鶴岡八幡宮の大銀杏 2005.12.11

●静御前の舞殿と大銀杏。いずれにも鎌倉時代の盛衰のドラマがあります。
 静御前は鎌倉軍によって捕らえられ鎌倉に連行されました。政子が舞の名人である静に舞を所望したので八幡宮の回廊で披露しました。静御前は、「吉野山、みねの白雪ふみ分けて、いりにし人のあとそ恋しき」と歌い、頼朝の逆鱗に触れます。そして、それを政子が宥めたという逸話は有名です。
 現在の鶴岡八幡宮の建物は若宮社殿が寛永3年頃(1626年頃)に改修されたものです。上宮の建物は文政4年(1821)正月に火災に見舞われ、後に再建されたものがほとんどのようです。
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003

Ads by TOK2