熊倉山-三国山-茅丸-連行峰-生藤山 その2 2004.9.19


●熊倉山(966m)頂上の標識。左、浅間峠2.2km・上川乗バス停4.7km、右、三国山1.1km・生藤山1.3kmです。

 


●急な山の斜面を歩いたので、靴にゴミが入ったり手袋に栗のイガがささったり。3回目の朝食で、15分休憩。


●頂上から見た三国山と生藤山。三国山には登山者が見えました。

 
●頂上のハギの花はもうそろそろ終わり。

●コアオハナムグリかな。手前が頭なんですが、花の中に思いっきり曲げて吸蜜しているので見えません。
 


●9:38 出発。丹沢山塊も雲が晴れて見えてきましたがもやっています。


●シロヨメナ(白嫁菜)キク科。

 
●アキノキリンソウ(秋の麒麟草)キク科。

●熊倉山から先の鞍部まで下ってみました。大きな広葉樹。
 
●コナラかなと思いましたが、葉を見ると葉の柄が無いのでミズナラでしょうか。とっても風格のある古木です。

●根元には道祖神が奉られていました。
 
●熊倉山に戻ります。


●帰りは普通の登山道。

 
●これはタムラソウかな葉を見忘れました。

●元社へは、ひとつピークを越えなければなりません。気温が上がってきました。
 
●標識にいた座頭虫。ついにその顔面の撮影に成功! クリックで拡大。

●10:15 元社通過。
 


●ススキの急斜面を降りていきます。


●ミドリヒョウモン。クリックで拡大。

 
●この後、ユラユラと森の中へ飛んでいきました。


●藪の中に隠れてタマゴタケ。いつもと出る時期が違います。ベニテングタケは、強い雨にあうと白いイボが取れてタマゴタケにみえる時があります。また、色が薄いタマゴタケは、猛毒のタマゴタケモドキに似ています。間違えたら致命的です。ご注意を。

 
●女坂の分岐に戻りました。ここから登り返します。この辺りの両側は深い笹藪です。メグスリノキやエンコウカエデもあります。ここでも猿の群に出合ったことがあります。


●葉にペタッとくっついて死んでいるのかと思いました。クリックで拡大。

 
●10:40 三国山へ到着。4回目の朝食。ご夫婦の登山者が登ってきて色々話をしました。心地よい風が吹き抜けます。


●三国山からの眺望。クリックで拡大パノラマ写真。

 
●山頂の標識と防火用水のドラム缶とバケツです。

●左の連行峰と右奥の陣馬山。間に小仏城山が見えます。もう少し右へずれると高尾山も見えます。
 


●20分休憩で出発。三国山の巻き道と合流。


●生藤山はすぐ隣です。行きは左の巻き道へ。
 
●巻き道で大きなシマヘビにあいました。縁起がいいかな。

●茅丸への途中で、北面の巻き道に入ります。この辺りの山に巻き道がやたらと多いのは、登山者のためではなく、昔から生活の道として盛んに利用されてきたからでしょう。市道山の北にヨメトリ坂という尾根があるのも昔を偲ばせる地名なのでしょうね。
 
●ちょっとザレ場があって道はとぎれますが、たいしたことなく進めます。猪が大きくダイブした跡がありました。

●見上げるとそこに正規の登山道があります。
 
●急斜面に斜めの細い道がついています。

●巻き道に入ってからゆっくり15分ぐらいでこんな広場に出ます。ちょうど茅丸の北の尾根を下ったところです。写真向こう側に降りていくと猿の群が棲む矢沢林道に出ます。茅丸は右へ登ります。
 
●11:40 後ろの藪の中から突然ガサゴソとふたりの子供が登ってきたので、頂上にいたグループはビックリしたようです。

●茅丸ではおやつを食べて出発。なだらかな尾根道は、風も通って快適ですが、気温が少しずつ上がってきました。
 


●連行峰下の廃道とある北面巻き道を行きます。ひとつ谷を越したところで直登です。谷の先には確かスズメバチの巣があるからです。


●12:05 連行峰に出ました。後ろの尾根をさぐって出発。
 
●12:15 見晴らしの良い東連行山。クリックで拡大。

●オヤマボクチ(雄山火口)キク科。葉の裏にある綿毛を火口に使ったとか。根はヤマゴボウとして食用になります。
 
●中央に石老山。左奥に仏果山。

●満開直前のタムラソウ。クリックで拡大。
 
●連行峰に戻ります。

●これはなんでしょう。
 


●寄生植物のアキノギンリョウソウ( 秋の銀竜草)イチヤクソウ科、別名ギンリョウソウモドキ。秋に咲くので初夏のギンリョウソウと区別できます。上向きの花はもう結実しているようです。乾くと全体が茶色になります。


●これは美しいキノコ。クリックで拡大。
 
●帰りは茅丸の南面の巻き道を行きます。
熊倉山-三国山-茅丸-連行峰-生藤山 その3へ NEXT
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2