石老山 その1 2005.3.13
 3月13日(日)、やっと山に行けると思ったら憂鬱な花粉シーズン到来。そこで花粉の飛ばない午前中に下りてこられる山で、花粉が飛ばなそうな北面を登れる山と考えて、久しぶりに石老山にしました。顕鏡寺から、一部東海自然歩道を通って、グルッと一周するコースです。


 もくろみは半分当たって半分はずれ。南面の花粉は、もう飛散した後のようで、北面で大量飛散が起きました。午前中に下りてきたのは大正解。午後登った方はひどい目にあったはずです。パノラマビューは楽しめましたが、花が無いのが残念でした。

■今回のコース
相模湖病院駐車場--関山林道(東海自然歩道)--相模湖休養村キャンプ場--登山口--大明神展望台(550m位)--大明神山(551m)--コブ5個--石老山(694.3m)700m--高塚山方面(656m)--石老山--融合平見晴台(570m)--顕鏡寺--相模湖病院駐車場
■全行程:約5時間・休憩を含む 気温:1度-6度 標高差:約450m
■東海自然歩道
1969年に厚生省が構想したグリーンベルトで、完成は1974年9月。東京の「明治の森高尾国定公園」から大阪の「明治の森箕面国定公園」を結ぶ、総延長約1,697.2Kmの自然豊かなコース。


●7:00 相模湖病院の参拝者・登山者用駐車場を出発。石老山表参道入口の看板があります。普通はここから顕鏡寺に向かうのですが、私たちは東海自然歩道を下ります。
 
●川に沿って下りていきます。白梅が咲いていますが、気温は1度。寒い朝です。

●下って右へ橋を渡る手前を左折します。
 
●ねん坂・嵐山 東海自然歩道の標識があります。

●嵐山と石老山入口方面。まだ冬の景色。
 
●すぐに関山林道入口。ゲートを越えて入ります。

●切り通しの道を歩きます。
 
●白梅が寒そうに咲いていました。

●尾根の先を3回ほど回ります。ピクニックランドの観覧車。
 
●今はもう使われなくなった高圧鉄塔。

●芽吹き始めたばかり。そういえば5月下旬に歩いたときはエゴノキの白い花が満開できれいでした。

●何本かねん坂方面へ下りる作業道があります

●7:20 林道から右へ直角に下りていきます。
 
●笹藪の向こうには花粉をたっぷりつけた杉林。

●この辺り、初夏にはけっこう藪になります。何かを覗いたり。
 
●何かをつついたり。啓蟄を過ぎたのに虫がいない。

●営業前のピクニックランドから、業務連絡のアナウンスが聞こえます。その向こうに小仏城山。クリックで拡大。
 
●7:30 コロッケパンで朝食。

●すぐに出発。初夏に歩いたとき、ここは藪のトンネルでした。
 
●指示通り右へ下ると舗装路に出ます。ここを左へ行きます。真っ直ぐ行くとねん坂です。

●梅林の脇に古い標識がありました。
 
●桜は満開が、梅は蕾や開き初めがいいですね。

●住宅街に出て一度登り返したら、この角を左へ。近道です。
 
●道なりに進んで、畑の角を右に曲がると、ピクニックランド前から篠原への広い道に出ます。ここを左へ。

●道なりに山の方へ進みます
 
●7:52 相模湖休養村キャンプ場。中を通っていきます。

●キャンプ場を抜けると、右上にトイレがあります。
 
●8:00 渓流沿いに100mほどで登山口。

●谷には春の日差しが。でも気温は2度ぐらい。
 
●礫(れき)岩の間を登っていきます。

●数mから、大きいものは10mぐらいの巨岩がゴロゴロ。
 
●春を待つ石老山の苔。クリックで別カットが拡大。
●このコース、上から下りてくる分にはいいのですが、下から登っていくと、どっちへ行っていいか迷うところが2カ所ぐらいありますが、注意深く見れば分かります。

●こちらはもっと活き活きしています。
 
●朝日が眩しい。

●沢のどん詰まりをまわり、明るい尾根筋に出ると大明神展望台はもうすぐです。
 
●赤松が見えてくれば本当にもうすぐ。

●日当たりのいいところでは、新芽も出ています。何の木でしょうね。ハナイカダやタラノキ、コシアブラなど、食べられるものならすぐに分かるんですけどね。
 
●アップにするとこんなです。

8:32 大明神展望台。この青空。先客がひとりいました。
山座同定その1
 
●やっぱり富士山。早く来てよかった。クリックで拡大。306k

●右へ目を振ると小金沢連嶺。クリックで拡大。408k
 
さらに右へ三頭山と雲取山。クリックで拡大。612k
▼石老山 その2へ NEXT PAGE
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2