横浜中華街 2003.1.13
●横浜中華街新春模様と
 「一楽」「愛龍號」「萬福臨」

 いつもは夫婦で買い出しと味探求だけで、なんとなく臨戦態勢で歩く横浜中華街ですが、今回は久しぶりに両親と息子達も一緒に、お正月気分で中華街を回る予定でした。
 ところが、3連休の上に、数日前にTV東京の人気番組 「出没!アド街ック天国」で横浜中華街が取り上げられてしまったために、それはそれはものすごい人、人、人…。
 いつもは地元の人だけが行く静かなお店にも大行列。賑わうのは嬉しいことですが、ちょっと人疲れした横浜中華街散策でした。
            
 
それでもよく見ると行列を作ってるのはテレビで取り上げられたお店がほとんど。こんな時、取り上げられなくても美味しい店を知ってるのはジモティならではの特権。
 少々の優越感をともに人をかき分け、わが家お気に入りの一軒「一楽」でほっと一息つきました。ここは化学調味料をいっさい使わない、化学調味料嫌いのわが家にはとてもありがたいお店です。





 きちん作られているスープが舌と体にやさしく、すんなり体に栄養が染み渡っていくようです。家族でおしゃべりを楽しみながら美味しい料理を堪能しました。
            
 中華街では食事の他に定番調味料の買い足しや、食材探しという大事なお仕事もあります。そんなとき心強いのはお世話になっている行きつけの食材屋さんです。
 わが家では「さっちゃんち」という名でおなじみの
「愛龍號」、父が仕事でお付き合いしてることから近しく思っている「萬福臨」は毎度買い物に行き、食材や調味料の情報もいただいています。ここのオリジナルの豚鶏スープの瓶詰めはわが家の必需品です。
            
 いつもは「中国貿易公司」「萬勝商事」などを回るのですが、新たに今回「耀盛號」に行きました。ここはインターネットで買い物をしたことはあるのですが、店舗に行くのは初めて。オリジナルの調味料や美味しいお饅頭、点心などが充実しています。リーズナブルなのも魅力のお店でした。車で行かれる方は「中華街パーキング」

●中華大通りの入り口に建つ善鄰門。右角の聘珍茶寮は新しくなりました。若い人で賑わっています。左角の横浜大飯店は、冬は甘栗、夏は杏仁ソフトクリームで賑わいます。
 
●「萬福臨(WAN FU LIN)」です。有名なホテルやレストランに、ツバメの巣、ナマコ、アワビ、フカヒレなどの高級中華食材を卸しているお店です。鮑ソースも置いています。

●「萬福臨」の前の南門シルクロードは割と静かですが、脱皮した蟹の揚げ物が美味しい「大上海」や、最近中華街フリークの間で話題の福建料理の「福龍」などがあります。
 
●「萬福臨」では、金華ハムが買えます。100グラム850円です。高価なモノですが、スープや白菜のクリーム煮のトッピングにすると、ひと味もふた味も違います。もちろんいいスープもとれます。

●中華街大通りの中程にそびえる黄色い塔が目印の「一楽」。

●2階の大きなテーブルに案内されました。さあ何を食べましょう。わが家一押しの豚の角煮蒸しパン添え(2000円)は決まりです。他にも美味しいものがたくさん。きさくなおばさんに訪ねるとおすすめ料理を教えてくれますよ。なにより化学調味料を使わないので、赤ちゃんや子供連れでも安心です。

●入り口にあるお料理のサンプルです。特製フカヒレ姿入りパイ包みスープがメニューから消えてしまったのは残念ですが、美味しい料理がたくさん。写真をクリックすると大きくなります。
 
●おすすめの豚の角煮が一番手前にあります。お蕎麦はネギソバが一押しですが、タンタンメンも美味しかったですよ。化学調味料に頼らないスープの味は、やさしく深く、食べた後に舌がしびれたり、やたらに水が飲みたくなったりしません。ラーメン通にもおすすめです。
写真をクリックすると大きくなります。

●「ネギソバ(800円)」です。スープも麺もとにかく美味しいです。次男の一押しはこれ。
 
●エビのマヨネーズ炒めカレー風味。マヨネーズにカレー風味を足すのが流行のようです。香ばしさとコクがあって箸がすすみます。

●「豚の角煮蒸しパン添え(2000円)」。とろとろの角煮を蒸しパンにはさんでいただきます。長男のの一押しがこれ。
写真をクリックすると大きくなります。

●あまりに美味しいので写真を撮る前に食べてしまった「ワタリガニの芙蓉仕立て(2000円)」。卵と蟹が絶妙のハーモニー。思わずむしゃぶりついてしまいます。

●豚に角煮をはさんだ蒸しパンにかぶりつきます。相変わらずよく食べました。
 
●気さくなおばさまが料理の説明をしてくれます。さあデザートの黒ゴマのアイスクリームが出てきました。もうお腹いっぱいです。

●黒ゴマのアイスクリーム(400円)。濃厚な黒ゴマのソースが後引きです。今度私も作ってみます。
 
●お腹も満足したので買い物です。関帝廟通りの「愛龍號」へ立ち寄りました。もう12年ぐらい通っている顔なじみのお店です。

●よかった。「愛龍號」のさっちゃん、元気に復帰していました。プロも近所のおばちゃんも買いに来る穴場のお店。中華食材ならここ。

●「愛龍號」の棚です。とにかく安いです。ホタテパウダーや鶏ガラスープもいつもここで買います。色々な情報もここで仕入れます。

●魯肉飯(ルーローハン)で有名な「秀味園」に長い行列が。こんなこと初めて。アド街のせいですね。秀味園のおばさんもビックリ!?
 
●同じく関帝廟通りの横浜バザール。山口美江さんのお店もここにあります。左の路地を入ると豚足ソバが美味い「徳記」です。

●善鄰門の近く、長安道にある「耀盛號2号店」。ネットショップでも有名ですが、オリジナルの調味料が魅力です。四川火鍋のスープの素200円なんていうのもあります。オリジナル肉まんも美味しい。この斜め前の「龍仙馬さんの店」も手頃な値段で美味しい。
 
●善鄰門を大通りを入ったすぐ左にある饅頭の「太湖」。丁寧に作られた肉まん、焼売が美味しい店です。おじいちゃん達のお土産に買いました。王貞治監督もご贔屓のお店です。左にモツ料理で有名な「楽園」があります。

●おなじみ中華街大通りです。ものすごい人です。でも前日の3連休中日は、もっとすごい人だったそうです。迷子になりそう。
 
●大通り入り口にある「横浜大飯店」で甘栗をお土産に買いました。つぶは小さいけれど味が濃くて美味しいんです。

●善鄰門の向かい、北門通り入り口にある「東成軒製麺所」と「新亜製麺所」。うち立ての生麺が買えます。新亜の方がかん水は少な目です。お好みでどうぞ。開港道には「永楽製麺所」があります。
 
●今回中華街で買い求めた品々です。写真をクリックすると大きくなり、各商品の説明があります。

■中華料理は少人数で行くと不利なんですよね。
今回の「一楽」さんも2人より2000円からコースメニューがあるのでそれを利用する手もあるし、平日は安いランチメニューもあるのですが、
夫婦ふたりで、週末の買いだし強行軍のときは、たいてい裏通りの家族でやっているような小さなお店で麺などの単品を食べます。
よく行くのは、有名になってしまいましたが、香港路脇の「梅欄」でバイランヤキソバ850円。でも水餃子とチャーシュー麺がおすすめ

同じ香港路のカウンターにテーブル一つの「上海飯店」で海老チャーハン800円。市場通り「鯉鰻菜館」の海老ソバもいい味。
客が多いと居間に通される「秀味園」でおなじみ魯肉飯500円。大通り「太湖」の隣の「楽園」でサンマー麺650円とモツ料理がおすすめ。
これから行ってみたいのは、話題の福建料理の店、西門通り「天仁茗茶」の裏の「天龍菜館」ですね。肉まんは美味しかった。
これらの情報は、2003年1月のものです。
オリジナル中華料理のレシピは、 [MORI MORI RECIPE・男の料理]をご覧ください。

「横浜中華街」のルポです。お役立ち情報が満載ですよ!買い求めた食材の説明もあります。
横浜中華街その7(香港家庭料理「大珍楼別館」「例湯・月下美人と豚肉のスープ」「避風塘炒蟹」・食材店「愛龍號」)
横浜中華街その6(福建、四川、上海料理「福満園新館」・食材店「愛龍號」「萬勝商事」「耀盛號2号店」チャイハネ)
横浜中華街その5(福建料理「福満園」・食材店「愛龍號」「萬福臨」「萬勝商事」「耀盛號2号店」・蓮の葉)
横浜中華街その4(食材店「愛龍號(通称さっちゃんち)」「中国貿易公司」「源豊行」「東成軒製麺所」・塩蛋)
横浜中華街その3(お薦めの店「一楽」「太湖」・食材店「愛龍號」「萬福臨」「耀盛號2号店」)
横浜中華街その2(お薦めの店「秀味園」「金陵酒家」「天龍菜館」・食材店「永楽製麺所」「公生和」
横浜中華街その1(お薦めの店・食材店「愛龍號」「萬勝商事」「中国貿易公司」)
中華食材一覧●その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7
★情報は時代と共に変化します。最新の情報をご確認の上訪れてください。
●ページのトップへ
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2