三国山-茅丸-醍醐丸-陣馬山 その2 2004.3.28

●道らしきものは無いに等しい。狭く斜めで歩きにくい。

●深い谷。地図で確認すると、谷底までは150mはありそうです。

●樹間から連行峰が見えました。
 
●小さな沢を渡る丸木橋。これが腐っていてこわい。

●沢の上部。倒木などで荒れ放題。
 
●二つ連続の丸木橋。慎重に渡ります。

●下を見るとこんな。足を滑らせたら大変だ。
 
●倒木をくぐって、または乗り越えて。小鳥がたくさん鳴いていました。

●9:04 朝食を食べた茶畑から1時間もかかって、やっとこさ連行沢の林道に出ました。標高は150m上がっただけ。
 
●沢を渡ります。

林道を見下ろしたところ。小さな社がありました。この林道を歩いてきたほうがずっと早かったでしょうね

林道を登ります。普通の登山道を行っていたら、もう甘草水に着いている頃ですね。林道はこの先ですぐに無くなります。

林道が切れたら沢の中を詰めます
 
●わりとすぐに左へのとりつきがありました。地図通りです。ここからは急斜面をジグザグに急登します。小さな木やバラがあって難儀しました。初夏になったら鎌でも持ってこないと登れないでしょう。

●地図では170mほどの急登となります。さっきの谷は、はるか下になりました。道が平らになったところで左に進みます。そして地図では、200mぐらい進んだところで右上に急登して甘草水の少し下に出るはずなのですが、その上に行く道が見つかりませんでした。結局道なりに、そのまままっすぐに進みましたが、見落としたのかもしれません。
 
●戻って道を探したりして時間がつぶれました。

●連行峰の高さに少しは近づいていたんですね。標高750mぐらいの所にいるようです。杉林でほとんど眺望はありません。暗い谷をまわり、大雨でえぐれた土の沢を飛び越えて…。最近誰かが歩いた足跡は全くありません。もっともこんな所で誰かに出くわした方がビックリしますが。
 
●笹藪に消えた道をたどります。足跡がありました。だれかこの先の登山道から迷い込んで引き返したのでしょうか。

●10:05 連行沢のどん詰まりから1時間でやっと登山道に出ました。角に小さなお地蔵さんがあります。どうやら768mの少し下、軍刀利神社分社のすぐ上に出たようです。でも見覚えが無い、変だと思ったら、数メートル先にショートカットの道がありました。いつもそっちを通っていたので見覚えがなかったんですね。
 
●登山道はなんて歩きやすいんだろうとしみじみ思いました。

●しばらくして上岩(石楯尾神社)への分岐。10:19甘草水通過。ハイカーのグループを2組追い越しました。

●10:35 三国山に到着。気温11度。

●熊倉山。クリックで拡大。
 
●北面の軍刀利沢を覗くと、先週末の雪が残っていました。

●三国山山頂。ここで手作りのメンチカツサンドを食べました。
 
●扇山、雨降山、権現山。クリックで拡大。

●13分休憩で出発。きこり道で遅くなったので生藤山は巻くことにしました。北面の巻き道にはこんなに雪が。

●30センチ以上吹きだまっているところもありました。後で聞いたら陣馬山は40センチの積雪だったそうです。

●グチャグチャではないので歩きにくくはありません。
 
●ここから木で塞いである道に下りていきます。茅丸の裏道です。

●ここも雪が。
 
●斜面にわずかに道がついていますが、さっきのきこり道よりずっと緩いので怖くはありません。

●あと一ヶ月もすると新緑で埋まるでしょう。
 
●茅丸の頂上下で西向きの斜面になると、雪は消えています。

●11:04 茅丸への尾根に出ました。向こう側には矢沢林道へ下る道が続いています。わが家はここを右へ登ります。リョウブやコナラの林を登っていきます。
 
●所々に赤いテープが巻いてあります。

●11:11 茅丸。三国山から23分。無線をやっている人がいました。山の中であんなことしゃべって楽しいのかなと子供たち。まっ人の趣味はそれぞれだからね。人に迷惑をかけなければいいんじゃない。

●連行峰への気持ちのいい尾根。突然長男が左右に大きく揺れたと思ったら一回転して倒れました。次男と私はビックリ。ほどけた靴ひもを自分で踏んでひっくり返ったのです。大馬鹿者。

●日差しが暖かい尾根道。無線交信で五月蠅かった茅丸の頂上と違って静かです。
 
●去年の秋より細くなっていますね。猪が虫を探してほじくり返したようです。この分だと倒れるのもそう遠くないでしょう。

●連行峰手前の広々とした雑木林。芽吹きのころもきれいです。
 
●連行峰への登り。

●11:34 連行山に到着。クリックで拡大。
何組かの登山者がいてベンチもいっぱいだったので東連行山へ。大岳山は、去年の梅雨に登りましたが、眺望が全く無かったので、今度は天気のいい日に登りたいですね。
 
▼三国山-陣馬山、その3へ
●ページのトップに戻る
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2