鶴岡八幡宮の大銀杏 2005.12.11

●大銀杏 1219(承久元)年、公曉が実朝を暗殺したとき身を潜ませていたという隠れ銀杏。樹齢1000年を越えるといわれていますが、植物学的にみると、せいぜい400年ぐらいだということです。つまり、最低一度は植え替えられているということです。樹高30.5mとありますが。台風で折れないようにか、あちこちが切られてしまっています。石段にイチョウの落ち葉が一枚もないってすごいでしょう。きれいに掃いているんですね。そうか、落ち葉の掃除が大変だから剪定するんですかね。自然の生業ですから、そのままにしておいてもいいような気がしますが。落ち葉で滑って怪我をする参拝客がいるんでしょうかね。ちょっと痛々しい光景です。そういえば、伝承樹齢900年の荏柄(えがら)天神社の大銀杏はこんなに剪定されていませんでしたね。
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003

Ads by TOK2