続きのこ狩り その1 2003.10.18
 10月18日(土) 今年のキノコ狩りは、不作のためなんとなく欲求不満が残っています。先週、ジコボウを20本も採ってはいるんですけどね。13日以降大雨が降ったので、これなら少しは出ているかなと、再びキノコ狩りに出かけることにしました。
            
 今回は、仕事の母、サッカーの試合の長男を置いて、次男とふたりのきのこ狩り。本当は、キノコ犬ならぬキノコ人間の長男を連れて行きたかったところなんですが、仕方がない。代わりにがんばってくれ。ということで、朝5時半起きで出発。思いの外混んでいる中央高速を西へ飛ばしました。


 キノコが不作というけれど、地方によっては松茸のような好気性のキノコは逆に出来がいいところもあるとか。しかし、ジコボウとムラサキシメジが同じ頃出たり、やはり変ですね。嫌気性のキノコは、やはり暑い夏と秋の長雨がないと不作になるようです。
            
 先週は雨から晴れでしたが、この日は逆に晴れから曇りで、所によっては雨になりそうです。今回は、まず行き慣れている三国山、生藤山を探してみることにしました。キノコ狩りで有名な山もありますが、キノコはどこにでも出ます。自分だけのフィールドを持った方が、毎年コンスタントに採れるでしょう。

●今回のコース
軍刀利神社--三国山--生藤山--三国山--山宮--軍刀利神社--山梨県の山。
今回は、一都二県にまたがり、ふたつの山に登ってしまいました。無かったらサッサと見切りを付けるのもキノコ狩りのコツ。



●18、19日は軍刀利神社のお祭りでした。八王子からお参りに来た方に、ご存じなかったので山宮のことを教えてあげました。
 
●軍刀利神社奥ノ院。先週とは違い、早朝から大桂の甘い香りが辺り一面を覆っています。クリックで拡大します。

●赤い橋を渡って奥ノ院へ。
 
●キノコが採れますようにか、たくさんゴールができますようにか。

●むせかえるような甘い芳香。クリックで拡大します。
 
●奥ノ院を左に巻いて登山道へ。三国山までは50分から1時間半。

●10月4日と同じホオノキです。林下にはサラシナショウマが。
 
●私のデジカメはレスポンスが遅く、シャッターチャンスに弱いのが最大の欠点。目の前を猿の群が横切った後です。

●夢中になってアザミに吸蜜するクマンバチ。結局ここではクリタケとムラサキシメジが少し採れただけ。諦めよう。
 
三国山の頂上から西方を見たところ。クリックで拡大パノラマ写真がご覧いただけます。そうだあの山に行こうと走って下山。くねくねと曲がった山道のドライブには、なぜかショパンの英雄ポロネーズがよく合います。

●アッという間に先週と同じ山に来ました。でも先行者がいっぱい。もう帰り支度の人も。手にはキノコが入った袋が…。

●たった一週間で、山はずいぶんと秋色に染まりました。空気も冷たい。気分爽快。クリックで拡大。

●風が冷たい。後ろから団体さんが来るので急ごう。
 
●所々、山は緑。所々、山は黄色。

●大雨が降った割に、枯葉の下の地面は濡れていない。
 
●見上げると森は秋色に染まっていました。クリックで拡大。

●ブナの枯れ木の虚(うろ)にサルノコシカケが。
 
●広々とした尾根は本当に気持ちがいい。こうやって見ると、なんだか小学生がひとりで山歩きしているようでおかしい。私もひとりでは行かなかったけれど、子供だけでよく里山に遊びに行ったものです。

和を感じさせる三国山。どこかヨーロッパの森を感じさせるこの森。モーツアルトやショパンの調べが聞こえてきそう。

●天然の椎茸発見。クリックで拡大します。
 
●尾根の北の斜面、枝尾根を探してみます。

●枝尾根は迷いやすく、どこから来たのか位置を見失いやすいので注意が必要です。

●自然のオブジェ。クリックで拡大。

●ブナの枯れ木とブナハリタケ。クリックで拡大。
 
●色づき始めたモミジ。クリックで拡大。

●ヤマトリカブト。日本には数十種類あるそうですが、すべて猛毒。春先の新芽をニリンソウなどと間違えて採ってしまいやすい。葉がそっくりで、一緒に生えているときもあります。
●(右)クリックで拡大。
 


●ホテイシメジ。森の中にたくさんあったのに誰も採っていません。放ってあるのもありました。甘い香りがあっていい出汁もでます。ただし食する前後にお酒を飲むと悪酔いするそうで、酒厳禁のキノコです。だから誰も採らないのでしょうか。私は悪酔いしませんが…。
 
●大きなブナの倒木に芽生えた実生。クリックで拡大。

●森の再生と輪廻。クリックで拡大。
このあとブナハリタケを採っている最中にアブにたかられました。無視してキノコを採っていたら、バチ!っという音とともに左手に激痛が。あわてて刺されたところを吸引。アブではなくてクロスズメバチ(ジバチ)だったようです。吸引したせいか、あまり腫れませんでしたが、痛みは10日ぐらい続きました。
 
●ブナの倒木が何本も。ブナハリタケが少し採れました。
▼続きのこ狩り その2
▲to page top
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2