●6:50 観音堂の右手から登山道は始まります
 
●清楚な白い花が美しいマルバスミレ。

●7:00 アスレチックの上にある展望台。調度7時のチャイムが集落に流れました。左は飯尾と長作の間にある878m峰。左が大羽根峠。手前の木の右に坪山が見えます。
 
●左下にワサビ田を見ながらヤセ尾根をつめると四阿に着きます。十文字峠・奈良倉山の標識あり。ここから左上に見える尾根にとりつきます。

●次男が水滴のついたスギナを撮りました。★美しいアップ
 
●鮮やかな山吹とウグイスの声。

●山親爺の脇を抜けて植林帯を登ります。
 
●新緑の向こうに三頭山の神楽入ノ峰(1447m)の尾根。

●岩の多い急勾配の植林帯をジグザグに登ります。

●やがて気持ちの良い照葉樹林へ。

●三頭山(1531m)がハッキリと見えてきました。
 
●気温がどんどん上がってきました。今日は暑くなりそうです。

●不思議な樹皮の木が二本。思い出しました。★樹皮のアップ
 
●7:33 手入れのされていないヒノキの植林帯を抜けます。

●今まで気付かなかったのですが、右へトラバースする作業道を発見。地形図の破線の道でしょうか。いつか辿ってみましょう。
 
●ヒノキの植林帯を過ぎると道は左へ曲がり斜面をトラバースする形になります。細く倒木もあり歩きやすくはありませんが、明瞭です。

●林下に群生していたヒナスミレ。
 
●長いトラバースが続きます。アオバズクの恋歌がやさしく響いています。

●ヤブレガサ。

●7:56 作業道終点。ここから右へ尾根を直登します。

●舌をかみそうなシロバナナガバノスミレサイシン。
 
●左が自然林、右が植林帯の境を真っ直ぐ登っていきます。

●ヤブ山ですが、よく見ると踏み跡があります。目を突かないように保護用のサングラスをかけます。
 
●15分ほどで左右に伸びる作業道に出ます。左へ。この作業道を下ると途中で無くなります。詳しくは05年4月10日のルポを。

●作業道は真っ直ぐ続いていますが、すぐ右の尾根にとりつきます。
 
●この倒木が目印です。

●おそらくブナ科の実生(みしょう)
 
●気持ちの良い森を登っていきます。

●右手に奈良倉山の西にある1321m峰が見えます。

●やっとマメザクラ(フジザクラ)が咲いていました。

●淡い紅色の豆桜。花も木も小型で、オオヤマザクラ、ヤマザクラのように大きくはならないようです。
 
●8:41 わが家が白樺平と呼んでいる場所。

●青空に映える伸びやかな白樺。
 
●つい剥きたくなってしまう白樺の樹皮

●今が盛りのミツバツツジ。
 
●ミツバツツジ。

●花の中に小さな虫が…。
 
●前方に奈良倉山が見えてきました。下って十文字峠。

●タラノキに似ていますが、ハリギリです。

●8:53 十文字峠。右に小菅からの道が合流します。その昔、小菅村と大月を結んでいた古道です。左方面は、佐野峠(旧松姫峠・小菅峠)ですが、現在は廃道になっています。

●倒木の上にユキザサ。
 
●ここから少しヤブになり、踏み跡も不明瞭になりますが、ひたすら真っ直ぐに登ります。一番目を突きやすいところです。

●ナガバノスミレサイシン。
 
●9:10 松姫峠からの登山道と合流。十文字峠から15分。

●アケボノスミレ(曙菫)スミレ科。葉が出る前に花が咲きます。
 
●9:19 奈良倉山(1348.9m)頂上。秀麗富岳12景。七保側の人は、オボウ山というそうです。昔は草原状の山頂であったため、茅平の名で呼ばれていたこともあるそうです

●頂上に咲くマメザクラ。
 
●南面の展望がきく場所で休憩。富士山は見えませんでした。
▼奈良倉山-旧佐野峠道 その2へ NEXT PAGE
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2