三国山-茅丸-醍醐丸-陣馬山 その1 2004.3.28
 3月28日(日)、急に暖かくなった日曜日、小学校の卒業式とサッカークラブの追い出し会を終えた長男と、ギャングエイジの次男を連れて、わが家お馴染みの神奈川県藤野町の和田へ向かいました。
            
 和田の自然公園センターから鎌沢、三国山、連行峰、醍醐丸、陣馬山と、わが家にはお馴染みのコースです。今回は、登山地図に無い25000分の1の地図にある点線の道をたどってみようと計画。地形図閲覧サービスからプリントアウトしたものを持参。出発しました。
 今回のコースは、迷いやすく道も不明瞭です。くれぐれも参考にしないでください。


 後で清水茶屋のおばさんに聞くと、昔の「きこり道」だとか。標識もほとんど無く、分岐もあり、またほとんど人が通った形跡もなく荒れ放題のところもありと、難儀なコースではありましたが、ヨゴレネコノメの群生地を見つけたり、人が来ないからか鳥がたくさん鳴いていて、それなりに楽しめました。
            
 でも、和田から甘草水まで3時間もかかってしまいました。もう一度と言われたら、もういいですというのも正直な感想です。でも、途中の山桜や檀香梅が心をなごませてくれました。また、清水茶屋のおばさんやセンターのおばさんの話しも楽しく、有意義な一日でした。

今回のコース
陣馬相模湖自然公園センター--鎌沢(熊野神社)--きこり道--連行沢林道--きこり道--768ピーク下の登山道--甘草水--三国山--生藤山巻き道--茅丸裏道--茅丸--山の神--大ゾウリ山--醍醐丸--和田峠--陣馬山--一の尾根--和田への分岐--和田--センター(休憩を入れて約8時間20分)
きこり道は、分岐もたくさんあり標識もありません。2万5千分の1の地図は必携です。行かれる方は準備万全自己責任で。


●7:10 和田の県立陣馬相模湖自然センターを出発。気温は3度、最高気温は18度位になりそうです。
 
●センターを出て川上へ。八坂神社前の橋を渡ります。見上げると咲いている山桜もありましたが、神社の桜はまだですね。

●渓流の土手に咲く白梅。
 
●栃谷沢。去年の10月に長男とこの尾根をよじ登りました。この尾根に1万段の階段を作る計画があるそうですが…。

●日当たりの良い斜面に咲く白梅。クリックで拡大します。
 
●和田から鎌沢への道。右は急峻な崖。

●沢井川への斜面はお茶畑。
 
●一面の菜の花。今年も見事に咲いていました。すごい香りだそうですが、花粉症で鼻づまりの私は…。

●鎌沢への橋から見える箱庭のような風景は次男のお気に入り。
 
●猿よけのネットで囲まれた畑を過ぎると県立鎌沢駐車場。ここに車を止めて登る人も多い。無料です。正面には、茅丸や連行峰が見えます。

●登山道はここで左に登ります。真っ直ぐ行くと林道が連行沢のどん詰まりまで通っています

●7:40 集落の中の舗装路をジグザグに登って右上を見ると、熊野神社の鳥居が見えます。

●古い樫の木の古木が7本あります。

●樹齢500年だとか。クリックで拡大。

●熊野神社。中には三つの社があり、熊野神社、御嶽神社、八坂神社(祇園)がまつられています。鎌倉時代後期の創建といわれています。津久井の銘木樫の群生の看板熊野神社の説明の看板
 
●この木が一番古いのでしょうか。登山道はこの木の横を通っています。クリックで拡大。

●左下には登里へ向かう舗装路が。すぐに尾根にある茶畑に出ます。
 
●ヤブカンゾウ。美味しい山菜です。さっとゆでてぬたに。ユリ科。有史以前に中国から入ってきたといわれています。つぼみを乾燥したものを「金針菜」といい、美味しい中華食材です。

●開けて目指す連行峰が見えました。
 
●7:50 少し登ると三国平キャンプ場。水場がありました。

●キャンプ場を抜けてまっすぐ登ると分岐。左は茶畑、右は杉林の中に続く道。お腹がすいたというのでここで朝食。10分ちょっと休憩です。
 
●気温はなんと15度。さっきまで3度だったのに。

●自家製のハム卵サンドにかぶりつきます。

●ふと見上げると、最終目的地、陣馬山が霞んでいました。

●後ろの斜面にはタチツボスミレがたくさん咲いていました。
 
●8:05 さっきの分岐を杉林に入ります。

●しばらく歩いてからジグザグに急登します。地図を見ると150mぐらい登るようです。
 
●いやーっ、きつい。長男が地図を見て、現在我々がいる場所の確認をしています。

●最後のジグザグを登ると陣馬山が見えました。グルーッとまわってあそこまで行くんです。ここから先は等高線にそって連行沢のどん詰まりまで平らに歩く道のはず。
 
●あれっ!標識がある。これは以外です。しかし、文字の並びが変。結局、標識はここだけでした。いつ、だれが作ったのでしょう。これでは余計に迷ってしまいそうです。

●炭焼きの跡。この先10箇所ぐらいあったでしょうか。
 
●切り株。

●フサザクラでしょうか無造作に切り捨てられていました。
 
●ヨゴレネコノメの群生。

●ヨゴレなんてかわいそうな名前ですが、なかなか可愛い花です。クリックで拡大します。

●湿った林下に生えるようですが、人が通らないせいか、道の真ん中にもたくさん咲いていました。

●猪が出ないといいな。
この辺りの山は、冬場はハンターが入るので、目立つ服装と鈴など音が出るものを身につけておくことが大事です。また、冬場でなくても害獣駆除のハンターが入ることがあるので、注意が必要です。
 
●面白い枯れ木。覚えておくと目印になります。

●木が伐採されている尾根に出ました。
 
●ここにも炭焼きの跡が。

●振り返ると佐野川の尾根が見えました。
 
●下の尾根から道がきています。ここで地図を広げ位置を確認。二人で等高線の膨らみから位置を確定したようです。

●連行沢から登ってくるもうひとつの尾根です。この尾根を標高差で170mほど直登すると、甘草水の下に出そうですが、協議の上、今回は「きこり道」を行くことにしました。
 
●道が良かったのはここまででした。この後が大変でした。
▼三国山-陣馬山、その2へ
●ページのトップに戻る
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003


 
Ads by TOK2