藤の花が満開。アオバズクの鳴く生藤山 2002.5.4
 5月4日(土) ゴールデンウィークまっただ中、今回は男3人の生藤山(990.3m)です。生藤山は東京都、神奈川県、山梨県の県境にあり、陣馬山と尾根続きの山です。高尾山や陣馬山のように茶店はありませんが、その分静かでゆったりと山の自然を楽しむことができます。
            
 なにせGW。中央高速の大渋滞には絶対巻き込まれたくない。そこで5時起きを敢行。5時20分には出発。おかげで6時には相模湖に着きました。6時30分にトレッキング開始。和田の集落を歩いていると、割烹着を着たおばさんが「ずいぶん早いですねえ」とビックリした表情。



 結局、生藤山の頂上直下まで他の登山者には遭わずじまい。折しも野生の藤の花も満開、山を独占して楽しめました。
            
 連行峰、生藤山、甘草水とまわって和田に戻ったのが午前11時15分。地元の方が山菜などの売店を開いていたので、大きな竹の子(なんと300円)、手作り饅頭などを買い求めました。そして首を長くして待っている横浜のおじいちゃんおばあちゃんちへと向かいました。津久井湖沿いの反対車線は、これから行楽地へでかける車で大渋滞。こちらの車線はスイスイ。やはり早起きは三文の得ですね。

■今回のコース
和田・陣馬相模湖自然センター--山の神--連行峰--生藤山--甘草水--佐野峠--登里--自然センター
■全行程:約4時間45分・休憩・撮影を含む



●6:30 和田の自然公園センターを出発。沢井川をまたいでたくさんの鯉のぼりが出迎えてくれました。天気は曇り。途中にある一軒家のおじさんがバイクで登ってきて「ずいぶん早いねえ」とまた言われました。
 
●7:40 山の神に到着。登り口から1時間で登ってしまいました登山地図には1時間30分とあるのでずいぶんと速かったねえ。中腹の一軒家からここまでは13曲がりの急な登りです。前半は杉林、大きな岩を左に見て広葉樹林に入ると山の神はすぐです。4月に大風の日がありましたが、その時にたくさんの樹が倒れたようです。急な登山道を何本もの倒木がふさいでいました。

●8:00 山の神から連行峰まではずっと登りの気持ちのいい尾根路です。ツツジはもうほとんど散っていました。陽もさしてきました。
   

●8:20 連行峰の東の肩の「見晴台(東連行山)」に着きました。正面に陣馬山の頂上が見えます。
双眼鏡で覗くとまだ人影がありませんでした。その向こうに東高尾山稜、さらにその向こうに相模原の平野が広がります。
4月27日に大樹と登った時に比べるとずいぶんと緑が濃くなりました。右下になだらかに続くのが一の尾根。藤野駅へと続きます。

●8:30 連行峰で軽く朝食です。今回は朝あわてて出てきたので、いつもの2倍の大きさのおにぎりを一人2個持ってきました。樹の間から大岳山が見えました。遠くアオバズクの鳴き声が聞こえました。
初夏から夏のトレッキングは涼しくてさわやかな早朝に登るに限ります。ほかに人もいないし、涼しいし。
 
●8:45 連行峰から生藤山への登山道で。キツツキがものすごく大きな音で樹をたたいていました。

●9:00 子供達が大好きな生藤山頂上への岩登り。
 
●三点確保で落石に注意しながら登ります

●9:05 生藤山頂上です。頂上直下でひとりの登山者とすれ違いました。早いですねえとビックリしていました。頂上には誰もいませんでした。陽が射して暑くなってきました。風が気持いい。

●なんという花かな。ウツギの仲間、カナウツギかな。

●生藤山頂上から南東を見たところ。左のピークは茅丸(1019m)。真ん中が連行峰(1015.5m)。茅丸は、木が邪魔して頂上の見晴らしが良くないので、今回は巻き道を使ってパス。右奥が陣馬山(857m)。
一昨年の5月に、5時間半かけてこの生藤山から陣馬山まで縦走しました。その内2時間は雨の中で、昼食も木の下で立って食べました。次男は保育園の年長でしたが、その登山が忘れられないようで、今でも雨の中をトレッキングしたいと言います。

●後は茅丸、連行峰の山並み。サッカークラブの試合で久しぶりのトレッキングとなった長男。脚が痛いと言っていたが体力的にはまったく問題なし。
 
●生藤山頂上で三度目の腹ごしらえ。次男はここのところトレッキングが続いていたので絶好調。スピードを抑えるのがたいへん。生藤山の頂上は狭いので、登山者が多いときは長居する気にならないが、今回はわが家だけなのでゆっくりと30分以上休憩。富士山は見えなかったけど、気持ちよかったねえ。

●山で食べると妙に美味い魚肉ソーセージ。
 
●これもウツギの仲間です。コゴメウツギ。

●10:30 下りの佐野川峠下から南の丹沢方面を望む。左中程ちょっと下の低い山の向こうに藤野の駅と街、相模湖が隠れています。左下の大きな畑は、陣馬登山口の上の大日野原。
 
●10:40 鎌沢の登里の登山道で長男がセンチコガネを発見。雪隠(セッチン)つまり便所がなまってセンチコガネとなったらしい。名前の通り獣糞などに集まる虫です。キノコも食べるらしい。

●11:05 鎌沢から和田に行く道で見つけた満開の藤の花。藤野は山に咲く藤の花が有名で、地名の由来でもあるんでしょうね。
  ●11:15 和田の自然公園センターに帰還。地元の方がテントで名産品を売っていたので、大きな竹の子、菜っぱ、お茶入り饅頭、手作りの味噌あんの入った饅頭を買いました。ずっと下のいつもの無人販売で生椎茸・タラの目(各300円)も買いました。横浜のひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんへのお土産です。どれも本当に美味しかった。
▲このページのトップへ
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2