今回はカフェグルメ、簡単でおいしいよ!

ポカポカの陽射しに、爽やかなそよ風。こんな日はベランダや公園で彼と過ごしたくなりますよねー。そんなときに、手作りブランチやランチを披露してごらんなさい!「おぉ〜こんなことも出来るのか!」と、好感度アップ間違いナシですっ! 
さあ、お目当ての彼をゲットしたければ、このレシピ、見ない手はないですよ。

Recipe,Illustration:Mari H  Photo:Mori H

●サーモンクリームのクロワッサンサンド(2人分)

★騙されたと思って作ってみなさいって、ホント美味しいから。で、「この味を私が作ったのー?! カフェみたいー」って自分にカンドーするから。カンドーしたもの私。
■クロワッサン2個 クリームチーズ100g スモークサーモン8枚 ケッパー10粒  たまねぎみじん切り大さじ2 胡椒、レモン汁、マヨネーズ、レタス適量 黒オリーブ2個
1 室温に戻して置いたクリームチーズをクリーム状にしておく。思いついてすぐ作りたいと きは、レンジのチカラを借りて、20秒程チンすれば柔らかくなります。
2 みじん切りのたまねぎは、水にさらして水をよく切る。手は切らないように。
3 1とスモークサーモンを合わせ、2のたまねぎ、マヨネーズ、レモン汁、ケッパー、胡椒 もよく混ぜ味をなじませる。スモークサーモンによってカナリ塩味が違うので、ここは慎重に味見しながら、味見しすぎて全部食べないように。
4 クロワッサンを上下半分のところに切り込みを入れ、レタスと3をはさみ、ようじに刺したオリーブをさして出来上がり。
【NOTE】クロワッサンに切り込みを入れるときには素直な気持ちで、そうすれば真っ直ぐに切れます。おへそが曲がってると切り口も曲がります。ここがガタガタだとシロート臭くなるのでご注意を。

●ブルスケッタ(2人分)

★これはイタリア料理の定番メニューです。ホントは露地物の完熟トマトで作りたい一品。完熟トマトの一番美味しい食べ方、ではないでしょうか? トマトの酸味、オリーブオイルの甘さ、そしてバジルとにんにくの香りが、暑い夏のブランチにぴったりです。
■バケット4切れ トマト1個 たまねぎみじん切り大さじ2 にんにくみじん切り大さじ1  バジル5枚 胡椒、レモン汁、塩、オリーブオイル適量
1 トマトを1B角に切り、塩、胡椒、オリーブオイル、みじん切りのたまねぎ、みじん切りのバジルを合わせる。味がなじむまで10分程冷蔵庫で冷やす。
2 1を斜めにスライスしておいた、バケットの上に盛りだくさんに載せて、できあがり。
【NOTE】コレでおしまい?と思う早さで出来るのがこのレシピの良いところ。目の前でササっと作っちゃたりすると、『出来るヤツ』と思わせられます。キンキンに冷やした白ワインと一緒に彼を酔わせちゃいましょ。

●アンチョビーのスクランブルエッグ(2人分)

★アンチョビー好きにはたまらない一品。我が家の朝の定番メニュー。アンチョビーとオリーブオイルと卵って合うんだナーとつくづく思います。朝から食べ過ぎちゃっていけない、サンドイッチです。
■バケット4切れ 卵2個 牛乳大さじ1 にんにくみじん切り大さじ1 ルッコラ32枚 アンチョビー4切れ アンチョビーペースト、ハーブ塩、胡椒、オリーブオイル適量
1 ボールに卵をほぐし、牛乳大さじ1、アンチョビーペースト、ハーブ塩、胡椒をよく混ぜる。アンチョビーペストが、結構しょっぱいので味見をしながら、他の調味料を入れていってください。しょっぱすぎたら卵をもう1個割ればいいんですけど、そうこうしてるうちにすごい量 に、なっちゃったりします。
2 やや多めのオリ−ブオイルを熱したフライパンに回し、にんにくのみじん切りを入れる。香りが出てきたら1を一気に流し入れ、菜箸でぐるぐるかきまぜながら炒める。にんにくを焦がさないように、手早くするのがポイント。
3 用意していたバケットに、ルッコラを4枚ずつと2を載せて、その上にアンチョビーフィレを載せて出来上がり。
【NOTE】卵は、塩加減が結構微妙です。卵に火が入りすぎても台無しになるので注意を。初めて本命の彼を呼んで、良いトコを見せたいと思うなら、どーでもいい大食い男友達相手に練習しといた方がイイかも?

●カプレーゼ(2人分)

★これもイタリアンレストランではよく見るメニューですよね。トマトの酸味、モッツァレラチーズのサッパリ感に、オリーブオイルの甘さがよく合います。あんまり簡単に美味しく出来ちゃうので、レストランで頼むのがもったいなくなっちゃうかも?(セコイかなー…)
■トマト2個 モッツァレラチーズ1個 バジル6枚 ハーブ塩、胡椒、オリーブオイル適量  もちごまパン4本    1 トマトとモッツァレラチーズを同じぐらいの厚さにスライスする。
2 トマト、モッツァレラチーズ、バジルの順番に重ねて皿に並べる。直線に並べるか、ちょっと曲線を描くか、この並べ方で性格が見え隠れします。
3 2にハーブ塩をふって、オリーブオイルを適量 かける。もちごまパンをかっこよく、皿に載せて出来上がり。
【NOTE】 モッツァレラチーズはぐにょぐにょしてて切りづらいので、手を切らないように注意して。真っ白なモッツァレラチーズに血が付いてたりしたら、しゃれになりませんからね。でも、「手え切っちゃったー」「ばかだなー」とか言って、それも良いハプニングになるってのもアリ?(ンなコト思うあたしがバカだなー)

産地直送 MARINE GOURMET 便(^@^)/~
 旬の食材と、美味しいいただき方をご紹介するコーナーです。第3弾は、鳥羽の魚や魚寅さん。鳥羽魚市場での新鮮車サザエをご紹介します。サザエは何って活きてるのを取り出すのが大変ですよね。「一度失敗した後はね、しばらくほって置いて油断させるの。サザエとの駆け引きね」とは、母の言葉です。
湘南にも美味しい魚屋さんはあるんですよ。わが家がよく行く小坪のおいしい魚屋さんです。

●サザエのオリーブオイル煮

新鮮なサザエを、アンティパストにしたものをご紹介します。白ワインが進みます。
1.『母の言葉』を念頭に置いて上手にサザエを取り出す。
2.熱したフライパンにオリーブオイルを多めに回しみじん切りのニンニクをたっぷり入れる。
3.ニンニクの香りが出てきたところでスライスしたサザエを入れて炒める。
4.3に白ワインを加えてフランベする。
5.4に塩、コショウ、バジルソースで味をととのえ、出来上がり。
*たまにはサザエを、壺焼きやお刺身でなく、こんな風にしてみませんか? ここに茹であげたパスタを加えれば、美味しいパスタ料理になります。

●あなごの干物って?

鳥羽の魚寅さんから、あなごの写真が届き「これから干物にします。」とメールがありました。あなごを干物にするなんて聞いたことがなかったので、「それは、もったいないんじゃないんですか?」と聞いたところ、「穴子の味醂干し美味いんですよ!
食事のお客様に、上がったときにおだしすると、穴子の蒲焼とならんでリクエストの多い商品です。」と、お返事を頂きました。鳥羽に行かないと味わえない味のようですね。

ページのトップに戻る  HOME
Ads by TOK2