横浜中華街 2001.9
■横浜中華街はわが家の買い出しのメッカなのですが、ここのところご無沙汰していました。お気に入りの店も何軒もあります。今回は、一族で食事に出かける予定でしたが、台風の接近で中止。かみさんと超特急の食材買い出しだけの中華街となりました。
■おすすめの中華料理店は次回におくり、今回は、おすすめの中華食材店をご紹介しましょう。
■なんといっても十年以上、百回以上の買い出し実績の一押しは「さっちゃんち」。わが家ではさっちゃんちと言っていますが、正式には「愛龍號」というお店。関帝廟通りをずっと山下公園の方へ行った右側にあります。
■こと中華食材に関しては、中華街広しと言えどここ「さっちゃんち」が一番安いのです。安さも魅力ですが、気さくなさっちゃんの人柄にひかれて通い続けているというのもあるのです。もちろん品質も折り紙付きです。
■新しく入った珍しい食材を教えてもらったり、調理法を伝授されたりと
。実に貴重な情報が手に入ります。ただ、おしゃべりが過ぎて、その辺りに用事に行ったままひっかかって帰ってこないということもあります。今回もそうでした。しばらく待っていると、「あ〜らひさしぶり」と言ってさっちゃんが帰ってきました。
■あまり大きな声では言えないのですが、中華街の有名なお店の人も食材を買いに来ます。

●中華街の人の信仰をを集める関帝廟。山口ミエさんのお店も、この斜め向かいにあります。豚足ソバで有名な徳記も、この向かいの路地の奥。インテリアと店員のサービスがもっと良ければ流行るのに…。鶏手羽先ののった伊府麺も美味しい。ジモティに人気の角の「萬福」は、なくなってしまいました。
 横浜中華街はどの店に行ったら良いんだろうと、よく聞かれますが、予算、人数、何料理を食べたいかによって決まります。大きな有名店でコース料理を食べるときは、まず問題ないのですが、家族や親戚でやっているような店はいくつかのポイントがあります。
 まず、そういう店は、得意料理やおすすめ料理というのが必ずあって、それを頼むべきだということです。逆に言えばメニューにあっても、頼まないほうがいい料理もあるということです。
 それから、これは残念なことなのですが、化学調味料を多用する店がまだかなりあって、マスコミに紹介された店でも例外ではないのですが、そういう店では、化学調味料を入れないでと言いましょう。和食やフレンチでプロが化学調味料を使ったら笑いものになります。そういう意味で中華とかアジアンエスニックは遅れていますね。
 中華の基本は元になるスープ、上湯や清湯、白湯がすべてと言っても過言ではないと思います。上等の金華ハムを使ってとられた上湯を使った料理は、食べるとすぐに分かります。

●さっちゃんちです。見てくれは地味です。昔からこうです。でも安いよ!プロも御用達。 隣は台湾家庭料理の秀味園。豚肉煮込み丼、汁ビーフン、腸詰めがおすすめ。(現在は改装されました)
 今と違って、この店に通い始めた頃は、普通の日本人が珍しい中華食材をたくさん買っていくことは、まれでした。近所の中国人のおばさんや、中華料理店の使いが買い出しに来る、そんな店だったのです。そんなことで、毎月のように来ては、珍しいものを色々買っていく私たちは、やはり珍しい存在だったのでしょう、すぐに顔を覚えられ、仲良くなりました。
 そんなさっちゃんに「うちのかみさんは外人だから」と言うと「え!そうなの、どうりで、日本人はこんなもの買っていかないもの、どこの人?タイ?」「うんまあ、そっちの方」なんて言ってからかったものでした。もちろんすぐにばれましたが。
 たくさん買うとおまけもしてくれますよ。
 隣は、台湾家庭料理の「秀味園」。魯肉飯が有名です。

●さっちゃんちの棚です。八角や、ザーサイなど中華食材の独特の香りが漂い、食欲がわいてきます。真ん中は塩魚の缶詰。チャーハンに入れると美味い。腐乳もありますよ。デパートなんかには無い食材がたくさんあります。しかも安い!

●さっちゃんです(左)。もう10年以上通っています。ここで薦められて買った豆板醤は最高においしい。牡蠣ソースや干しエビ、ホタテパウダー、鶏だし、おすすめの豆板醤に香りのよい台湾ラー油、アワビソースもあります。また行きますよ!

●中国貿易公司本店。烏骨鶏やヘビの肉、中国産の鴨、豚の耳、豚の舌、中国の魚、食材の宝庫です。善隣門の近く。N君に送った首付き中国鴨もここで買いました。うまいぞう。

●中国貿易公司の向かいにある萬勝商事。ナッツ類やドライフルーツ、香辛料が豊富です。おじさんがお菓子をくれます。風邪をひいたら冬虫夏草入りのチキンエキスがいいよう。ここの腸詰めは美味しい。

●中国貿易公司本店の向かいのチャイハネ。エスニックな小物やアクセサリー、洋服や楽器まである楽しいお店です。
 週末はとんでもなく混雑する中華街。お昼を食べるなら、コツは早めに店を決めて行くこと。大勢で予約の場合は特別料理も頼めますよ。お店の人と相談してください。
 行列がいつもできるので有名な海員閣は、予約をすると待たないで入れます。コース料理のみとなりますが、ボリュームがあって、5、6人ぐらいで行っても大食漢が2、3人いないと食べきれない量です。余ったらお持ち帰りに包んでもらいましょう。
 梅蘭の梅蘭焼きそば、一楽の皮付き豚肉の角煮とネギソバ、一楽は化学調味料を使っていません。楽園のモツ料理と角煮ソバ、牡丹園の生ウニの中華風茶碗蒸し、金陵酒家の焼き物、中華街の人はこれを乗せたお弁当を買っていきます。六福楼の美味しいランチ、おみやげに国賓菜館のジャンボシューマイ。鰻萬菜館のおそばとおこげ、牡蠣の湯葉巻き揚げ。大上海の脱皮した蟹の唐揚げ。おかゆなら安記だよ。まだまだある!
 右は今回買ってきた食材です。他に、朱雀門の近くの萬福臨オリジナルの瓶詰めの鶏豚スープの素は、ホタテパウダー・アワビソース・XO醤と並びプロも認める逸品。あればとても便利です。
 飲茶・点心は、本当に美味い店は、まだ無いと言われる横浜中華街ですが、最近は福建料理のディープなお店もできています。最近増えた食べ放題の店もわが家はパス。安くあげたいなら、小さな店でランチを全種類とり、みんなでシェアしながらワイワイムシャムシャ食べるのが得策。立ち食いの特大中華まんなんかでお腹をいっぱいにしてはもったいない。肉まんはおみやげに。わが家の推薦は、太胡の肉まん。これぞ王監督も推薦の中華街の味。
 生麺とスープなら、ちょっとはずれの永楽製麺所。いやなものが入っていないスープはあっさり味の美味しいスープ。わが家でラーメンを作るときのベースにしています。クイーンズ伊勢丹でも買えます。
 中華菓子なら市場通りの翠香園。得意の海鮮料理はもちろんチャーシューも美味しい。
 うーむたまらん!また行きたくなってきた。

●このメンマを食べたらもうスーパーで買ったできあいのなんか食べられません。腐乳をなめながら紹興酒をちびちびやるなんてのもいいですねえ。春雨は緑豆の本物。煮ても溶けません。ビーフンは新竹ビーフンが最高。真ん中奥のニョクマムは、炒め物や汁物に使うと味がぐんと良くなります。左奥の壺は、さっちゃんオススメの辛くない上海豆板醤です。
オリジナル中華料理のレシピは、 [MORI MORI RECIPE・男の料理]をご覧ください。
「横浜中華街」のルポです。お役立ち情報が満載ですよ!買い求めた食材の説明もあります。
横浜中華街その7(香港家庭料理「大珍楼別館」「例湯・月下美人と豚肉のスープ」「避風塘炒蟹」・食材店「愛龍號」)
横浜中華街その6(福建、四川、上海料理「福満園新館」・食材店「愛龍號」「萬勝商事」「耀盛號2号店」チャイハネ)
横浜中華街その5(福建料理「福満園」・食材店「愛龍號」「萬福臨」「萬勝商事」「耀盛號2号店」・蓮の葉)
横浜中華街その4(食材店「愛龍號(通称さっちゃんち)」「中国貿易公司」「源豊行」「東成軒製麺所」・塩蛋)
横浜中華街その3(お薦めの店「一楽」「太湖」・食材店「愛龍號」「萬福臨」「耀盛號2号店」)
横浜中華街その2(お薦めの店「秀味園」「金陵酒家」「天龍菜館」・食材店「永楽製麺所」「公生和」
横浜中華街その1(お薦めの店・食材店「愛龍號」「萬勝商事」「中国貿易公司」)
中華食材一覧●その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7
★情報は時代と共に変化します。最新の情報をご確認の上訪れてください。
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
ページのトップへ
Ads by TOK2