小坪-大崎-葉山-一色海岸 その1 2004.3.14
 山も良いのですが、春の海に行きたいということで、湘南の小坪漁港鮮魚を買いに行くことにしました。ついでに以前から気になっていた、小坪の裏にそびえる大崎にも登ってみよう。そして、ついでに葉山にできた神奈川県立近代美術館に寄り、砂浜でサンドグラスを拾いたい。

 まず、鎌倉を抜けて裏道を小坪漁港に向かいました。逗子マリーナに隣接するこの港は、小さいのですが地物の新鮮な魚が買えます。そして地図があっても難しい大崎への小道を登りました。大崎の上には公園があり、江ノ島、鎌倉、逗子、葉山とすばらしい眺望が楽しめました。

■今回のコース
逗子マリーナ駐車場--小坪漁港--鮮魚「谷亀」--登山口--披露山庭園住宅--大崎公園--小坪漁港--駐車場・・・神奈川県立近代美術館--一色海岸



●映画やドラマのロケによく使われる逗子マリーナの駐車場に車を入れて出発。ボードウォークを歩いて漁港へ。
 
●漁港ではワカメを干していました。ワカメの良い香りがします。

●鮮魚「谷亀」へ。日曜日は10半時頃にお魚が並んで買えるようになります。何を買うかぱっぱと決めておかないと、気の短い小坪っこのおばさんが売ってるのでまごまごしてると怒られます(笑)
 
●天候不順だといいものがありませんが、今日は地物のいい魚介類がありそうです。近隣の街から車でたくさん買いに来ます。店に駐車場はありません。

●本日のおすすめは鯖。お刺身でいけそうです。湘南名物しらす漁もこれからが本番です。生でよし、かき揚げでよし、新鮮で旨い。
 
●大崎です。クリックで拡大。パノラマの展望が楽しみです。ただ行き方が難しい。迷わずたどり着けるでしょうか。

●「ちず丸」で調べてプリントアウトしてきました。次男がナビゲーターです。山で迷った経験があるのですが任せることにしました。
 
●根岸酒店の向こう側の小路を入るようです

●山と海に挟まれた漁港の集落はどこもこんなですね。尾道もそうですが、宅配業者や郵便屋さんは大変です。まっすぐ行って突き当たりを右だとナビが言ってます。
 
●右に曲がるとすぐ行き止まり。民宿「紋次郎」の看板どおりに左へ登ります

狭い階段です。登った先の左に民宿「紋次郎」があります。そこを右へ登ります

すると突然右側の眺望が開けます

●まだそんなに高くはありませんが小坪漁港と逗子マリーナが眼下に見えました。
 
●絶壁につけられた階段をジグザグに登っていきます。

●けっこう高くなってきました。この辺りの人は泥酔して家に帰れないですね。転落します。
 
●湘南の海が広がります。クリックで拡大します。

●大崎まで登れば鎌倉も見えるでしょうか。大崎はもうすぐのはず。ところがここから迷いました。登りきると住宅街。小道を右に曲がりながら行くと分岐。Z字に折れて登っていくと。
 
●有名な芸能人が住んでいる高級住宅街、披露山庭園住宅です。右に曲がって大崎公園へ。

●ここで初めて大崎公園の案内がありました。高級住宅の間を登っていくと。
 
大崎公園の石碑がありました。迷わなければ、ここまで10分足らずです。

●すぐ右下には畑があります。ヤブツバキが満開でした。

●やはり満開のユリオプスデージー。クリックで拡大します。

●江ノ島が見えました。クリックで湘南の海の大パノラマ写真がご覧いただけます。重いです。
 
●すぐ下にも畑があるようです。クリックで拡大。

●公園の下は急斜面と絶壁です。くれぐれも柵の外に出ないように。
 
●加山雄三かサザンオールスターズかユーミンか、世代によって口ずさむ歌も様々。

●ここは別名「呼ばわり山」といって、昔は漁師の見張り台があったところだそうです。岬の突端には八大竜王大神が祭られています。
 
●公園のヤブツバキ。クリックで拡大します。

●公園の南の突端に行くと逗子、葉山の街並みが見えます。
 
●葉山マリーナの向こうに森戸海岸と葉山市街。

●海ではディンギーやウィンドサーフィンの練習をしていました。時折コーチの大きな声がここまで届いてきます。
 
●水彩画を描いているおじさんがいました。暖かな春風が気持ちよかったです。
▼小坪--大崎--葉山--一色海岸 その2へ
●ページのトップに戻る
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2