イオウイロハシリグモ 2012.8.18
●イオウイロハシリグモ(硫黄色走蜘蛛:Dolomedes sulfureus. )キシダグモ科。体長:オス15ミリ、メス20-30ミリ。

 イオウイロハシリグモは、網を張らずに徘徊して餌を捕獲する蜘蛛です。個体によって色彩変異が大きく、黄褐色から黒褐色まで、太い筋の入ったものもいます。雌は卵のうをくわえて歩き、子が生まれるようになると粘らない網を張って幼稚園ともいえる「まどい」を作ります。外敵の侵入があると蜘蛛の子は一斉に逃げます。いわゆる「蜘蛛の子を散らす」というあれです。ハシリグモというように、足が非常に速く捕まえるのは困難です。水場に棲む種と草地や雑木林に棲む種がいます。水場棲むものは、魚やおたまじゃくし、小さなアマガエルも食べ、草地の蜘蛛は昆虫を捕らえて食べます。また、雄が捕らえた獲物を雌に贈る「求愛給餌」をすることでも知られています。

MORI MORI KIDS ■CAPINO(C) in Nagano & Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2