鶴寝山の大ブナ 2004.10.2

●3枚の写真を無理矢理つないでみました。踊っているような枝振りから、わが家ではタコブナと呼んでいます。普通の木は表皮から10%ぐらいしか水を通さないけれど、ブナは木の中まで水を吸い上げることが出来るときいたことがあります。それだけ保水力があるわけです。例えば、樹齢200年のブナには、約8トンの保水力があるそうです。そのため水分が多く、樹脂が少なく腐りやすいのです。建材としては狂いやすく不向きといわれてきましたが、ちゃんと時間をかけて乾かせば堅牢な建材になるそうです。私の生家の縁側はブナでできていました。ブナは花が咲くまでに50年、実がなるまでに80年かかるそうです。この山にもっとブナが増えるといいなあと思います。この山には、その他に、ミズナラ、トチノキ、イヌブナ、クリ、ミズメ、ハリギリ、ホウノキ、ハウチワカエデ、マンサク、サワフタギなどが見られます。
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003

Ads by TOK2