熊倉山-三国山・陣馬山 その1 2004.10.16
 10月16日(土)、次男と熊倉山、三国山あたりを歩きました。キノコ狩りが目的です。ただこの辺りの山は。斜面が急で保水力が無く乾きがちで、キノコは少ないのが特徴です。どちらかといえば、キノコ狩りには向いていない山といえるでしょう。

 しかし、今回は連れが小さな次男ひとりだし、後の予定もあり、あまり遠出はできないということで、馴染みの山に行ってみることになりました。この秋は雨が異常に多かったので、普段キノコの少ない山でもなにか出ているかもしれません

■今回のコース
軍刀利神社--三国峠分岐--生藤山--茅丸方面--三国峠--軍刀利山--熊倉山--軍刀利神社・・・・県立陣馬相模湖自然センター--陣馬山--県立陣馬相模湖自然センター
■(全行程約7時間30分・休憩を含む) 気温:10度-15度



●6:30 軍刀利神社を出発。気温は10度で肌寒いほど。天気予報では晴れるようなことをいっていたけれど、高層雲が厚く覆っていて朝陽はおがめません。軍刀利神社の裏手にあるセキヤノアキチョウジの群生。
 
●この距離でも大桂の甘い香りが漂っていました。


●斜面に咲くシロヨメナ。

 


●振り返れば富士山。クリックで縦位置カットが拡大。


●奥の院上の沢はかなりの水量で橋の上にまで水が。
 


●樹間から見る元社のある軍刀利山。


●今日は女坂ではなく、三国山へ向かいます。

 
●谷の倒木の陰にクリタケ。しかし傷んでいました。隣には猛毒のニガクリタケもありました。

●7:27 尾根に出ました。こんなに朝早いと猿や猪がいるかもしれません。
 
●森に入って急斜面の藪でクリタケ発見。これはいいものです。今年は雨が多いのでヒキガエルが多く、それを狙ってヘビも多いです。


●三国山と生藤山への巻き道分岐。ここは巻き道へ。


少しずつ秋めいています。先月、大きなシマヘビに出合った所。

●8:00 三国山で休憩。東には陣馬山が見えます。よく目を凝らすと東京湾もうっすらと見えます。
 


●西側の遠望。高層雲に覆われて透明水彩画のような幻想的な景色でした。クリックで拡大パノラマ写真。204k。


●ここで朝食。まだ誰も登ってきません。

 
●8:30 元社のある軍刀利山。霞む富士山。

●遠く眼下に見える談合坂SEは満車でした。高速も渋滞。
 


●ここで、日本武尊が見たであろう風景を眺めながら2回目の朝食。


●10月19日には秋祭りが行われるので、草がきれいに刈り取られていました。

 
●軍刀利神社の由来を記した石碑。クリックで拡大。石碑の文章が読めます。


●熊倉山へ。道すがら、10日から11日にかけて行われた山岳レースの案内イルミネーションが、まだ回収されずにいくつも点滅していました。今年は台風の後で登山道が濡れて大変だったでしょうね。

 


●山桜は色づいています。


●森は湿っているけれどなんにも無い。
 


●やはりキノコ狩りには向かない山だね。ちょっと諦めムード…


●それでも丹念に探索します

 
●獣の大きな糞が二つ。この辺りは月の輪熊はいないだろうから、猪のものでしょう。栗やドングリを食べたようです。でも陣馬山の北側には熊が出没したことがあります。浅間尾根を越えて来るのでしょう。

●この辺り、紅葉は11月に入ってから。
 


●傘の直径が20センチ以上ある大きなキノコ。


●それでも見上げると少しずつ黄葉は始まっていました。

 
●9:20 熊倉山。相変わらず高層雲が覆っています。気温もあまり上がりません。

●三国山が見えます。「まだ誰もいないよ」クリックで拡大。
 
●そこから右の景色。

●さらに右には富士山。
 
●色づく葉と霞む富士山。

●山頂の木に誰が吊したかわらじが。「わらぞうりは総合学習で作ったことがある。畳の上を歩いているみたいだった」「へえー」以前東連行山にもありました。
 
●なかなか風流なことをする方がいるものです。丹沢山塊の眺め。雲に不思議な筋が入っていました。クリックで拡大。

●山頂の草むら。
 
●少しずつ秋の気配。クリックで拡大。

●3回目の朝食を食べました。
 
●笹竹を拾って。昔はバッタ釣りもよくしました。

●林下に咲くサラシナショウマ。クリックで花のアップ。キノコ狩りというと花よりキノコで、どうも写真がおざなりになります。
 
●笹尾根をさらに進んで広葉樹林を探索しましたが、何もありませんでした。やはりキノコ狩りには向いていない山かな。戻ります。

●「もうキノコはいいよ。けんちん汁が食べたい」ということで、山を下りて陣馬山に行くことにしました。
 
●近道の女坂を下ります。

●女坂は木につかまらないといけないところがあったり…。
 
●結構急斜面に作られています。


●下りは駆け足で下りました。登山道は前回来たときよりも猪の掘り返した跡がたくさんありました

 
●強く香る奥の院の大桂。
熊倉山-三国・陣馬山 その2へ NEXT
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2