石楯尾神社-熊倉山-軍刀利神社 2003.1.25
 1月25日、ドピーカンの晴天。中央高速を藤野で降り、トンネルを抜け、陣馬山麓の和田に向かいました。途中上河原の交番の橋を渡ったところを左へ曲がり、山道を走り開けると、そこが上野原の下岩の集落。コンビニでティーバッグを買い、上の軍刀利神社を目指します。二日前に東京にも雪が降ったのですが、すぐに雨に変わり積雪は全くありませんでした。しかし、中央高速から見る山々は所々白く、八王子付近も日陰には雪が残っていたので、もしやと思っていたら、案の定道路は除雪されているけれど、一面真っ白です  軍刀利(ぐんだり)神社に向かったのですが、急坂がアイスバーンになっていてタイヤがスリップして登れません。急遽予定を変更して、石楯尾(いわたてお)神社まで戻りました。神社の下の空き地に車を止めさせてもらいます。すでに登山者らしき人の車が2台ありました。
 8時半、気温は−2度。やはり寒いのですが今日は風が無さそうです。久しぶりのトレッキングで膝が悲鳴をあげなければいいなと思いました。最近ヒンズースクワットもあまりやっていないし、私は信州生まれなのに寒いのが大嫌いなんです。

●8:45 石楯尾神社。手を清め口をすすぎ。さあ出発だ。地面に雪がないのは除雪してあるからです。周りは雪だらけ。気温-2度。

●静かな大洞の集落の一本道。ちょうど上野原からのバスが着いたので、前後に熟年の登山者が何人か。前方に三国山への尾根が。

●9:00 ここが三国山、生藤山への登山道入り口。広い林道と交差するところまで谷川沿いに登ります。除雪されているのもここまで、さあ行くぞ。アイゼンをつけているおじさんもいます。なんとかなるだろう。だめなら引き返すのみ。

●9:05 針葉樹林の中を歩きます。雪があるので秋に登った時より明るい。お兄さんが二人、次々とものすごい速さで抜き去っていきました。高尾山まで行くのかな。わが家はポレポレ。ゆっくり。

●9:15 林道と交差するところです。上に遮るものがないので、積雪も20センチぐらいあって、足がすっぽりと埋まります。ここから細い登山道が始まります。熱くなってきたのでフリースを脱ぎます。

●杉林の中をジグザグに登っていきます。30分弱で尾根に出ます。上の方に尾根の明かりが見えた。もうすぐだ。体が慣れるまで登りはじめはキツイ!体がなまっている。子どもたちはぜんぜん平気。

●もうすぐだ、からが結構あったりして。でも尾根が見えてきました。本当にもうすぐです。きついわ…。

●9:43 佐野川峠に到着。ここでお茶とお菓子を。三国山までは1.5キロと表示板に書いてあります。5分休憩。

●三国山への尾根道。先にご夫婦がひと組。次男がわが隊の先頭を行きます。後ろからおじさんが4人くらい。ここから三国山へはなだらかな尾根道でゆったりと歩けます。

●10:09 日本武尊が見つけたという甘草水に到着。富士山がきれいに見えます。ここで15分ほど休みました。子どもたちはおにぎりを食べ、エネルギーを補給。

●甘草水からの富士山の眺め。ゴミの多さで世界遺産になれなかったかわいそうな富士山。写真をクリックすると拡大写真が。

●三国山の頂上へあと少し。ゆっくり登ったので1時間近くかかりましたが、佐野川峠から普通は40分ぐらいです。小さな石の社が。

●10:47 三国山頂上です富士山のあまりの見事さにしばし見とれてしまいます。すでに何人かの先客がいて富士山の写真を撮っていました。7分休憩。写真をクリックすると富士山が大きくなります。

●左の写真から右にパンするとこんな景色です。権現山と扇山の間、中央に南アルプスが見えます。手前右下に長寿で有名な棡原(ゆずりはら)の集落があります。クリックで南アルプスが大きくなります。

●陣馬山山頂の茶店が見えます。今日は天気がいいので大にぎわい?清水茶屋のけんちん汁はわが家のお気に入りです。遠くうっすらと筋が二つ。手前が東京、横浜と右に三浦半島。向こうに房総半島。間の薄くなった所が東京湾です。肉眼ではもっとはっきり見えました。

●絵はがきのような風景を眺めながら、熱いお茶をすすります。三国山は高い山ではありませんが、この展望が人気の理由でしょうね。雪の深さはご覧の通り。40センチを超えるとカンジキやスノーシューが必要になります。凍結するとアイゼンも必須です。

●三国山山頂にいたほかの登山者は、みな生藤山の方へ行きました。私たちは浅間尾根の方へ向かいます。子供達が、だれも通ってない。僕たちが最初だねと嬉しそう。

●あれ誰か通ってる。なんの足跡だあ?鹿かな大きいから猪かな。できれば合いたくないなあ。先日長野で襲われて大怪我をしたニュースをやっていたばかり。猪鍋は大好きです。秋の雨の登山では目の前に雉がいました。アオバズクやニホンザル、希に熊もいます。

●雑木林の梢の間から熊倉山を見ます。コナラ、ミズナラ、サルスベリ、メグスリノキ、カエデ、ホウノキ、赤松、栗などがあります。

●軍刀利神社の元社のある頂へは急な坂を登らなければならない。これがきつい。子どもたちは平気。

●11:15 元社です。大きな鳥居の割にはつつましい社。新しいです。昔は何か別の建物があったのでしょうか。頂上は平らに整地されています。お参りをして熊倉山を目指します。

●逆行でポーズ、ではなくて、きつい急斜面で立ったまま休んでいるのです。この急斜面を下りきると、あとは熊倉の頂上への登りだけです。私の膝がギシギシと痛み出しました。クリックで拡大。

●登山道が雪で覆われていて、踏み跡がないので、道を探しながら急斜面を降ります。深いところは膝まで雪に埋まります。

●やっと熊倉山の頂上です。北側の斜面では、木々の影が雪に落ちてとてもきれいでした。南面はかなり雪が溶けて地面が見えています。

●11:44 熊倉山山頂966mです。後ろに奥多摩の山々がクッキリと見えます。さあ昼飯だあ!

●熊倉山から見る富士山。少しずつですが富士山と手前の山の位置関係がずれるのが分かります。

●熊倉山から見る三国山です。左に生藤山990.3mが。

●家族に内緒でカップ麺を持ってきました。美味いんだなこれが。

●山頂の山桜の冬芽が少し膨らんでいます。今年は春が早いかもしれませんね。春の山菜が待ち遠しいです。

●お腹がいっぱいになった子供達は、雪だるまを作り始めました。翌日曜日に登った人はビックリしたでしょうね。12:36出発。

●天気が良くて静かで、あまりに気持ちが良かったので、熊倉山山頂に50分もいました。帰りがきつい。同じ道を三国山に戻ります。

●北側の樹間に大岳山が見えました。御岳山と並ぶ人気の山ですね。三頭山、雲取山もよく見えました。

●13:21 三国山に戻りました。左の陣馬山に、陣馬山の一ノ尾根の向こうには石老山。その左向こうに仏果山。右奥に丹沢の大山が望めます。写真をクリックすると新宿、房総半島が!

●13:36 三国山を出発。あとは下るだけです。あまりにいい見晴らしなので帰るのがもったいない。後ろ髪を引かれつつ下山。下りは軍刀利神社に下ります。ソリを持ってくればよかったな。

●軍刀利神社への下山途中に元社の頂を振り返ります。今日の晴天で南側の斜面の雪はだいぶ消えたように見えます。樹上の雪が消えただけで、針葉樹林では地面の雪はまだだいぶあります。

●下りの針葉樹林をジグザグに下ります。これが以外と長い。足が雪に取られるので慎重に降ります。なまった膝がガクガクしている私です。子供たちはどんどん先に行ってしまいます。

●14:36 1時間で軍刀利神社奥の院に。大桂の木に見とれます。二本の木が抱き合わせになっていて縁結びの木と言われています。

●10月には信じられないほど甘い香りを辺り一面に振りまいていました。子供はグリコキャラメルの匂いと言うのですが…。

●奥の院から神社までは5分足らず。谷間を川沿いに下ります。
クリックで拡大写真を。

●大桂と奥の院を振り返って見たところ。神秘的な雰囲気です。
クリックで拡大写真を。

●軍刀利神社本殿の裏手です。何度見ても美しい建物だなあと思います。彫り物も一見の価値があります。クリックで拡大写真を。

●雪の下はアイスバーンになっています。子供達は滑りながらどんどん先に行きます。

●14:40 神社の入り口で、今回は雪で危ないので参道の石段は降りませんでした。ここから石楯尾神社までは30分ほどです。
神社にいた地元の方と話をしたら、元社から奥の院までの旧道を復活させる計画があるとか。それはぜひ実現してくださいと言いました。歴史ロマン溢れる楽しみな計画です。

今回は真冬なので、いつも載せているような植物や昆虫の写真が無いのが残念ですが、啓蟄を過ぎればみんな顔を出すでしょう。昆虫はミヤマフキバッタ、オトシブミ、ザトウムシ。植物はミミガタテンナンショウ、サラシナショウマ、トリカブト、アカハツ、クリタケなどが見られます。ホウノキのエキゾチックな実は10月に見られます。

●14:49 神社入り口の大鳥居です。井戸の集落を抜けて上野原カントリークラブの横を通り、石楯尾神社に戻ります。

●大鳥居から井戸の集落を歩いていくと正面に富士山が見えました。
クリックで拡大写真。

●15:00 井戸の集落から登ってきた山を振り返ります。左の丸い頂が熊倉山です。右の一つ置いた小さなピークが、軍刀利神社元社のある頂です。南面の雪はほとんど溶けました。
途中で出合った村のおじさんに「山に登ったの?雪がすごかったでしょう」とあきれられてしまいました。
●15:13 石楯尾神社に到着。全行程6時間30分のトレッキングでした。

●青い線は車。上野原駅北口から石楯尾神社、または、その上の終点井戸まで富士急の定期バスがあります。約25分。
●赤い線は今回のルートです。立体地図は、陣馬山の麓の和田にある県立陣馬自然公園センターのものです。担当の親切なおばさんが色々情報をくれます。この地域の動植物の写真の展示もあり、休憩室とトイレもあって便利です。JR中央線藤野駅から、神奈中の和田行きバスの終点です。約20分。バスの本数が極端に少ないので注意。

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003

●ページのトップに戻る
Ads by TOK2