軍刀利神社 2003.1.25
●軍刀利神社。見事な木組みと木彫りです。神社の石段の下には次のような由緒沿革が書かれています。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
「人皇七十代後冷泉帝御宇永承三年(1049)五月創立
当初三国山頭に座し、武州桧原郷、相州佐野川郷並棡原郷の総鎮守と称せられたが野火の災に罹り延徳年間現今の地に遷座す。
軍神として広く信仰を集め特に武門の崇敬は篤く、武田信玄は自画讃水仙図の軸を奉納。
岩殿城主小山田家は累代当社を崇敬し、七代の主信有は享録三年(1531)郡内に侵入した北條軍迎撃の出陣に当り戦捷祈願をし、
矢坪坂にて是を撃破せしむ。御神徳に感じ金百両を寄進す。
上野原郷豪族加藤氏、小菅遠江守信景累代の主年々神社維持費を幕末に至るまで奉献す。
甲斐国志には「軍荼利夜叉明王社棡原村井戸鎮守永正八年(1511)鰐口有銘略之寛永九壬申(1633)年棟札あり略云々」とある。
現在は厄除け招福、縁結びの神として、全国的に有名な神社である。
尚寛永九年(1633)社再建の折りの棟札に、神主石井勘五郎大工日原村佐五右エ門の名が見られる。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
祭日は、1月1日:歳元祭り 4月19日:例大祭 10月19日:秋祭り 11月23日:新嘗祭 12月31日:除夜祭
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003

Ads by TOK2