変形菌・ススホコリ? 2006.4.1
●ススホコリの休眠体と思われます。温度や湿度、太陽光など一定の条件が整うとアメーバー状になり増殖します。植物やキノコはしっかりした細胞壁があるために形を変えて動くことはできませんが、変形体は細胞壁が無く細胞膜がむきだしのため体の形を変えることができます。体内は秒速1mmを越える原形質流動が起きており、周期的に動きや方向を変え、増殖します。変形体のエサは、主にバクテリアやカビです。変形体は雨期の終わりの晴れ間に様々な形の子実体を形成するようになります。そして小塊に分かれて胞子を飛ばします。人間の鼻の粘膜についている物質を分析すると、しばしばこの変形菌の胞子も見つかるそうです。こんなのが鼻の中で増殖したらいやですね。

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2