FC東京、4-0で鹿島に快勝!! 2002.3.2
 3月2日(土) 東京スタジアムへFC東京 vs 鹿島アントラーズを見に行きました。母さんにいつもの自家製梅漬けの梅おかかのおにぎりを作ってもらい出発。Jリーグ開幕試合、しかもTシャツ一枚でもOKなほどの暖かさで出足はいつもより早い。家族連れや女性が多いのが東京スタジアムの特徴。調布飛行場を飛び立ったセスナがスタジアムの丸い空を横切っていきます。  ワールドカップもあと3カ月。サッカー人気もまた再燃しそうな今日この頃、王者アントラーズをホームに迎えてFC東京のプレイヤー&サポーターはいつになく燃えていた。カップ戦、代表合宿と疲労がピークのアントラーズ代表組。反対に代表が一人もいない(笑)FC東京の準備は完璧。なんと前半で3点をぶちこむという快挙。さすがに最後はアントラーズも意地を見せたが時既に遅し。

●まずは腹ごしらえだね。梅おかかはおいしいなあ。来週は山登りをするんだよね。

●花火の爆発とともに現れた「蝶野」。三鷹の出身なのだ。FC東京サポーターは歓迎の拍手。アントラーズサポーターからは大ブーイングだったが、元サッカー小僧の彼はこのあとPKを決めた。

●バナーが下がり、フラッグが揺れ、サポーター席にタオルの花が咲く。今シーズン初めての試合に気分はいやが上にも盛り上がる。
「FC東京 ドドンコドンドン!」

●11番ミスターFC東京、アマラオ。実に渋い働きをする。キャプテンマークは佐藤由起彦。体のキレは抜群で、いい仕事をした。

●FC東京カラーの花火が大爆発。スタジアムは異臭に包まれ、なんにも見えなくなった。毒でないのかい?

●3時キックオフ。アントラーズが主導権を握ってFC東京に攻め込んだのは最初の10分だけ。11分に佐藤のセンタリングから小林が決めると後はFC東京のペースになった。

●また入っちゃった。歓喜の渦に包まれる東京スタジアム。リーガ・エスパニョールを彷彿とさせる速いプレス。速い攻守の切り替え。ボールを奪うとあっという間に相手のゴール前に押し寄せる。アントラーズは防戦一方。

●4-0ですよ4-0。

●4点目を決められガックリと座り込むアントラーズディフェンス。FC東京の勢いはもうだれにも止められない。

●勝ったぜ! 記念写真を一枚。帰りは西調布まで歩いて電車に乗りました。込んでなくて電車にすぐ乗れるのです。わが家の裏技です。

深大寺のだるま市
 3月3日 暖かかった昨日とはうって変わって、肌寒い一日。午前のサッカークラブでハットトリックを決めてごきげんの次男と2アシスト1ゴールの長男を連れて深大寺のだるま市へ。野川沿いのサイクリングロードを北へ行くと深大寺に着くのです。  途中コースを替えて、以前よく子ども達を連れていった螢山へ。寒の戻りで寒い日でしたが、梅が満開でとてもきれいでした。深大寺は出店がたくさん出て大賑わい。とりあえず深大寺といえば蕎麦。わが家お気に入りの店にまずは直行。

●野川沿いのサイクリングロード。深大寺、国立東京天文台、野川公園へと続きます。調布飛行場や東京スタジアムへも行けます。

●途中で野川をはずれて螢山へ。中央高速の下をくぐったこの公園はわが家のお気に入り。フェンス沿いには小川があって、子ども達はよくここで水遊びをしたものです。カタクリの咲く山もあります。

●わが家ご贔屓の「玉乃屋」。以前は深大寺で一番まずい蕎麦屋でしたが、修行していた息子さんが後をついでからは、深大寺で一番美味い蕎麦屋になりました。ちなみに新婚時代、二人でサイクリングついでに深大寺の蕎麦を全部食べ歩きました。

●蕎麦が大好きな二人。特に次男は大の蕎麦通。一本残らずきれいに食べます。しかも盛り蕎麦いっぽん。そば湯も頼んで、ああおいしかった。

●お腹いっぱいの後はお店見学。小さい豆だるまからおおきいだるままでいっぱい売っています。

●盆栽ブームで、小さな鉢植えがたくさん売られていました。「そばだんご食べたいなあ」次男は花より団子です。

●ラムネ、おやき、蕎麦饅頭、そば粉のかりんとう、みんなおいしそうだね…。

●ヨーヨーつり、くじ、的当て、金魚すくい、お好み焼き、たこ焼き、七味唐辛子、佃煮、駄菓子、お面、杏あめ。

●本堂におまいり。茅葺きの山門。風情があります。

●参道を振り返るとこの人の波。

●お守りを売る出店。

●帰りは中央高速の上を通って。天気が良ければ向こうに富士山が見えるんだけどね。
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
▲このページのトップへ  
Ads by TOK2