今回は、台湾家庭料理をアレンジしました。美味しさを閉じこめて…。

台湾家庭料理の魯肉飯の具を、焼きそばに包んでみました。中華街の人気店のメニューをちょこっと取り入れてみました。分かりますか。

illust&recipe:H.Mari photo:H.Mori


●写真をクリックすると大きくなります。

●材料(4人分)
魯肉飯の具:100g(豚の角煮や豚肉でも可。その場合は、醤油や中華出汁などの量を増やしてください)
●魯肉飯の作り方はこちらです。
小松菜:1束、
ザーサイ菜のたまり漬け:50g(高菜漬けでも可)
もやし:1袋
卵:3個、
ニンニク:2片
ショウガ:2片
蒸し中華麺:4人分(焼きそば用麺でも可)
炒め油:大さじ3、
ごま油:少々
コショウ:適量
中華スープの素:適量
オイスターソース:大さじ1/2
片栗粉:適量

●作り方

1.
蒸し麺を5分間熱湯につけておきます。

●NOTE●
この作業はこの麺独自のものです。この作業が不要なものもあります。生麺の場合は、あらかじめ茹でるか蒸しておいてください。

2. その間に具を作ります。
炒め油にみじん切りのニンニクとショウガを入れ香りを付けます。
強火にして、3センチの長さに切った小松菜を炒め、次にもやしを入れて炒めます。

 
●NOTE●
ニンニクは焦がすと苦みが出るので焦がさないようにしてください。


●ザーサイ菜はそのままご飯のおかずにもなります。

2. 1センチぐらいに切ったザーサイ菜を入れ、炒めます。

●NOTE●
高菜漬けや野沢菜漬けでもOKです。


●香ばしい良い香りが充満します。

4. 魯肉飯の具を入れて炒めます。オイスターソースを入れて味見をします。塩加減はここで調えてください。コショウもここで入れます。
豚の角煮や豚コマの時は、中華出汁や醤油を足して味を調えてください。

●NOTE●
魯肉飯の具にはしょうゆ味がついているので、塩分は味をみながら調整してください。


●これをご飯にかけて食べても美味しいですよ。

5. 水溶き片栗粉を少しずつ入れてとろみをつけます。

●NOTE●
前もって水溶き片栗粉を作って起きましょう。


6. 5分たったら蒸し麺はザルに上げておきます。

●NOTE●
時間が経つとくっつきます。5分以内に炒め物を終わらせるようにしましょう。中華料理は、下準備と火力と手際が大切です。時間がかかるようでしたら、少量のごま油をまわして和えておきましょう。


●お玉の背でグイグイ押さえつけます。
7. 麺を油を敷いた中華鍋かフライパンに入れ、お玉で押さえつけるようにして、麺の表面に焼き色が付いてパリッとなるまで焼き炒めます。中央に具を流し込む窪みを作ります。

●NOTE●
時々端をめくって焼き加減を確かめるといいでしょう。


●手際よく一気に中央へ。

8. 中央に具を流し込みます。

●NOTE●
ジューッといい音がします。

9. まわりの麺で具を包むようにします。

●NOTE●
旨味を麺で包んでしまいましょう。ここも手際よく。

10. 溶き卵を麺の下に流し込みます。

●NOTE●
中央までまんべんなく卵を流し込んでください。

11. 強火で一気に焼き上げます。

●NOTE●
出来上がりまでもう少しです。卵を焦がさないように注意。
12. ごま油を仕上げにまわして香りをつけます。
両面パリパリがお好みの人は、ここでひっくり返して両面を焼いてください。

●NOTE●
中華鍋だとクルッと空中で反転させることができますね。

●写真をクリックすると大きくなります。
●できあがり. お皿にひっくり返してできあがりです。ちょっと焼きむらが出来てしまいました。鍋を絶えず回していると焼きむらができにくいんです。でも味は抜群です。

●NOTE●
4人分を一気に作ってしまいましたが、ふたり分ずつ作った方が簡単ですね。

●できあがり. 中はこんな具合です。熱々のあんかけの具がいい匂いで食欲をそそります。

●NOTE●
中を開けるとトロトロのあんかけの具が顔を出し、閉じこめられた良い香りが部屋中に広がります。さあいただきましょう。
横浜中華街のレポートや中華食材の情報は、MORI MORI KIDSをご覧ください。

・・・・・秋のお菓子・・・・・
ソフトおからクッキー


●枯葉を散らして秋色を演出してみました。
 クリックすると大きくなります。

■材料(約20枚分)
おから……………………………200g
砂糖 ………………………………60g
卵 ………………………………… 1個
栗餡 …………………………… 100g
きな粉 ……………………………40g
バター ……………………………60g
クリームチーズ …………………20g
ホットケーキミックス …………40g

■作り方

1. ボールに砂糖と室温に戻したバター、クリームチーズを入れて、クリーム状になるまでよく練る。
  卵を加えてさらによく練る。
2. 1におから、栗餡、きな粉を加えてよく混ぜる。
3.にホットケーキミックスを加えさっくり混ぜる。
4. 天板にオーブンシートを敷き、をスプーンですくって1杯ずつ置いていく。
5.をオーブンに入れ、200度で20分ほど焼く。きつね色になったら出来上がり。
カボチャプリン

●キャラメルシュガーは便利です。クリックすると大きくなります。
■材料(ココット2個分)
カボチャ……………………………1/4個
牛乳…………………………………100cc
クリームチーズ………………………50g
コンデンスミルク………………大さじ4
卵………………………………………1個
シナモン…………………………小さじ1
ラム酒……………………………小さじ1
キャラメルシュガー ……… 小さじ1/2


■作り方

1. カボチャを厚さ5ミリ、2センチ幅くらいに切る。
 鍋に牛乳とカボチャを入れて柔らかくなるまで10分ほど煮る。
2. 1と卵、コンデンスミルク、クリームチーズ、シナモン、ラム酒をフードプロセッサーにかけてペースト状にする。
3.をココットに分ける。
4.にキャラメルシュガーをふりかけ、湯を張った天板に置き、200度のオーブンで30分ほど焼く。
3. 膨らんできて、キャラメルシュガーに焼き目が付いたらオーブンから取り出す。
4. あら熱がとれたら冷蔵庫に入れ、よく冷やしてからいただく。
柿のムース

●柿がたくさん手には入ったらぜひ。クリックすると大きくなります。
■材料
柿ピューレ………………………120cc
板ゼラチン …………………………1枚
生クリーム ……………………… 30cc
砂糖…………………………………30g
シャンパン ……………………… 60cc
栗餡 ……………………………大さじ2
マスカルポーネチーズ ………大さじ2
砂糖…………………………小さじ1/4
ラム酒………………………小さじ1/2
クッキー ……………………………2枚
小枝チョコ …………………………2本
バニラアイスクリーム……………適量
キャラメルソース…………………適量


■作り方

1. ボールに水を張り、板ゼラチンを入れて戻す。
2. ボールに生クリームと砂糖を入れ、8分立てにホイップする。
3.に柿のピューレとシャンパンを加え、混ぜる。
4.のゼラチンを絞って別の器に移し、電子レンジに1分かけて溶かす。
5.をよく混ぜながらに加える。
6.をバットに流し、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。
7. 栗餡とマスカルポーネチーズとラム酒、砂糖をよく混ぜてマロンクリームを作る。
8. 皿にビスケットを置き、セルクルをかぶせ、冷蔵庫から取り出した柿のムースを9分目まで詰める。
9.の上に、のマロンクリームを敷く。
10.セルクルをそっと外し、バニラアイスクリームを添え、キャラメルソースをかける。
 小枝チョコを飾って出来上がり。
卵白クッキー
●カフェ講座用にタルト台とカスタードクリームを家で作ったため、卵白がいっぱいあまりました。それで出来たのが卵白のみを使うラングドシャ。
クリックすると大きくなり作り方が書いてあります。
ページのトップに戻る HOME
Ads by TOK2