野川公園自然観察園-深大寺 2005.3.27
 3月27日(日)、前日はついに花粉でダウン。山は諦めて花が咲き始めているだろうと野川公園自然観察園へ。帰りに深大寺、深大寺城跡、神代水生植物園へ温かな陽に誘われてたくさんの人出でしたが、やはり花粉も大量に飛んでいました。50〜70年代に国策で大量に植えられた杉は、安い外材や和室の減少などで、今や30年ものの木が1本たったの1000円。切れば赤字なのでほったらかし。


枝打ちや間伐もされていません。そして日本の山林は荒廃していくばかり、今や風が吹けば医者とドラッグストアーが儲かる事態になっています。木材をガードレールに使うとか、自然林に戻すとかを全国レベルで一斉にやらないと、無駄な医療費がかさむばかりです。それにしても痒い、やっと花の季節になったというのにだるい毎日です。

■今回のコース
野川自然観察園--深大寺--深大寺城跡--神代水生植物園



●10:30 東南の空に不思議なすじ雲が。南に飛行機雲がありましたが、はっきりと違いが分かりました。地震雲でしょうか。この雲は午後にも夕方にも見られました。何もなければいいのですが。この後4月初めに千葉で震度5強の大きな地震がありました。
 
●自転車で野川公園自然観察園へ。地震雲は科学的根拠が無いと気象庁は言ってますが、FM電波の研究をしてる人もいるし、野生動物は低周波をいち早く察知して逃げるとか、もっと研究が進むといいですね。


●今見られる植物。クリックで拡大。

 


●ボードウォークの下を覗き込んで、なにか虫がいたかな。


●ヒメオドリコソウ。クリックでアップが拡大。花の説明も。以下同様です。
 


●ムラサキケマン。クリックでアップが拡大。


●シュンラン。クリックで拡大。

 
●フクジュソウ。クリックで別カットが拡大。


●ユキワリソウ。クリックでアップが拡大。

 


●キクザキイチゲ。クリックでアップが拡大。


●木道から腕を思い切り伸ばして撮影したミツマタ。


●カタクリは数輪咲いていました

●フキ(蕗)キク科。蕗味噌を食べないと春が来た気がしない私です。
 


●キジムシロ。クリックで別カットが拡大。


●スミレも咲き始めました。

 
●タネツケバナ。クリックで拡大。

●シロバナタンポポ。クリックでアップが拡大。
 


●マンサク。クリックで拡大。


●サンシュユ(山茱萸)ミズキ科。遠くからだとダンコウバイやアブラチャンなどと区別がつきませんが、近づいて花を見ると分かります。別名、ハルコガネバナ(春黄金花)、アキサンゴ(秋珊瑚)。

 
●野川沿いの柳も緑になってきました。この時は知らずに行かなかったのですが、この先の武蔵野公園では、早咲きの桜が満開でした。小さな子供たちが水遊びをしていました。


●4月になるとジュウニヒトエ・ムラサキサギゴケなどが咲きます。詳しくは2004年4月18日のルポをご覧ください。

 


●トイレを借りにセンターへ。水槽に沈められた菜の花に螢の幼虫の餌になる川蜷(カワニナ)がしがみついていました。


●さて野川を下って深大寺へ行こう。
 


●深大寺。新撰組ブームは去ったけれど、花の季節で大賑わい。


●名物の「鬼太郎茶屋」。シトロエンぽい車も塗り壁がマスコット。

 
●やはりメインは鬼太郎。

●鎌倉時代の山門を抜けて。
 
●去年は新撰組ブームでお参りもできませんでした。

●家内安全商売繁盛世界平和。
 


●5月に白いきれいな花を咲かせるなんじゃもんじゃの木(ヒトツバタゴ)。


●その脇に高浜虚子の像と句碑があります。
「遠山に 日の当たりたる 枯野かな」
明治33年11月25日 虚子庵例会出の作品、当時26歳。

 
●花より俳句より団子。蕎麦団子、醤油、ゴマだれともに100円。

●お腹も一杯で静かな深大寺城跡へ。エノキの新緑も間近です。
クリックで深大寺城の歴史が分かります。
 


●トリテリア。というよりハナニラといった方が通りがいいかも。


●城跡の斜面に咲くアセビ

 
●アセビ。クリックで拡大。

●枝と萼?が緑のものもあります。根元を見ると別の木でした。
 
●深大寺城跡から下って神代植物園へ。笹の葉で工作。

●ユキヤナギ(雪柳)バラ科。
 


●カタクリ。クリックでアップが拡大。


●次男が作ったやけに小さな笹舟。

 


 

●去年の春が異常に早かったので、遅いと感じる今年ですが、平年並みなんですね。地球温暖化は、暑くなるばかりでなく、この冬のように局地的には寒くなったり、去年の夏のように台風が大発生したりとドラスティックな気象になるのだとか。それが大地震を誘発する要因にもなるとか恐い話ばかりです。今日見た変な雲が地震雲でないといいのですが…。

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2