アカハツ・クリタケ・チャナメツムタケ・ナラタケ 2002.10
●上の一番大量に採れたキノコがアカハツ。転落しそうなほどの急斜面に生えていました。すっかり落ち葉に隠れているので素人には見つけられないでしょう。大きいものは直径12センチぐらいあります。ハーブのような香りとコクのある味わいが魅力のキノコです。似た毒キノコがあるので同定は慎重に。左にちょこっとあるのがクリタケ。クリタケの季節は終わったようです。ニガクリタケだったら死にます。その下がチャナメツムタケ。時間が経ったので、傘の表面の特徴的な模様が無くなってしまいました。ナメコの仲間でぬめりが美味しいキノコです。その右、一番下にある小さいキノコはナラタケです。たいへん美味しいキノコですが、生食すると中毒します。また煮ても大量に食べると中毒する人もいます。キノコ採りというと、なんでもかんでも採ってきて、食べられるキノコをより分けて、あとは捨てる人がいますが、キノコ採りは現場で同定をするのが基本です。持ち帰ると色変わりして正確な同定が難しくなります。それに無駄な採取は、毒キノコといえどもなるべく避けたいものです。
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2