妻女山(赤坂山)展望台から根子岳、四阿山を望む 2006.1.1

●左が奇妙山(1099.5m)別名は、佛師嶽。一番右の大きな山塊が保基谷岳(1529m)。
手前に皆神山(642.2m)。火山運動で隆起した山ですが、、頂上の窪みは火口ではなく、川床の跡だそうです。完全に自然の生成物で、残念ながら日本のピラミッドではありません。
中央の鞍部の向こうに見える白い山は根子岳(2207m)、右にわずかに見える三角の山は、日本百名山の四阿山(2354m)。シラビソなどの森があるため黒く見えます。
手前に広がる松代の街並み。皆神山の手前には、象の鼻のようにのびる象山(475.8m)が見えます。頂上は一番右の三角のピーク。正式名称は、臥象山といい、別名、西條山、竹山、城山。
向こう側には佐久間象山(さくまぞうざん)を奉った象山(ぞうざん)神社があり、様々な志士と密談を交わしたという高義亭、記念館があります。
また、象山の山腹には太平洋戦争の遺跡・地下壕があり、無料で公開されています。小さな街ですので歩かれることをお勧めします
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003

Ads by TOK2