雨の中、山の神から陣馬山 2002.9.16
 9月16日、久しぶりの神奈川の山は、子供達の希望で陣馬山に決定。5時半起床。しかし、朝から雲行きがあやしい。雨具の用意をして。6時半に出発。中央高速から見る前方の多摩の山々は雲と霧でかすんでいました。天気予報では平野部は午後から雨といっていましたが、山はもっと早く降り出すに違いないと推測。気温は18度。これは山はもっと涼しいねと車中で話しました。「雨の中を歩くのは嫌いじゃないけれど、これじゃ富士山は見えないね」と子供達。  相模湖インターで降りて、吉野から山沿いに和田へと向かうと道路が既に濡れていました。夜にひと雨降ったようです。山の稜線は雲に隠れて見えたり隠れたり。谷から次々に霧がわいて登っていきます。
 和田には7時15分ごろ到着。陣馬自然公園センターの下の駐車場に車を止め登山靴に履き替えます。まだ雨は降り出してきません。けれども、降り出すのは時間の問題だろうなと空を見て思いました。雨中の山歩きは、それなりの楽しさがあります。

●7:20 陣馬自然公園センター。気温はなんと13度。涼しい。朝食を食べていないので、まず信州のおばあちゃんが漬けた梅干しのおにぎりを食べました。さあ出発だ。

●山の神への道すがらに咲くムクゲ。一日花が次々と咲き続けます。

●7:47 登山口よりこれから登る林道と山の神を望みます。目指す山の神は霧と雲で霞んでいました。

●7:50/橋を渡って林道に入ります。草が露に濡れて道はぐちゃぐちゃでした。

●林道いっぱいに巣を張っていた女郎蜘蛛。小さな子供が同じ巣に一匹いました。子供の頃、二匹でけんかをさせたなあ。クリック!

●林道脇のよく手入れされたお茶畑。

●林道脇に咲いていたこれはツリフネソウ。暗い林道にひっそりと咲いていました。写真をクリックすると大きくなります。

●ベニチャワンタケ。もちろん食べられませんが、きれいなキノコです。 写真をクリックすると大きくなります。

●川沿いの林道を登っていきます。

●やはり林道脇の暗い杉林の斜面に咲いていたジャコウソウ。花ではなく、葉や枝をゆするとジャコウの匂いがします。
写真をクリックすると大きくなります。

●水場を過ぎて、杉林をジグザグに登っていくと一軒家に着きます。一軒家の裏を巻くように、今度は広葉樹林の林を登ります。

●8:40 一軒家を過ぎ、目の前が開けました。和田の集落がはるか下に見えます。向かいは陣馬山。左手に頂上がかすんで見えます。これからあそこまで歩きます。遠いねえ。右に長い一の尾根が続いています。ひっきりなしに霧が立ち上っています。

●なんていうキノコでしょう?

●次々にわいてくる霧や雲に、呆気にとられています。雲に包まれた陣馬山。あそこまで行くんだ。遠いなあと思っているのかな。それとも早く着いて暖かいけんちん汁を食べたいなあと思っているのかな。

●暗い杉林を急登します。15曲がりで山の神に着くぞ。
先頭を行く長男は前方で何か動いたと怖がっています。


●う〜む、なんだろうなあ、ヌメリガサ科かキシメジ科か。キノコの同定はむずかしい。同定できないものは食べないこと。

●そんな暗い登山道に咲いていた可憐な花です。名前はキバナアキギリ(シソ科)でした。写真をクリックすると大きくなります。

●山の神まで13曲がりの急登です。落石注意。倒木があったり、崩れていたり、段差も大きくきつい登りです。

●9:05 山の神に到着。風がぬけて涼しい。醍醐丸の方からタッタッタッと何かが走ってくる音。ナ、ナンダッ!  身構えると山岳ランナーのおじさんでした。

●山の神で2回目の朝食。おにぎりを食べていると雨が降ってきました。それも結構強く。

●すっかり雨になりました。でも木の枝が雨を遮ってくれるので、そんなに気になりません。眺望は全くなくなりました。

●醍醐丸への途中の10メートルほどの急な下り。雨で滑りやすくなっているので慎重に降ります。北側、すぐ下の森の方から野生猿の甲高い鳴き声が聞こえてきました。すぐ近くに群がいるようです。

●9:47 醍醐丸(867m)に到着。八王子市で一番高い山ですが、展望がきかないのであまり人気がありません。南面に巻き道もあるのですが暗くて狭くて崩れているところもあり、ピークを越えていった方が楽です。土砂降りになってきました。陣馬山まであと1時間だ。

●湿った登山道を歩いていると、前を先導していく脚の長い体が米粒ぐらいの虫がいます。クリックすると大きくなります。

●高岩山を過ぎると和田峠はもうすぐです。小さな祠がありました。登山の無事を祈ります。祠の中をのぞき込んだ次男が「神様がいないよ。からっぽだ」といいました

醍醐丸から200メートルほど下り林道に出ます。前方のカーブを曲がると和田峠。10:20に和田峠に着きました。ここから陣馬山頂までは1.2km。30分かけて登ると頂上です。

●10:45 陣馬山登頂。晴れていれば360度の展望ですが…。
写真をクリックすると大きくなります。

●10:50 わが家ごひいきの清水茶屋で早いお昼です。これが名物けんちん汁(¥450)。雨で冷え切った体に熱々のけんちん汁がしみ込みます。
さすがにこの天気、私たちのほかには中年のおばさんグループが二組いただけでした。
体脂肪のない次男は、体が冷え切って唇が真っ青になってしまったので茶店のストーブで暖めてもらいました。
写真をクリックすると大きくなります。

●我先にとけんちん汁を頬張る。いりこ出汁がきいていて、野菜たっぷりで美味しいんだ。おにぎりにもよく合う。

●もうひとつ山菜うどん(¥500)も。おまけに山栗と自家製の蜂蜜をくれました。甘くて美味しかったねえ。この山栗を食べちゃうとブランド栗もいまひとつに思えてきちゃうね。

●11:25 陣馬山頂を出発。いつもはもっとゆっくりするのですが展望もないし、ジッとしていると体が冷えるので、早めに出発。
写真をクリックすると大きくなります。

●一の尾根を700m下ったところで和田への分岐です。一の尾根を落合まで歩くと4.3km。さらにJR藤野駅まで同じぐらいあります。

●和田へ下る途中でみつけたタマゴタケ。猛毒のキノコが多いテングタケ科の中で、唯一抜群に美味しいキノコです。いい出汁が出ます。今回はふたつ下のキノコと一緒にコンソメスープにしました。

●テングタケ科の中でも猛毒のキノコ。ドクツルタケ。食べて10〜20時間でコレラに似た激しい腹痛と下痢に襲われます。病院で適切な処置をしないと1〜3日で死ぬという恐ろしいキノコです。欧米では「死の天使」と言われているとか。

●大きなキノコです。コテングタケだと思います。毒キノコです。ほかにもキホウキタケや同定できないイグチ科のキノコ、フーセンタケの幼菌、カワラタケなどがありました。いずれも食用不可。

●サルノコシカケ科カワラタケでしょうか。

●これが今回ちょっと同定にとまどったキノコです。炒めてタマゴタケと一緒にスープにしました。よく見るとムレオオフウセンタケですね、これは。ちがうかなあ。

●ぶっといミミズをくわえたヒキガエルが悠然と斜面を登っていきました。雨のせいでこのあとも何匹ものヒキガエルに遭遇しました。大きくして見たい人は写真をクリック!

●ヤマドリタケモドキでしょうか。欧州では最高級のキノコ。かなり虫に食われていますね。虫が食べているから毒じゃないとは言えません。同定できなかったのと、この虫食いなので持ち帰りは断念。

●やっとキヒガエルの森を抜けました。何匹と遇ったか分かりません。

●森が開けて眼下に和田が見えました。向こうは今朝登った山の神です。雨は小降りになってきました。

●登山口の石碑です。

●左の写真から右へ目を向けると、和田峠への谷が見えます。
写真をクリックすると大きくなります。
●1:00 陣馬登山口に着きました。 あと10分でセンターです。 ●和田の集落を下っていきます。

●7:30和田…9:05山の神…9:47醍醐丸…10:20和田峠…10:45陣馬山…11:25陣馬山…11:50一の尾根分岐…1:00登山口

●和田から右回りにぐるっと回った感じです。
全行程5時間半の手頃なコースです。山の神への登りがきつく、落石への注意が必要なぐらいで、特に危険なところはありません。
なにより陣馬山頂の茶店に暖かいけんちん汁と冷たいビールが待っているのが楽しみなコースです。
山の神の北側には野生の猿が生息しているので出会うかもしれません。また、初夏にはアオバズクの鳴き声が聞こえます。
もっと長いコースがいいときは、和田から鎌沢を通って生藤山に登り、茅丸、連行峰、山の神、醍醐丸、陣馬山のコースがいいでしょう。5〜7時間のコースです。


●キノコの同定は難しいです。まず、猛毒のキノコはしっかりと頭にたたき込みましょう。それと猛毒のキノコに似
たキノコは特に注意。
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO

 CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2